自由民権運動 明治

そもそも自由民権運動の「自由」という言葉は当時どのような意味で使われたのであろうか。

「自由」とはオランダ語や英語として西洋から入ってきた言葉を和訳したものだという。

つまり、それ以前の日本社会に「自由」という言葉は存在しなかったのだ。

 

近代思想としての「自由」は自由民権運動から始まるわけだが、

その始まりには当時の日本人の大部分は、この近代思想としての『自由』の意味を

本当に理解していたわけではなかったというように、

「何でも許される自由」「我がままの権利」として誤った形で理解されることもあった。

このことから、この言葉が日本の一般社会にとってはいかに真新しい言葉であり、思想であったかが容易に推測できる。


自由民権論者たちが主張した「自由こそが天から人間に生まれながらにして与えられているもっとも大切な権利」

という考え方に加え、「平等」という言葉がいつしか民衆の間で独り歩きするようになる。

我が国では明治維新以来の四民平等によって初めて認められた「平等」の意識であるが、

明治時代にはまだ封建思想が濃厚にのこっていたため民衆に「平等」の近代的意味が

正確に理解されることはなかった。反抗の道具としての言葉に留まっていたのである。

 

しかし、この「自由」や「民権」「平等」の言葉の近代的な意味を理解した一部の人々が、

明治維新後に日本初の民衆運動が始めたことは本邦の歴史上、評価に値する。


自由党の鈴木舎定は「人は誰も皆生まれながら天より自由の権利を与へられております」と言った。

ここで「天」を議論に持ち出してきたことは大きい。それまでの明治以前の儒教学では

「天」は支配者層の頂点である将軍や天皇の存在を指していたものが、

この発言における「天」とは、ひとつの人格ではない全体世界としての「天」であり、

特定の支配者のことを意味するものではなくなっているのである。

 

つまり、儒教思想における「天」の思想を打破したことに、自由民権運動の大きな価値があるのだ。

残念ながら、結果としてこの時代の民衆運動は最後までその姿勢を貫けずに失敗に終わっている。

絶対的支配のための封建制度維持を図った勢力に敗北しているのである。

ただ忘れてはならないのは、日本初のブルジョア民主主義思想がこの自由民権運動にあったということである。

結果は惨敗だったが、日本の民衆が歴史上初めて近代思想と言論による民衆運動をしたことに大きな意味があったのだ。

 

 

 


日本の近代における民衆闘争の特徴事情として、天皇の存在を挙げたいと思う。

そもそもこれは、明治の文明開化がすべて天皇を中心として行われたことで、

当時の民衆が持つ天皇への考え方は形成され、その名残が続いていたのだ。

文部省による徹底した天皇崇拝教育がそれを後押しした。

 

当時の日本社会には天皇は絶対であるという深い意識が根付いていたのだ。

ただ、ここにきて天皇の存在が日本の近代化という点では

市民を阻止するものであるという意味を持ち始めるようになってくる。

結局、天皇を頂点とする支配基盤を固めた明治政府は、民衆中心の政治体制を封印したことになるからだ。


当時の民衆が持つ点のへの考え方は、自由民権運動の国会開設要求の方法に顕著だ。

自分たちの力で天皇制を打倒するのではなく、民衆が天皇へ哀願し、

天皇の賢察によって国会開設の救済を求める、という間接的な形をとっている。

反政府運動であれば現存の天皇体制打破を掲げて当然である。

この意味で、自由民権運動は本来の意味での反政府運動にはなりえなかった。

 

そこには、神話以来の天皇崇拝の伝統から脱却できない日本民衆の姿がある。

天皇制による支配国家体制を確立しようとした明治政府に対して、

民主主義に基づく立憲制国家建設を民衆が目指そうとした時、

そこに立ちはだかったのは別の意味で民衆にイデオロギー化していた、

天皇という存在であったのは近代日本独特の皮肉であろう。

ここに自由民権運動の特質のひとつがあったである。


このようないびつな形で始まり、そのしがらみを打破できなかったことから

頓挫してしまった近代の自由民権運動ではあったが、

方向性を突き詰めれば西欧の民主主義運動の流れを汲む、現代につながる民衆運動の黎明期であった。

 

