トロント チャイナタウン 飲茶 Rol San Restaurant

引かれた線を超えれば、超えた前と状況が異なることに不思議はない、線ってそういうものだ。

それでもね、アメリカからカナダへ陸路入国して、トロントに入った途端に明らかに変わった人種比率に目をむく。

トロントは移民の街、なんとも色が豊かに。だから、チャイナタウンが異様に発達していても納得なのだ。

 

 

トロント飲茶RolSan1.jpg

 

 

スパダイナ・アベニュー辺りのチャイナタウンの様子ときたら・・・中華圏の暮らしそのもの。

その中で、飲茶をいただいた Rol San Restaurant の本物ぶりが記憶に残った、ここに書かずにいられない。

 

 

トロント飲茶RolSan6.jpg

 

 

このブロックに入ってきたら景色が変わる、歩く人たちが変わる、トロントが変身したようだ。

 

 

トロント飲茶RolSan4.jpg

 

 

歩いていて安心するのは、アメリカでの欧米文化生活が長くなったからかな?

アジアの空気に落ち着く、僕はアジアンなのだと。

 

 

トロント飲茶RolSan5.jpg

 

 

ともかく、Rol San Restaurant の飲茶の本物ぶりよ、なんて美味しかったことか、近所に欲しかったことか。

台湾で飲茶をした時を思い出す、それは贅沢な時間だった、ナイアガラの滝CNタワーも記憶の彼方になる。

 

 

トロント飲茶RolSan3.jpg

 

 

漢字のある街、そのくせアジア人だけではないトロントのチャイナタウン、不思議だ、不思議だ。

 

 

トロント飲茶RolSan2.jpg

 

 

大都会トロントでお食事したいわ→和食じゃなくて中華でしょ→チャイナタウンで飲茶、Rol San Restaurant

そんな流れが自然ね、僕の常識をなんか破ってくれたトロントのチャイナタウン、本物ぶりに参った。

 



ギャトリンバーグ 写真

それは驚くよ、グレートスモーキーマウンテンズ国立公園の、ケーズコーブニューファウンドギャップを観て、

 

さぁ離れるかと車を走らせた途端、国立公園の看板を出た本当に直後、ギャトリンバーグの華やかな街が現れる。

 

 

ギャトリンバーグ写真1.jpg

 

 

すぐそこの森でに野生のターキーが、シカが住んでいるのに、まさかのリゾート地・ギャトリンバーグ。

 

 

ギャトリンバーグ写真2.jpg

 

 

お人形かと思ったら、↑は本物の人間だった、そんなエンターテインメントの街がギャトリンバーグ。

 

 

ギャトリンバーグ写真3.jpg

 

 

繰り返すが、すぐそこは国立公園なのに、障子を一枚隔てただけで人間たちのリゾートに切り替わっている。

 

 

ギャトリンバーグ写真5.jpg

 

 

グレートスモーキーマウンテンズ国立公園に「静」を求めてくる人ばかりかと思いきや、

 

ギャトリンバーグで「動」を楽しむ人間たち、表裏一体とはとても言えぬ・・・

 

 

ギャトリンバーグ写真4.jpg

 

 

それはともかく、オールスモーキー蒸留所のショップはキレイだったな、ウィスキーがアートのように。

 

 

ギャトリンバーグ写真6.jpg

 

 

僕にはグレートスモーキーマウンテンズ国立公園にギャトリンバーグを隣接させる意味がまったく理解できない。

 

 

ギャトリンバーグ写真7.jpg

 

 

ひたすら強烈な個性を僕の記憶に叩き込んでくれたギャトリンバーグの写真、とにかくお散歩が楽しい場所ね。

 



CNNスタジオツアー 写真

アトランタに観光に来たら、3大スポットは行きたいよね。

 

ワールドオブ・コカコーラジョージア水族館、そしてCNN(ニュース専用のテレビ局)。

 

 

CNNスタジオツアー2.jpg

 

 

このCNNスタジオツアーも大人気で当日チケットが取れるか不安なので、事前にサイトから日時指定で購入しておいた。

 

 

CNNスタジオツアー3.jpg

 

 

空港みたいなセキュリティチェックを受けて、長いエスカレーターに乗り、右上の地球儀に入る。

 

 

CNNスタジオツアー1.jpg

 

 

唯一、写真撮影が許可されているスタジオ、この先は撮影不可だが、そのままスタジオの裏を歩くツアー。

 

 

CNNスタジオツアー5.jpg

 

 

それが期待していたほど面白くなく、サービスでキャスター風に写真が撮れるわけでもなく、ひたすら裏口階段を歩く。

 

 

CNNスタジオツアー4.jpg

 

 

これはこれでその道の本物なのだろうが、どうもショーの要素が薄い、ニュース専門チャンネルだから当然だが。

 

 

CNNスタジオツアー6.jpg

 

 

ムリして時間を割く必要もないな、ワールドオブ・コカコーラとジョージア水族館が、アトランタ観光のツートップだ。

 



ジョージア水族館 写真

世界で有数、全米最大と聞いたが、このジョージア水族館より偉大な水族館ってあるの?

 

僕はダイバーになったようだ、水中のこんな光景をこの目で見てみたかった。

 

 

ジョージア水族館7.jpg

 

 

ジンベイザメはWhale Sharkと呼ぶのね、確かにクジラようで、サメのよう。

 

柔らかそうなお腹しか撮れなかったが、背中のドット模様がオシャレなジンベイザメ。

 

 

ジョージア水族館2.jpg

 

 

水槽の底がトンネルになっている、道の左側は動く歩道になっていて、空と海を見上げていると先に進んでいる。

 

 

ジョージア水族館3.jpg

 

 

実は、PLフィルターで窓の反射を取り除くことを忘れた、痛恨のミス。

 

 

ジョージア水族館6.jpg

 

 

10万匹の魚と一緒に、ジンベイザメが泳いでくる。おとなしいけど巨体、威圧感があっても小心の君。

 

 

ジョージア水族館1.jpg

 

 

週末は凄く混むのは、隣接するワールドオブコカ・コーラと同じく。CNNも混むけど。

 

だから入場時間縛りのあるチケットをオンラインで事前購入しておいた、それが賢明だよ。

 

 

ジョージア水族館5.jpg

 

 

水槽の厚さは61cmもあるの? その割にクリアに写真が撮れる気がする、これもガラス技術の恩恵か。

 

 

ジョージア水族館4.jpg

 

 

ジンベイザメが3匹(3頭?)、マンタやシュモクザメもいるし、魚類のミックスサラダ!

 

 

ジョージア水族館9.jpg

 

 

色々なコーナーがあって半日いても飽きないな、これは人気過ぎて混むはずだ、ジョージア水族館。

 

 

ジョージア水族館8.jpg

 

 

イルカショーは室内の派手な光線の下で、ショータイムね、ショータイム。

 

 

ジョージア水族館10.jpg

 

 

アトランタ観光では必ず訪れるべき場所、隣接した駐車場もあるし、治安とかの心配はない。

 

見ごたえたっぷりのジョージア水族館、僕にとっては Best. Ever. の水族館、楽しい思い出。

 





© 2006 - Ken Box