ビロクシ灯台

「灯台が好き、海と灯台を撮るのが大好物、伊良湖岬灯台を超える灯台を探したい」

 

そんな秘密の願望を叶える旅を企画してみた、ニューオリンズから東へ、東へ。

 

メキシコ湾沿いにルイジアナ・ミシシッピ・アラバマ・フロリダと4州を横断する海岸線に、灯台が幾つかある。

 

 

ビロクシ灯台1.jpg

 

 

ミシシッピ州ビロクシにあるビロクシ灯台(Biloxi Lighthouse)が絵になりそうだと挑戦。

 

 

ビロクシ灯台2.jpg

 

 

なんと、車道の中央分離帯にある灯台、その向こうには海と桟橋。

 

 

ビロクシ灯台3.jpg

 

 

夜ならライトアップされて美しく輝くだろうビロクシ灯台、昼間ではどう長秒露光しても個性が出ない。

 

 

ビロクシ灯台4.jpg

 

 

雨がパラついてきた海、これも特性を立てての写真が撮れず、いくらピンクの双缶が面白くとも。

 

 

ラウンドアイランド灯台.jpg

 

 

更に東のパスカグーラにあるラウンドアイランド灯台(Round Island Lighthouse)。

 

道路脇で海からも遠いため、詩的から除外。

 

灯台に照らされる光栄には出逢えなかったが、その先のペンサコーラビーチであんな被写体に恵まれるとは・・・。

 

オークアレイ プランテーション 写真

旅行ガイドブックでオークアレイ・プランテーションの写真を初めて見た時、「これだ」と確信した。

 

プランテーションと聞くと暗い歴史を連想してしまうのは別として、この景色は本物だと。

 

 

オークアレイプランテーション2.jpg

 

 

30秒の長秒露光で、通り交う人の姿を薄い影にする。

 

 

オークアレイプランテーション3.jpg

 

 

真冬・葉っぱは少なく・天気はどんより。

 

快晴の空と真夏の光が欲しかった気持ちはあるが、それでもオークアレイ・プランテーションは美しい。

 

 

オークアレイプランテーション5.jpg

 

 

写真真ん中下にリスさんが踊る姿を捉えている。邸宅の華やかさ、規模の大きさが目を引く。

 

 

オークアレイプランテーション8.jpg

 

 

残してくれていた奴隷小屋。こっちの方が興味あったので見て回る。

 

 

オークアレイプランテーション7.jpg

 

 

家族全員この1部屋で、生涯ずっとか。人間はみんな悪い歴史を持っているんだなぁ。

 

 

オークアレイプランテーション6.jpg

 

 

ニューオリンズフレンチクオーターからリバーロード沿いに車で1時間ほど。

 

オークアレイ・プランテーションの近くに幾つもプランテーションが残されている。

 

 

オークアレイプランテーション1.jpg

 

 

樫の並木は美しいのだが、僕の目には、その美の陰に悲しみが垣間見えてしまう。

 

チャールストン郊外のブーンホール・プランテーションでもそうだった。搾取なんて言葉、今は考えなくてもいいのに。

 

 

オークアレイプランテーション4.jpg

 

 

樹齢300年の樫の木が28本も並ぶ道の素晴らしさよ、他にはない美学。

 

 

オークアレイプランテーション9.jpg

 

 

周りの土地にはこんな平野がただ広がっていた、プランテーションには集約した何かがあること間違いない。

 

Ridenour Lake Photo

思い出す、パラグライダーをやっていた時分、風を読む力が備わった。

 

風景写真を撮っていると、空の色、黄昏の好機に気が付く。

 

 

RidenourLake1.jpg

 

 

Ridenour Lake, Nitro, WVでの僕のチャレンジ。

 

空が曇りで華がなく、この景色とは反対の背中に落ちる夕陽、ただし風がなく湖面が落ち着いていた。

 

水鏡の術が使えないか。空も30秒露光して雲の形をブラそう。

 

 

RidenourLake2.jpg

 

 

縦の二分割構図にして、中央線の上下で鏡を作ったほうがしっくりきた。

 

写真はブルーなのに、僕の心はブルーから程遠い。

 

ナチュラルブリッジ レッドリバー

紅葉を見逃してなるものか。

 

ケンタッキー州のレッドリバーゴージ、ナチュラルブリッジ一帯は紅葉の名所。

 

待っていた、この季節を。計っていた、この時間帯を。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_9.jpg

 

 

色合いに圧倒される。しかしシンプルなのね、大地の色を感じる。

 

黄色も赤も使わないで描く紅葉、これも個性。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_7.jpg

 

 

夏はスカイリフトで楽々にナチュラブルブリッジ頂上まで上がってこれるが、この時期は山登りのみ。

 

大勢の方が紅葉を楽しむために登ってきていた、その分の価値があるナチュラルブリッジの紅葉。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_10.jpg

 

D850の実質デビュー戦でもあったが、パソコンのディスプレイで拡大表示したら、その精密な画質に驚いた。

 

28mm f/1.4Eのレンズと合わせて、ひとつ先の次元に行ってしまった画質、これからが楽しみだ。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_8.jpg

 

 

右奥に小さくとらえたナチュラルブリッジ、あの橋の上からレッドリバー峡谷の紅葉を一望できる。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_12.jpg

 

 

サンセットが焼けてくれたが、今ひとつ。

 

三脚を背負い登ってきた真剣撮影の僕、夕方の寒さにも負けず真っ暗になるまで一人残って必死で撮っていた。

 

 

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_11.jpg

 

 

暗闇で30秒の長秒露光をする、左の灯りは車のヘッドライト、右上の空にはTwilightが若干残る。

 

秋を感じる季節のお約束、レッドリバー・ナチュラルブリッジでの紅葉写真撮影。

 

チャールストン WV カノーワ川

この静かなチャールストンWV、カノーワ川のある水景がいいね。

 

夏にはこの画家の奥に沈んでいた夕陽は、角度を変えうっかり様変わりしていた。

 

 

チャールストンWVカノーワ川1.jpg

 

 

それはそれでよろしいでしょう、と今ある景色を収めようと夕方5時に三脚を携えてささやかな撮影会。

 

しかし帰宅ラッシュの車の振動で橋の上にはVibrationが多過ぎた。

 

 

チャールストンWVカノーワ川2.jpg

 

 

ピント甘々な夜景写真は好むものではないが、これも今日のチャールストンの思い出。

 

D800メインで撮る最後の機会だ、ずいぶん様々なところを共に旅した。

 

 

チャールストンWVカノーワ川3.jpg

 

 

シンプルな町・チャールストンを本気撮りする楽しみってものね。

 

どの瞬間も時間帯と天候と場所を絞って向かったものなら素晴らしい経験になる(と強がりたい)。

 





© 2006 - Ken Box