南総里見八犬伝 江戸読本

江戸読本に著作権が存在せず、出版権を握った版元が利潤追求の生業として出版していたことは、

近世後期作品の内容にも大きな影響を及ぼしている。

まだまだ出版自体が始まったばかりの時期では出版することに莫大な投資が必要であったことから、

内容についての企画やプロデュースを担当したのは著者ではなく版元であった。

 

当時の読本は庶民が買うことのできる値段ではなく、一般的に貸本屋を通じて庶民に読まれたことからも、

一冊出版するのに版元が金銭的に大きなリスクを背負っていたことが分かる。

だからこそ江戸読本にはそれまでの文学とは違う着眼が求められ、

流行に合致しているかどうかや、読者うけする内容かどうかが文学にとって大事な要素となり始めたのである。


これはそれまでの一部の上級階級のみに限定されていた文学の窓口を

広く庶民にまで開放したというプラスの面もある一方、

文学が商品となるという新たな側面を生み出しそれが現代まで続くことになる。

この出版機構との関係なしに滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を語るのは片手落ちになることは言うまでもない。

版元の注文を取り入れながら馬琴がこの作品を書いたことが推測される。

 

近世以前はひとつひとつを筆で写してゆくという原始的な複写の手段のなかで、

ごくごく限られた人間たちとだけ筆者と読者という接点を持っていればよかった。

それが出版機構の拡大によって広く開放された場を提供される。

そこには表紙に意匠をこらしたり、商品として形成するように様々な装飾などもあわせ流通してゆく。

 

版元の拡販の意図にそぐわない部分は、作者の意図から離れようとも削除されたのだろう。

これは江戸読本に著作権が存在しなかったことの明らかな負の部分である。

これによって、滝沢馬琴のようなメガヒット作品を世に出した人間でさえ、

一生書き続けなければならないという矛盾が生まれてしまったのである。


馬琴はそういう江戸読本の特徴に合わせていくつかの迎合と抵抗をしている。

まずは「女」である。物語に男と女がいなくては、物語として成立しない。

逆に、男と女がいさえすればそこに物語が成立する。

まだまだ文学というものになじみが浅かった庶民をターゲットに読まそうとするのが江戸読本であったとすれば、

版元にとっては大衆うけする素材は必須であったのだろう。

それが、「女」である。

 

 

 


『南総里見八犬伝』に登場する女たちは話題性に富んでいる。

処女懐妊した伏姫は古来からある処女純潔を重視する思想の影響があるし、

薄幸の浜路も男性上位の社会の典型的な思想そのものである。

悪女船虫の乱れた性愛、実はそれは前夫・鴨尻の並四郎への敵討ちから

発生したものとしてあるところにまだ救いがあるが、性という文学のテーマであって

かつ庶民が誰でも興味を持つ対象を上手く題材としている。

 

船虫の起こす事件や流転の生き様、牛に裂かれるという暴力的な死に様もまた、庶民の興味対象であるものであった。

馬琴は様々な女性を巧みに描き、女という性を浮かび上がらせることで庶民大衆の興味を広く捉えたと言うことができる。

ここではそれを文学的ではないと非難しているのではなく、

そうすることで物語としてあるべき道になったのではないだろうかと考えている。

繰り返しになるが、この時代に出版された作品にはそれまでとは大きく違った前提が求められたのであった。

日常社会を逸脱したような階級向けの物語ではなく、万人の心を掴むことの大事さが前提であったのだ。


そして馬琴はそれだけに留まらず、江戸読本を教養人の読み物まで高めた功績が特筆に価する。

教養豊かな馬琴は日本の神話などをふんだんに盛り込み、

中国の三国志や水滸伝などの白話小説も取り入れ、難しい専門知識と言葉を使うことで

内容を非常に重厚で奥行きのあるものに創り上げた。

これによって江戸読本が営利活動としての出版だけに迎合せず、独特の文学的立場を保つことを確立したのである。

 

