岡崎SA 写真

新しいものはイイね、岡崎SAがオープンしたので行ってみた。

僕なりの味を出し、一部を写真に切り撮ってみるとこうなるよ、岡崎SA。


岡崎SA1.jpg


東海道・岡崎宿の香りを出してくる辺りは流行りか、岡崎城がある城下町ならでは。


岡崎SA2.jpg


温故知新というやつね、昔にヒントを得て現代に心地よい風を運んでくれるのが岡崎SA。


岡崎SA3.jpg


2週間前にオープンしたばかりだから、凄い人の数。お店の中は人にぶつからずには歩けなかったほどの盛況ぶり。


岡崎SA4.jpg


屋上(2F)は子供の遊び場になっていた、限られたスペースを上手に使っている。


岡崎SA5.jpg


岡崎を積極的にアピールするとこうなるのね、創意と努力を感じた岡崎SA。工夫しているのは次の新城設楽原PAも同じ。


岡崎SA6.jpg


新東名開通は僕の移動事情にもインパクト大だ、これで東京が一層身近になった。
 


ビスタライン

ビスタライン、惹かれるものがある。

3kmの直線、それは岡崎城と大樹寺を370年もつなぎ続けている歴史。


ビスタライン1.jpg


超望遠レンズ(35mm換算で810mm)で大樹寺からビスタラインを望めば、ほら、岡崎城が。


ビスタライン2.jpg


地元の方々が長年守り続けてくれた伝説、今も学校にはこんな張り紙が。

眺望を遮る建築物などはビスタライン上には配置されなかった、法で強制したのではなく、岡崎の市民の善意。


ビスタライン3.jpg


大樹寺の三門、総門を振り返れば、大樹寺の本堂が見える。徳川家の祖先、松平家の菩提寺・大樹寺を敬う気持ち。

三代将軍・徳川家光の命でこのビスタラインは創られ、今日に至る。


ビスタライン4.jpg


上の写真のように、大樹寺の本堂前からビスタラインを見るのだ。


ビスタライン5.jpg


肉眼では見れない世界だが、確かに岡崎城が見えている、ビスタラインは現代にも健在だ。
 



白川郷 展望台 写真撮影

白川郷での写真撮影なら、展望台からの一枚は外せない。

ちょっとした高台にある展望台、「荻町城跡展望台」とも「城山展望台」とも呼ぶ。


白川郷展望台_写真撮影1.jpg


視点は高く、合掌造りが並ぶ世界遺産の里を俯瞰できる場所、この土地の支配者の山城だったというのも納得。


白川郷展望台_写真撮影2.jpg


白川郷を紹介するパンフレットに使われる広告写真は、この展望台から撮影されたものが多い。

真冬の白川郷ライトアップでは、ここからの絵が最高の一枚になるのも高名、それは一体どんな苦労の先にある写真撮影?


白川郷展望台_写真撮影3.jpg


2016年から、三脚使用可と禁止の場所が区分けされた。14:00の段階でもうこんなに場所取りの三脚が並んでいる。


白川郷展望台_写真撮影4.jpg


下の白川郷集落から見上げた超望遠レンズの写真がこれ↑、14:30の時点でもうカメラマンがスタンバイ。

17:30-18:00に来る最高の作品のために、寒風に吹かれても一眼レフへの熱情止まず。


白川郷展望台_写真撮影5.jpg


15:30、ますますの人が集まっている。

マジックアワー(日没後の薄明り)と白川郷ライトアップが重なるわずかな瞬間のために。


白川郷展望台_写真撮影6.jpg


これは↑マジックアワーではないけど、こういう夢まぼろしのような写真が撮影できるのが白川郷の展望台。


白川郷展望台_写真撮影7.jpg


16:30、もう身動きが取れないほどの盛況。向かって右が三脚可ゾーン、左が不可ゾーン。

本物の写真が一枚あれば、その一日は最高に充実してくれるんだ、だから何もかも犠牲にして、白川郷展望台まで。

一眼レフカメラとレリーズと三脚、時の移ろいも忘れて一瞬に駆ける甘い夢。
 


界 遠州 写真

界 遠州さんで見つけたキレイなもの。

モダンな和の喜びをいっぱいに湛えながら、窓の向こうに見る水景。


界遠州写真1.jpg


彩度が低い自然風景と、彩度が高い浜名湖パルパルの対比。


界遠州写真2.jpg


畳と間接照明が柔らかい。茶処・遠江のお茶を部屋でいただく、シンプルに心が開けてくる。


界遠州写真3.jpg


大浴場に3度も足を運んだのは何故? 食事も和モダン+季節感、スタッフのサービスが心地よく。


界遠州写真4.jpg


我が国のデザインホテルね、界 遠州さん。そのセンスを少々いただき。
 




© 2006 - Ken Box