ワールド・オブ・コカコーラ 写真

どうしても、いつか必ず来たいと直感していた場所。

 

アトランタのワールド・オブ・コカコーラ、「コカコーラの世界」または「コカコーラ博物館」。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ3.jpg

 

 

ショー仕掛けだね、360℃のスクリーンがシュワシュワーとなった。

 

僕たちはコカコーラに呑み込まれたようだ。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ1.jpg

 

 

チケットは事前にサイトから購入した、土日は混むようだが、平日の朝に訪れたみたから大丈夫。

 

セキュリティーチェックを抜けたら受付、ウェルカムドリンクとしてコカコーラのミニボトル各種の無料配布あり。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ2.jpg

 

 

歴史や世界での活動の話を聞いて、その先は自由に見て回るパターン。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ5.jpg

 

 

実物のポーラーベアは可愛くない、とりあえず家族写真を撮ってもらったが、可愛さはゼロねー。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ4.jpg

 

 

コカコーラのレシピは秘中の秘、この厳重な金庫の中に隠されている、という物語。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ6.jpg

 

 

3時間は楽しめるなぁ、言葉も国境も越える商品力が素晴らしい、ここはアメリカを代表する文化場所だろうよ。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ8.jpg

 

 

コカコーラ社が世界中で出しているサイダーの試飲ができる、歩き疲れた最後にそれはあなたを待っている。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ9.jpg

 

 

砂糖が多いからコーラは普段避けているが、その爽快感は僕にも伝わっているよ、敬愛しているよ、コカコーラ。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ7.jpg

 

 

頭上をコカコーラの瓶が流れて行く、アトランタから全米へ、いいえ、その先の各国へ。

 

 

ワールド・オブ・コカコーラ10.jpg

 

 

アトランタのイメージを突き抜けて明るくさせてくれるツートップ。

 

ワールド・オブ・コカコーラとすぐ隣のジョージア水族館CNNもすぐ近くだけど。

 

 

 

 

ワールド・オブ・コカコーラのショップが凄く楽しかった!

 

コカコーラの味が入った商品だらけ、レジ待ちの列が凄すぎて買うのを控えた。

 

素晴らしい体験となったよ、ワールド・オブ・コカコーラ、あなたには本物の品質がある。

 



風と共に去りぬ博物館

アトランタ郊外、マリエッタという町に「風と共に去りぬ博物館」はある。

 

 

風と共に去りぬ博物館5.jpg

 

 

注意だが、2018年4月から移転しているよ、マリエッタの市街ではなくHilton Mariettaの隣、

 

住所は 472 Powder Springs St SW, Marietta, GA 30064 だ。

 

 

風と共に去りぬ博物館8.jpg

 

 

原作には関係のない建物だろうが、南部らしい雰囲気があって、もうここが舞台かと思った!

 

 

風と共に去りぬ博物館3.jpg

 

 

恐る恐る建物の中に入ると受付があって、入場料7ドルを払って、1階の各部屋を見せてもらう。

 

 

風と共に去りぬ博物館1.jpg

 

 

書籍や往時の家具など、色々保存されています、さすがに昔のお話過ぎて馴染み薄いが、好きな人にはたまらないはず。

 

 

風と共に去りぬ博物館6.jpg

 

 

現代っ子のウチの娘が、スカーレットのドレス風にモデルを。

 

あなたは風のように去らない欲しい。

 

 

風と共に去りぬ博物館2.jpg

 

 

南部の貴族的社会、その1点だけ見ればキレイな文化でも、犠牲の上に成り立っていたもの。

 

プランテーションと同じく、現代にはそぐわない。新しい文化を南部はこの先見つけられるかな。

 

 

風と共に去りぬ博物館7.jpg

 

 

風と共に去りぬ博物館の裏庭もキレイ、写真映えする博物館ね。

 

 

風と共に去りぬ博物館4.jpg

 

 

当時のドレスが数多く残されている、もうすっかり時代が変わって、たった100年足らずなのに。

 



フローレンス アラバマ州 写真

メンフィスを出てアラバマ州へ抜ける道中、フローレンスという町に立ち寄った。

 

特有の文化が根付いている町、という印象を受けた。

 

 

フローレンス_アラバマ州3.jpg

 

 

テネシー川にかかるオニール橋、この一帯のオニールハーバー・マクファーランドパークがいいの。

 

 

フローレンス_アラバマ州4.jpg

 

 

のんびりしている、平和である、苦しゅうない。

 

 

フローレンス_アラバマ州2.jpg

 

 

ベンチに座って、川の流れをずっと眺めていたい。

 

 

フローレンス_アラバマ州5.jpg

 

 

ここフローレンスもまた、南北戦争によって大きく傷ついたと聞く。こんな平穏な町が、幾度も戦禍を被ったとは。

 

 

フローレンス_アラバマ州1.jpg

 

 

フランク・ロイド・ライト・ローゼンバウム・ハウスという変わった形の家、80年近く前の建造物。

 

天気が良かったのもあるのだろうが、フローレンスには爽やかな空気が流れていた。

 



国立公民権運動博物館 ロレインモーテル 写真

痛みから目を逸らすのも一策だが、真正面から向かうのも一手。

 

アメリカの公民権運動の歴史は南部を旅していると逃れられない道、だったらいっそ足を踏み入れてみる。

 

メンフィスにあるロレインモーテルは、キング牧師が暗殺された場所、今は国立公民権運動博物館という名に。

 

 

国立公民権運動博物館写真2.jpg

 

 

個人的に最も強烈だったのがフリーダムライド、言葉少なくても核心的に当時の社会の闇に踏み込んだ人たち。無謀で、勇敢。

 

 

国立公民権運動博物館写真3.jpg

 

 

DECENT PAY, HOUSEなんて、もう見るだけで心が痛い。

 

館内には色々な人種の人たちが見学している、アジア人の僕は最もStrangerな気がするが、この場にいることが大事。

 

 

国立公民権運動博物館写真4.jpg

 

 

フリーダムライダーは南部でKKKの暴力によって激しく傷ついている、そんなこと、あるのかよ。

 

 

国立公民権運動博物館写真5.jpg

 

 

キング牧師が暗殺されたロレインモーテルのテラスがそのまま残り、国立公民権運動博物館となっている。

 

 

国立公民権運動博物館写真6.jpg

 

 

アトランタバーミングハムに続き、アメリカの公民権運動を学んだ、人間の性根の醜さは世界共通ね。

 

 

国立公民権運動博物館写真1.jpg

 

 

ローザパークスのバスボイコットも、突き動かしただろう心底の根深さを想像すると無力感に包まれる。

 

 

国立公民権運動博物館写真7.jpg

 

 

またひとつ、イヤなものを見てしまった、でもそれはスルーしないほうが良い歴史だったのだろう。

 

話題を転換、この国立公民権運動博物館・ロレインモーテルすぐのCentral BBQで食べたBBQが美味しかった!

 





© 2006 - Ken Box