これが江戸読本と他の戯作などの庶民文学との決定的な差であって、『南総里見八犬伝』が今も文学として評価される所以である。

出版機構の確立は文学を振るいにかけることになった。

例えば、日常の生活や色恋だけに焦点を当てて庶民の興味を誘うことだけに

終始しまうものと、それだけに留まらず『南総里見八犬伝』のように文学としての価値を保つものを分けることになる。

その振るいになったのが近世の出版機構と言うことができよう。


出版業の創設という大きな過渡期を通して、パイオニアである滝沢馬琴は

作家として金銭的には恵まれず、制度の犠牲になったともいえる。

しかし、江戸読本というものを高尚な形で爆発的に庶民に広めたことは世紀の成功であった。

現代に続く、大きな制度確立が馬琴によってなされたのだ。

 

浮舟 源氏物語

浮舟――異質の女性、代理愛の媒体は何故登場してきたのかを考えるという僕の試み。

 

紫式部は、源氏物語を終焉させるためにこの浮舟という女性像を登場させたと言って過言ではない。

東国の受領の娘、しかも左近少将に婚約解消された浮舟という存在は

きらびやかな源氏物語のなかの貴族女性たちの中では際立って異質だ。

彼女の存在価値は風貌が大君に似ている、という一点だけであり、他での美点はない。

つまり、「侮られる女」である。

 

浮舟の自由奔放さは荒々しい東国の男たちの車に護られて橋を渡って登場するシーンから始まっている。

未知の女、しかし想いの大君に風貌が似ている存在は薫が大君への愛情を代理に重ね、

しかも身分の差は容易に浮舟を手に入れられることを意味していたのである。


その薫に囲われたと思ったら、薫に似せて夜這いしてきた薫本人ではないと知って

匂宮に肌を許し、その上で次第に匂宮に心を寄せてしまう。

その行動は彼女が「異質」であるから読者も最初は難なく受け入れてしまうが、

その「異質」の意味が次第に変わってゆく。

浮舟の女房がどちらか片方を選ばないといずれ大変なことになる、と言うがそれを浮舟は選べなかった。


どちらも選べない自分の存在を許せなくなって、

愛人という割合軽い身分の女としては貞操観がなくても許されるはずの立場であるのにもかかわらず、

中の君ら他の身分の高い女性たち以上に、二人の男性から愛されることの矛盾や罪悪を感じてゆき、

最後には宇治で自殺を図り、僧都たちに助けられて再登場したと思ったら尼になって

二度と男性と接点を持つことを拒む、という別の意味での「異質」になってしまう。

 

 

 


都合よく作られた女。光源氏の登場と台頭で華やかに花開いた性愛としての源氏物語が、

薫と匂宮という次世代の愛に満ち足りない主人公たちの時代でやや停滞気味になり、

しかしそこで父や兄など身近な男性の妻には手を出してはいけないという暗黙のルール、

当時の禁じ業を重ねた先にある愛の幻想という愛の形を見つけ出す。

 

薫のものである浮舟という女性を自分が手に入れることで、匂宮はその代理愛人を媒体して薫の存在を乗り越えようとした。

それは倒錯性に満ちた禁断の性の世界が愛情や感覚を盲目的に増幅し、

物語としての膨らみを一層かきたてるという歪んだ手法である。


つまり、浮舟は浮舟である必要はなかった。

別の「侮られる女」がいてその女が故大君に似ていればそちらにスイッチすることは可能だった。

薫が浮舟を自分のものにしたのもまた、大の君という理想の女性が亡くなってしまったことを受けての代理愛人である。

大の君を次に中の君を求めたのもやはり代理愛情であり、浮舟にいたってはさらにその代理そのものであろう。

 

