国立公民権運動博物館 ロレインモーテル 写真

痛みから目を逸らすのも一策だが、真正面から向かうのも一手。

 

アメリカの公民権運動の歴史は南部を旅していると逃れられない道、だったらいっそ足を踏み入れてみる。

 

メンフィスにあるロレインモーテルは、キング牧師が暗殺された場所、今は国立公民権運動博物館という名に。

 

 

国立公民権運動博物館写真2.jpg

 

 

個人的に最も強烈だったのがフリーダムライド、言葉少なくても核心的に当時の社会の闇に踏み込んだ人たち。無謀で、勇敢。

 

 

国立公民権運動博物館写真3.jpg

 

 

DECENT PAY, HOUSEなんて、もう見るだけで心が痛い。

 

館内には色々な人種の人たちが見学している、アジア人の僕は最もStrangerな気がするが、この場にいることが大事。

 

 

国立公民権運動博物館写真4.jpg

 

 

フリーダムライダーは南部でKKKの暴力によって激しく傷ついている、そんなこと、あるのかよ。

 

 

国立公民権運動博物館写真5.jpg

 

 

キング牧師が暗殺されたロレインモーテルのテラスがそのまま残り、国立公民権運動博物館となっている。

 

 

国立公民権運動博物館写真6.jpg

 

 

アトランタバーミングハムに続き、アメリカの公民権運動を学んだ、人間の性根の醜さは世界共通ね。

 

 

国立公民権運動博物館写真1.jpg

 

 

ローザパークスのバスボイコットも、突き動かしただろう心底の根深さを想像すると無力感に包まれる。

 

 

国立公民権運動博物館写真7.jpg

 

 

またひとつ、イヤなものを見てしまった、でもそれはスルーしないほうが良い歴史だったのだろう。

 

話題を転換、この国立公民権運動博物館・ロレインモーテルすぐのCentral BBQで食べたBBQが美味しかった!

 

メンフィス ダウンタウン 写真

本来は日中には日中の美を、夜間には夜間の美を愛でる。

 

ところがメンフィスは、夜のビールストリートの混沌が有名になり過ぎて、

 

昼間の街の魅力が遠ざかる、不条理なことだ、なんとも不条理なことだ!

 

 

メンフィス写真ダウンタウン1.jpg

 

 

ダウンタウンを運転中、こんな華やかなシーンに心奪われて、ついブレーキを踏んだ。

 

 

メンフィス写真ダウンタウン3.jpg

 

 

朝のビールストリートには人影が稀で、何の面白みもなくて、ただの道路かと誤認しちゃう。

 

 

メンフィス写真ダウンタウン4.jpg

 

 

治安を心配したが、観光客が全然歩いていないし、普通の地元民もいない。

 

なんというか、論外だ、普通の街の深夜3時の空虚さが、このメンフィスの朝9時。

 

 

メンフィス写真ダウンタウン2.jpg

 

 

ギターといえばギブソン、この通り日中には華開かないメンフィス・ダウンタウンだけれど。

 

 

メンフィス写真ダウンタウン6.jpg

 

 

日光が強過ぎる、灯りが闇の部分を照らし出し過ぎて、まるで面白くないメンフィス・ビール通りに。

 

 

メンフィス写真ダウンタウン5.jpg

 

 

ミシシッピ川沿いのトム・リー・パークに逃げ込むと、川と空、普通の街の美が戻った。

 

昼間は普段着でいたいね、メンフィス・ダウンタウンの写真。

 

ビールストリート メンフィス

酔客通りの写真を撮る楽しみを覚えてしまった。

 

ニューオリンズが、ナッシュビルが楽しすぎたんだ、そして僕はメンフィスでも夜景写真撮影に走る。

 

 

バーボン通りメンフィス写真1.jpg

 

 

ビール通りのスペルがBeerではなくBealeだったことに驚きつつも、この有名な酔っ払い通りを歩いてみる。

 

 

バーボン通りメンフィス写真4.jpg

 

 

