ジムビーム工場ツアー

工場ツアーが大好き。

 

モノ創りには憧れるものがある、更にそれが高品質極まりないものならば、たとえば、ジムビームのバーボン。

 

 

ジムビーム工場ツアー3.jpg

 

 

事前予約が必須だな、ジムビーム工場ツアーは。公式ウェブサイトから日時指定して、クレジットカードで先払い。

 

特に週末は人気だから、当日にジムビーム・アメリカン・スティルハウスでチケットを取ろうとしてもあなたの運が試される。

 

 

ジムビーム工場ツアー1.jpg

 

 

受付でチェックインし、時間になったら銅像前にツアーバスが来る、1時間少々のお楽しみの始まりだ。

 

まずは製造工程を時系列に見学、英語の早口説明はさっぱり聞き取れないけど、雰囲気で伝わってくる。

 

 

ジムビーム工場ツアー2.jpg

 

 

ビール工場ほど大規模ではなく、どこか手作り感が残っていて、それでいて立派にシステム化されたジムビーム工場。

 

 

ジムビーム工場ツアー4.jpg

 

 

瓶詰めの工程が素敵ね、色のない瓶にこの色がつくと、豊かなものが出来上がった気配がした。

 

もちろん手作業ではなく、自動的にバーボンは瓶に入れられ、箱詰め&出荷される。

 

 

ジムビーム工場ツアー5.jpg

 

 

その昔、ずっと昔に実際に使われていた古瓶が残っていた、もう化石のような、博物館のような。

 

 

ジムビーム工場ツアー7.jpg

 

 

樽にバーボンが流し込まれると、こんな色が生まれた。

 

目で見て鮮やかな、鼻で嗅いで艶やかな。

 

 

ジムビーム工場ツアー6.jpg

 

 

貯蔵庫では時間が止まっている、ジムビーム工場見学でもっとも嗅覚を試される場所だったかな。

 

 

ジムビーム工場ツアー8.jpg

 

 

一通りジムビーム工場ツアーを終えると、試飲の場所へ。

 

運転できなくなるから飲まずにいたけど、雰囲気だけでもう酔っていたよ、美学に彩られたジムビームのバーボンに。

 

ジムビーム・アメリカン・スティルハウス

美しいと自分が感じたものを、家族にも紹介せねば。

 

ケンタッキー州にある本物を、確かな高品質を。

 

 

ジムビーム・スティルハウス2.jpg

 

 

春うららか以上、真夏未満の日曜日、バーボントレイルにあるジムビーム・アメリカン・スティルハウスへ連れ出す。

 

 

ジムビーム・スティルハウス5.jpg

 

 

娘は何も分からずに踊り出す、あれこれ見て楽しみ出す。

 

僕はカメラでその愉快な被写体を撮りまくる、娘のポートレートを撮るのもそういえば久しぶり。

 

 

ジムビーム・スティルハウス4.jpg

 

 

一人で何回か来たジムビーム・アメリカン・スティルハウス、今日ほど楽しい時はなかった。

 

 

ジムビーム・スティルハウス6.jpg

 

 

最高の舞台ね、ジムビーム工場ツアーの開始時間までの間、建物を歩いて写真を撮り続ける。

 

 

ジムビーム・スティルハウス3.jpg

 

 

そうだ、バーボンは文化なのだから、そもそも写真の撮影場所として適している。

 

「本物だから楽しかった」と奥さんも言ってくれたし、ジムビーム・アメリカン・スティルハウスにありがとう。

 

 

ジムビーム・スティルハウス1.jpg

 

 

ケンタッキー州の美しいものを探す旅なら、ジムビーム・アメリカン・スティルハウスに間違いはない。

 

ジェーコブソンパーク

落陽の角度が大事なんだ、長い水面の向こうに落ちてくれる場所が、僕の欲しい撮影場所。

 

レキシントンのジェーコブソンパークはその条件にピタリと合った。

 

 

ジェーコブソンパーク1.jpg

 

 

奇跡は重なる、何かの突起物の上で静かに立つ鳥さん、30秒の長秒露光の間どころか、ずっと動かない。

 

フラットにした湖面、ほぼブレずに残してくれた立ち姿、ピントは甘かったが、滅多にない瞬間を。

 

 

ジェーコブソンパーク3.jpg

 

 

トワイライトアワー真っ盛りに、パトカーから閉園を促され、しぶしぶ去る。

 

惜しい、あと10分が届かなかった、カメラマンにとってはその10分がかき入れ時なのに。

 

 

ジェーコブソンパーク2.jpg

 

 

アメリカの夜景専門写真家を名乗っているインスタグラム、投稿数は100に、いいねは200越え。

 

ジェーコブソンパークがこれからの撮影場所のひとつに加わってくれた、喜ばしいことだ。

 

茶番狂言2018

非難中傷しているのではなく、あまりに記憶に残ったので書いておこう。

 

今日この日に行われた歴史的な握手、南北首脳が線上で交わり、手を取って境を越える。

 

初の共同宣言といい、本来は平和実現の予感を歓喜したくなるはずなのに、そんなはずなのに。

 

茶番狂言2018 (疹蹈リンピック 板門店ハグ

 

本当に、心の奥に残るつまらなさだ、中身のない外見、何をしているのだろう。

 

 

茶番狂言2018.jpg

 

 

平昌オリンピックでは、小平選手と女子パシュートの金メダルシーンを見て、ちと涙した。

 

ひとつのことに打ち込むこと、それも昨日今日どころではない長年の蓄積。

 

なんと素晴らしかったのでしょう。それにひきかえ。

 

 

ネガティブな詩的日記も珍しい。

 

次のトランプさんとの会談が、茶番狂言2018のにならないことを願うのみだ。

 

初めての自転車 6歳

単身赴任をしていて時機を逃したこと、娘の自転車練習。

 

6歳と遅くなったが、初めての自転車(補助輪付き)で公園デビュー。

 

アメリカのトイザらスが閉店するというバッドニュース、閉店セールで買った自転車。

 

組み立ててあげると随分喜んでいた、お外で走ることを楽しみにしていた娘。

 

 

初めての自転車6歳2.jpg

 

 

キティちゃんのヘルメットは家に忘れてきた、上手に運転する娘、家に帰ったら太ももが痛いと言う。

 

芝生のところで補助輪外しの練習をするのを待ちわびているパパ、それはきっと間もなく。

 

 

初めての自転車6歳1.jpg

 

 

今週末は、奥さんの運転実技試験練習、ケーキ屋、チェスト組立、Little Caesars Pizza、Party City、smash burgerなど。

 

娘によるバーガー店のスコア:シェイクシャック120点、スマッシュバーガー80点、ファイブガイズ40点、マック20点。

 

しばらく姿を見せてくれなかったウサちゃん(子供の方)が、庭のタンポポ畑にいてくれた。

 

楽しく過ごしております、やっぱり海外単身赴任にはムリがあったな、家族がいてこその海外赴任。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box