せっかく手に入れた浮舟を薫はしっかり愛そうとはしていない。

匂宮と浮舟の関係を知ってやっと本気になるようだが、

それは匂宮との覇権争いの様相が濃く、浮舟個人に対しての愛情かどうかは分からない。

まるで手に入れてしまったところで彼の愛情は終わってしまったかのようだ。


匂宮もまた浮舟に対しては代理愛情、それは薫というライバルに対しての異型の愛情、

浮舟という媒体女性を通しての二人の覇権争い、自分が届かない薫という存在へのコンプレックスだったのだ。

匂宮の行動もまた、彼の意識だけだとは思えず、薫との因縁というものの中で出てきた産物であろう。

 

それもこれも物語を禁断の世界におとすことで隠避めいた美を演出しているのだ。

禁断の官能、代理の愛情。二人の男を目覚めさせ、周囲を落ち着かせて物語を終わらせるのが次の「異質」の浮舟である。

それまではただの田舎者であり、自分という存在を周囲に流されるままに生きてきた犠牲としての女・浮舟。

意識不明の後に生き返ってからは自分自身の意味を考えるようになり、

その生来の素直さ、心の弱さ、「異質さ」のゆえに、一変して全てを拒否する意思を持つようになったのだろう。


浮舟は大君が苦闘して至り得なかった心境に試行錯誤の末到達したが、この到達の意味は大きい。

源氏物語の享楽的な性愛の果てにいよいよそこへたどりつき、

それまでの全ての性愛を乗り越えてしまったかのような大きさがある。

一見するとやはりただの「異質」な女の一言で片付けてしまうものでもあるが、

源氏の君がしたような性愛のほうが物語の派手さはあるとしても、

著者としての紫式部は浮舟という女性の行動にこそ大きなメッセージを込めたのだろう。


欲望のはけ口としての女の人生と、最後にそれをすべて拒否して終わる浮舟の物語。

それは女性というものが欲望の媒体としてあつかわれがちだった時代に生きた紫式部の、

女性としての意地でもあったのだろうか。

 

今、お時間ありますか?

「今、お時間ありますか?」

会社の仕事中に、この言葉を使うことがよくある。

普段は何も考えることなく使っているが、よく考えてみれば不思議な言葉である。


今とは何だろう?

我々は時間をどのように把握し、どのように有り無しを判断しているのだろうか?

このことを哲学の観点からまとめてみようと思う。

まずは時間を有ると考えるには、デカルトが言ったように時間の本性が思考の仕方であって、

精神のうちにあると理解するところから始まる。

空間は客観的なものであるが、時間は主観的なものであるから、精神に属するものが時間である。

今を今、過去を過去、と決めつけるのは人の心ひとつにかかっているのである。

物体の運動の持続が時間であるから、流れてゆく時間の持続そのものが時間を意味しているのではなく、

その物体が持続することを見て我々がどうとらえるかが、時間を特定する唯一のものなのだ。


「今、お時間ありますか?」のうち、「時間」とは何か。

本人が主観的に考えるところの時間が、その時間を意味するものになる。

ここでは人の口から「時間がありますか?」という質問が出ている。

一般に『xとは何か』という問いが生ずるなら、すでに『x』は存在しているということがあるから、

こうした質問が出ること自体が、時間というものを人が認識していることを意味するのである。

 

りんごひとつをとっても、「りんごがある」「りんごは果物である」という二通りの「ある」があるが、

時間も同様に「今、たくさんの時間がある」

「時間は誰にも平等に与えられたものである」というように量として、質としての規定を持つことになる。

りんごのように手に持って「これはりんごである」と誰かに示すことはできないものの、

今自分には時間があるのだ、と自分で認識して実際に時間を費やして

時間があることを証明することはできるし、あなたにも平等に時間があるのだ、と相手の時間の存在を指摘することもできる。

 

 

 


