2歳の誕生日

よくぞ2歳まで熱も出さず、ケガもせずに育ってくれました。

2,358グラムで産まれた小さな赤ちゃんが、今や一人歩きや言葉をしゃべる。

この2年間、自分の時間は失われたけど、その分楽しい家族の時間が。


2歳の誕生日1.jpg


会話ができるようになってきた2歳の頃。

パパ・ママ・レイナの使い分けはOK。

おさんぽ行く? 服を着る? クツを履く? どれも分かっている様子。


2歳の誕生日2.jpg


夜眠るときには、ドアを締める→ぬいぐるみを持ってくる→バイバイのリズムは、

もうパパが何も言わなくても毎晩やってくれるよ、覚えているよ。


2歳の誕生日3.jpg


認識力がすごくて、外のワンワン・ニャーニャー・ミッキーの絵はもちろん、

AEONのロゴを見て「イオン!」と言ったのにはびっくりした。


2歳の誕生日4.jpg


ハートは「ハート」、カメラは「カシャ」と言う。

いただきますは「いただ」、ライオンは「ガオー」って怖い顔で。


2歳の誕生日5.jpg


子供用の椅子で食卓に座り、散らかし放題で食事。

ソーセージを「にく」と呼び、ヤングコーンを手掴みでおいしそうに食べる。


2歳の誕生日6.jpg


抱っこが欲しいと「抱っこ」、いよいよウンチも「プップ」と気付いているみたい。


2歳の誕生日7.jpg


2歳のお誕生日はバースデーケーキでお祝い。

「何歳?」と聞くと、機嫌の良いときにだけ、指を二本立てる×両手をやってくれる賢さ。


2歳の誕生日8.jpg


レイナがますます元気に育ってくれますように。
 


名古屋イケア

自分で運び・作る、このイケアセオリーを名古屋イケアでも踏襲できるか?

 

フルサービスに慣れている東海地方の人たちは、家具を自分で組み立てるという意識は薄い。

イケア商品の安さが配送・組立を自分で行うことが理由としても、当初は通用しないロジックになるだろう。

 

もちろん、日本の他店舗でも同じく自分組立(DIY=Do It Yourself)の理解度の低さで

痛い目にあっているだろうイケアだ、なんらかの代案を持って名古屋イケアをオープンさせるとは思う。

 

 

 

 

自分で運ぶという点では自動車と高速道路網が発達した東海地方だから課題はない。

リニアモーターカー鉄道駅に隣接してできる名古屋イケア、逆に鉄道での来客は見込みよりも少ないはず。

 

すぐ近くにできる長久手イオンを合わせて車で回る人が多いのでは。

環境とか見栄えとか先進性を考えてのリニモ駅直結、実態はどう考えてもマイカーでの来店客ばかり。


だから名古屋イケアで購入した商品を重くてかさばるから、店から自宅まで配送を頼む人は少なくないはず。

来るべき東海大地震の備えとして、耐震仕様の設置・組立は当社へお任せ!みたいな宣伝文句は強い。

 

「配送は自分で、組立は専門業者で」というのが名古屋イケアのスタイルになると予想する。

 

 

 

 

ブーム到来、モテる男は週末に名古屋イケアの家具を自分で設置・組立する!

そんな記事が東海のファッション雑誌を飾って、イケメンの条件・趣味にDIYがお目見えする。

 

まぁそんなはずはないよね〜、欧米文化にはありそうな感じだけど、日本ではどうでしょう。

イケア家具芸人とか名乗って、先駆者が出れば面白そうだけど。


名古屋イケアでは組立サービスが標準化され、当初は別料金のカタチで名札に明記。

次第に、基本料金に含めて記載したほうがスムーズと感じて、込み料金で表示。

 

自分で組み立てする稀でヒマな人向けに「組立を自分でしたら●%割引」という表記になる。

イケア本国での発送とはかけ離れた運用、そんなイメージを名古屋イケアに思い浮かべている僕だよ。

 



赤ちゃん 1歳11か月

親のマネで急激に成長中のレイナ、1歳11か月の頃。

言葉も仕草も、すぐにママのマネをします。

子供にとってママの存在がどれだけ大切か、痛感しています。


赤ちゃん 1歳11か月1.jpg


覚えた言葉は、キリン、リンゴ、イチゴ、パリパリ、ママよー、コロン、ネンネ、赤、ハッパ、花。

ママの体操ポーズをマネっこ、聞き取れた言葉をマネる。

これでは悪い言葉はうかつにしゃべれません。


赤ちゃん 1歳11か月2.jpg


パパとママに両手を取られて歩くのが大好きです。

レイナから「手!」とリクエストしてくるようになりました。

温かく、柔らかい、小さな手、握っていると幸せを感じます。


赤ちゃん 1歳11か月3.jpg


ワンワンも好きだけど、キッキ(キティとミッキー両方の意味)が好きです。

アンパンマンはまだ発音できません。


赤ちゃん 1歳11か月4.jpg


ヨーグルトとソラマメと海苔がお好み。

夜に寝付かすときだけ、まだ粉ミルクを飲んでいます。

お風呂上がりにドライヤーをしますが、イヤがりません。


赤ちゃん 1歳11か月5.jpg


スキンシップが一杯の頃、親も子も互いに愛を感じていることでしょう。

何を置いても、そばにいたくなる、そんなレイナちゃんの存在です。
 


東山動植物園 名古屋 写真

東山動植物園の写真を飾ってみよう、NIKON D800で一眼レフの勉強中なのだ。

構図を工夫し、絞り優先モード・F4で撮ってみる。

 

さらにCapture NX2で各種補正を施して、ちょっと現実離れした、でもインパクトのある画像に仕立ててみる。

以前は加工画像は反則だと思っていたが、最近は表現手段のひとつと思えてきた。

 

 

東山動植物園1.jpg

 


キリンさんがシャープに写るようにしてみました。

そうそう、ウチの娘さんがキリンさんを見て「キリン!」と言ってくれました。

 

 

東山動植物園2.jpg

 

 

不満を抱えたような東山動植物園のゾウさん画像、マイナス補正をするとやっぱりイメージも暗い。

 

 

東山動植物園3.jpg

 

 

今日産まれたばかりのカピパラベイビーたち、これは優しいハイキーにするでしょう。

 

 

東山動植物園4.jpg

 

 

ペンギンたちの体毛の白がキレイで、その白が浮き立つようにしてみたつもり。

 

 

東山動植物園5.jpg

 

 

怒り心頭の白熊さん、オリの中から社会の不条理を睨み付けている。

ウチの娘さん2回目の東山動植物園、相変わらず白熊を見てもワンワンと言います。

天気は良かったけど、まだまだ動物の違いが分かる年齢でもありませんでしたー。

 





© 2006 - Ken Box