短い通りではあるが、警察官がウロウロしているし、治安面の心配はない。だからこそ酔客が多く行き交う。

 

 

バーボン通りメンフィス写真5.jpg

 

 

手持ち撮影ではない、本格勝負だから三脚を持ってのカメラマンは僕ぐらい、かなりユニーク。

 

 

バーボン通りメンフィス写真7.jpg

 

 

スローシャッター2秒前後で人の姿をブラしてみる、街灯を太陽みたいな形に、彩度は薄目がいい。

 

 

バーボン通りメンフィス写真2.jpg

 

 

三脚を立ててシリアスに撮っていると、酔っ払いどもに絡まれる絡まれる。

 

「私の写真を撮って!」と目の前に躍り出てくる、男女問わず。面白いものだ。

 

 

バーボン通りメンフィス写真6.jpg

 

 

バーボン通りのような建物の美しさはないが、看板の色使い・賑やかさは素敵じゃないか。

 

 

バーボン通りメンフィス写真8.jpg

 

 

街中なのに春の花満開のFRIDAYS、思わず車を停めてカメラを向けていた。

 

 

バーボン通りメンフィス写真3.jpg

 

 

こんなに面白い被写体もないよね、メンフィス・ビール通り。

 

ロックかブルースのために訪れるかと思ったメンフィス、まさか夜景写真が主目的になるとは。

 

これも僕の人生では忘れがたく、似たような経験をすることがきっとないだろう時間よ。

 

ダウンタウン レキシントン

競走馬と工業、それから大学で今のレキシントンは稼いでいる。

 

ところがダウンタウンにはその色はまるで見えず、アメリカのどこにでもある中規模都市、個性がよく分からない。

 

 

ダウンタウン_レキシントン1.jpg

 

 

レキシントンの個性は、ダウンタウンには当てはまらないんだ!

 

だったら何も考えることなく、City Lightsの長秒露光撮影を楽しもうよ。

 

 

ダウンタウン_レキシントン5.jpg

 

 

古いビルディングを飾っている光が優しい、先過ぎず、古過ぎず、中庸を知るのか、レキシントンは。

 

 

ダウンタウン_レキシントン2.jpg

 

 

「アメリカの街はどこも同じ造りさ、よっぽど特別な性格を持っているのは稀」

 

それはその通りだよ、レキシントンのダウンタウンという機能だけを利用した僕の夜景写真。

 

 

ダウンタウン_レキシントン3.jpg

 

 

素材はシンプルでも、テーマを持って、「何を、どう撮る」ってこだわっていきたいね。

 

 

ダウンタウン_レキシントン4.jpg

 

 

レキシントン・ダウンタウンに光あれ、とりわけ、ヘッドライトビームでビルディングの灯りに個性を加えてよ。

 

チャールストン夜景写真

幅広のカナワ川があること自体が、個性なんだよ。

 

橋がかかり、日没時のキラキラ、街灯りが浮かび上がる、チャールストンの夜景写真ってそういうこと。

 

 

チャールストン夜景写真3.jpg

 

 

夜9時半まで明るいアメリカの夏では叶いにくい夜のカメラ遊び、冬のこの時期は6時15分がTwilightかな。

 

 

チャールストン夜景写真4.jpg

 

 

チャールストンとサウスチャールストンの間にかかるパトリックストリート橋、水面をつるっつるにして撮った。

 

 

チャールストン夜景写真2.jpg

 

 

B級被写体だろうが、テクニックを駆使して面白く撮ろうとする。だが、そろそろ自分の引き出しも定番化してきた。

 

 

チャールストン夜景写真5.jpg

 

 

Dow Chemical Co.という化学工場、水溜まりと線路の反射に個性を見た。

 

 

チャールストン夜景写真1.jpg

 

 

「今日は焼けたなぁ」、カメラ用語でサンセットの赤色が濃いこと、そうつぶやいたチャールストン夜景写真だった。

 

3本の追加ツアーの合間、NIKON D850を携えての冒険写真旅。

 





© 2006 - Ken Box