常に事物はそこに有り、このように有る、という二つの意味を持つ。

同じく時間も「時間がある」とDaseinで実体や概念の範囲を示すこともできるし、

Soseinでは「時間は決して戻らないもの」と属性や概念の意味を当てはめることができる。

「時間がある」という言葉は、「時間はあるものである」という解釈をすることができる。

ではその逆の「時間はあるものではない」という考えは成立するのか。


「有る」の反対の「無い」について考えてゆくと、ヘーゲルの弁証法では

事物の自律的な存在は、他者との関係において依存的であるという矛盾を説明している。

時間がある、という言葉はそれだけで独立した存在になりうるが、

時間がない、というのはあることの否定によってはじめて無が生まれ、相対的に有ることの存在価値を説明したのである。


インド哲学の無では、「私には時間がない」は「私には時間の無が有る」として、

観念として意識の中に肯定的に存在するものとみなされた。

有と無とは対応物として扱われているのだ。

「今、時間がない」を英語にすれば「I have no time now」となるように、こうした考え方はインドだけのものでもない。

よって、あることの裏には必ず無があり、あることを意識するためにはないことを意識しないといけない。

これは西洋の弁証法、東洋の人生哲学においても共通したことである。

「時間がある」ことは当たり前である。


先にも述べたように、時間があるか?ないか?と自問する時点で、時間がある存在であるということを証明しているのである。

仕事の忙しさにかまけて「今は時間がありません」と答える時もあるだろう。

でもその時によく自分のことを考えてみれば、

あるはずの時間をないと答えるときの自分の貧しさ、愚かさに気が付くことができる。

時間がないのではない。ない時間があるのであるから、やはり時間はあるのだ。


考え方ひとつで有無は変化してゆく。時間が存在するという事実は自我の外にあるが、

それを本当にあるかないかと判断する価値基準は、自我の内にあるのである。

忙しさは否定できないだろうが、それを理由に時間がないと言うことは矛盾した言葉になるのだ。

こうして有は無の存在によってその有の意味を確認することができるし、

無もまた有との比較の中でこそようやく無の意味を明らかにできるのだ。

時間がないと言った後で人は後悔することだろう。


空間である時間は常にある。

でも、自分の心が満たされていないことがあって、

あるはずの時間をないと言ってしまったのは自分の心の動きだけに左右されてしまったからだ。


この「今、お時間ありますか?」はすごく哲学的な問いにもなる。

誰にでも余った時間はあるし、誰にでも余った時間はない。

どのようにも答えられる不思議な問いであるが、

そこで問われているのはその個人がどういう心で今を生きているか、ということを示すものであるからだ。

 

三国演義 中国思想

三国演義には漢民族に受け入れられやすい中国思想がいくつも盛り込まれており、

それがこの白話小説をそれまでの民間に語り継がれていた説話だけに留まらせず、

古典小説にまで飛躍的に発展させた原動力であったのではないかとわたしは考える。


まずは外郭としての時代背景があるが、元の時代において

中国大陸は蒙古人に支配されており、漢民族は常にその脅威にさらされていた。

その後に漢民族の朱元璋が出現し、元を追放して明を建国するという時代であった。

その時代の都市の盛り場で生まれ、語って聞かせるものから読んで楽しませるものへ変貌を遂げていったのが白話小説だ。


内容面の特徴として中国思想の王道をいくつも備えているということがある。

天・地・人の3つが備わってこそ人や社会が成り立つという「三才」の考えが中国人にはあるが、

それが魏呉蜀という中国史上珍しく三分割された「三」国間での争いをバランス良いものとしている。


その「三」という数字に中国人にとっては深い意味があったのだ。

「三」国志であり、劉備「三」兄弟であり、「三」顧の礼であり、三を重ねることで内容に深みをもたらしている。


三国演義は西晋の陳寿が書いた「三国志」という歴史書を踏まえつつも大きく内容を変化させ民衆への溶け込みを成功させた。

ゼロからの空想でなく、現実の人間を主人公としたところにも民衆の親しみやすさがあったのだろう。


正史「三国志」が西晋の流れを含んだ三国時代の勝者・魏を中心として

描いていることに反し、三国演義では蜀が中心であることに注目したい。


これは中国思想の根本として神権思想、

神天が自分に代わって天子という絶対的な存在を遣わして世を治めるというものがあったことによる。

元において支配の中心は漢民族ではなく蒙古人であり、そこに漢民族の不満があったことは想像に難くない。

 

 

 


三国演義では虚名状態になった漢の天子を操る悪玉としての魏の曹操がいて、一方に漢王朝の血を引く蜀の劉備がいる。

史上では次の晋へとつながる魏が主役であるべきなのだが、三国演義ではその悪玉である魏と戦う蜀を中心において、

しかも主人公である劉備と義兄弟の関羽・張飛は平民出身の英雄であった故に

市井の民衆たちが乱世の英雄に憧れる気持ちと漢民族の皇帝を期待する気持ちを取り込んで、民衆に受け入れられる内容とした。


そして失権して名目上だけの後漢の皇帝に天子の意味を持たせていない。

また本来は改革者であったところの魏の曹操をどこまでも悪玉に仕立てることで、

その曹操に立ち向かうという役の劉備に天子の正当性を背負わせた。

現代でも台湾を巻き込んで議論になる「ひとつの中国」の意識を逆に向けて漢民族にとって都合のよいものとしたのである。


数多の英雄たちと様々な脇役たちが織り成す人間模様に人の世の栄衰を投影させたのも

作品のひとつの魅力であるが、三国演義には蜀を中心に立てたその政治的な操作とあわせて、経済的な操作もあった。


三国演義に描かれた英雄たちの中で最も短所がなく魅力的に書かれているのが、義に厚く武勇に優れた関羽である。

例えば反董卓連合軍が氾水関でどうしても攻略できなかった董卓軍の勇将・華雄を、

三国演義ではたったの一太刀で当時無名だった関羽が討ち取っている。

史実では孫堅軍が華雄を撃退させたことになっており、関羽の名前は出てこない。


他にも史実では呂布の愛馬・赤兎馬を曹操に見込まれた関羽が譲り受ける場面はないし、

嫂(劉備の家族)を守って五関を破る危険を冒してまで魏を脱出し

劉備の元へと向かうという場面もないし、赤壁の戦いで敗走した曹操を華容道において

かつて受けた恩義のために目をつぶって許すというシーンもみな三国演義での作り事に過ぎない。

しかも「三国志」の著者・陳寿が「短気なところが災いして滅亡した」と

関羽を酷評していることは三国演義にはまったく記載されてないのだから。


それらはどうしてそうなったのか。民衆が喜ぶ英雄を作り上げ、

その魅力を増幅しようとしたからだけではなく、関羽の生まれ故郷が偶然にも

山西省解州という土地であったからこそ、関羽の活躍は超人的なものとして描かれ、終いには神格化されることになる。

解州には中国最大の塩湖である解池があり、

塩を取り扱う山西商人が中国全土の経済圏を牛耳るまでの影響力を持っていた。

その山西商人たちが事あるごとに関羽を宣伝し、神として祭り上げ、

引いては自分たちの正当性につなげようとしたことが関帝信仰につながったのである。

中国文化では出身地というものがその個人を飾る上で大変重要な意味を持ったからだ。


三国演義の爆発的な普及には話しそのものの魅力や中国思想の妙だけではなく、

山西商人による立場向上のための宣伝要因も含まれていたと考えて間違いないだろう。


これらのようにある程度は史実を踏まえた上で、民衆に全く抵抗ない内容、

いや逆に漢民族の心を上手に取り込んだ内容で、政治的・経済的要因も重ねながら

話を魅力的なものに変えていったところに、比類なき人気を誇る古典小説である三国演義の特徴がある。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box