山中湖 思い出 写真

平野は晴れていても、山中湖が晴れているとは限らないよね。

実家帰省の帰り道、初冠雪したばかりの富士山を見れる?と期待して山中湖に寄る。

昨日までの雨でたまった水分が霧で出ていて、まったく富士山は見えません。


山中湖 思い出 写真1.jpg


ランチはフジヤマキッチンの自然食をいただく。

木目を活かした店内の優しい雰囲気、テーブルから見えるハーブガーデンが、料理の美味しさを引き立ててくれる。

その後は隣のハンモックカフェで、人生初のハンモックに揺られてキャーキャーしました。


山中湖 思い出 写真2.jpg


山中湖で思い出すのは、山中湖ハーフマラソンを走ったときのこと。

初夏の爽やかな風と、辛かった途中の走り。もっと辛かった道中。

子供の頃には親に連れられて何度か訪れたはずの山中湖、どこを見てもその記憶が蘇らないのは寂しいもの。


山中湖 思い出 写真3.jpg


次は富士山が見える山中湖に会いたいものだ。

秋の深まりを感じる風、気温15℃前後の山中湖の思い出写真でした。
 



互いの実家へ帰省

子供を連れて互いの実家へ帰省、半年前からの子供の成長ぶりに気が付いた。

人見知りをして仕方がなかったレイナが、今回は3分も経たずに誰とも仲良くなる。

「じーじ、こんにちは」なんて言うんだから驚きだ。

この旅で披露したレイナの可愛いポーズ(ピンボケしたので誤魔化してます)。


互いの実家へ帰省1.jpg


自分たちが子供の頃に遊んだ、西ドイツ製(!)の列車のおもちゃを見て懐かしく。

移動の車内でオニギリと海苔を食べ続けて、お腹がMAX膨らむレイナちゃん。

従弟の頭をよしよし、と撫でてあげるとは偉い。


誰にも構わず宇宙語を話してあげるレイナ、気持ちは伝わる?

今回からはベビーサークルとかの大荷物がいらなくなって、移動も簡単になりました。

900kmを走って、驚きの平均燃費22km/1Lのプリウスαは凄い。


互いの実家へ帰省2.jpg


もう36年も僕は食べ続けているのでしょうか、母の手作りチーズケーキはいつでも最高に美味しい。

昔からこれを商品化すれば売れる!と思い続けています。

子供の成長はちょいちょい互いの両親に見せたいものだ。
 


伊賀モクモクファーム 写真

伊賀モクモク手作りファームへ行ってみた。

お目当ては食材自慢のバイキング、ずいぶん昔に名古屋駅店で食べたことがある。

一度は本店に行ってみたくて、楽しみにしながらモクモクファームへ向かう。


伊賀モクモクファーム 写真1.jpg


味は最高だ、どの野菜もみずみずしさがあって、ソーセージやハムもおいしい。

夜ごはんは抜きにするから、とひたすら野菜を食べまくりました。


伊賀モクモクファーム 写真2.jpg


昼の2時にpapaビアレストランに入ったのに、なんとそこから45分待ち!

すごい人気だよ、モクモクファーム。味を考えれば納得なのだが。


伊賀モクモクファーム 写真3.jpg


車窓から見る伊賀付近の田園風景がキレイだった。

伊賀忍者の壮絶さ・毒々しさとは似つかわしくない。


伊賀モクモクファーム 写真4.jpg


ところで僕がモクモクファームの社長だったら、いくつか改善をする。

駐車場を大幅拡大、第2・3駐車場なんて遠すぎるから使わなくても良いように。

ファーム内の段差をなくす。子供連れには優しくない道だ。

土地はあるから、あとはお金次第なのだろうが。最初の設計ミスにしか思えない。


伊賀モクモクファーム 写真5.jpg


ハロウィンのオレンジ色が人を優しくしてくれる。

手作り感のあるモクモクファームの写真でした。
 


2歳2か月

親も想像していない進化を見せるときがある。

ある日、「ダイジョウブ」の言葉を覚えて連呼する。

「アイス おいしい」なんて言ったりする。

知恵の成長が加速度的な2歳2か月のレイナちゃん。


2歳2か月1.jpg


我が出てきたから、機嫌悪いときは何をしても言うこときかないし、

力も強くなってきて、抱っこで持ち上げて誤魔化すのも大変。

仕事から帰ってきても、もう玄関まで手を振ってくれなくなって寂しいものだ。

ジャンプしまくって、頭に汗をかいた夏でした。


2歳2か月2.jpg


動物を見せたら喜ぶ?

いいえ、どこでも良いから自由に歩かせるのが一番喜ぶ。

もう真夏の暑さは和らいできたから、公園で散歩が良いみたい。


2歳2か月3.jpg


W以外のアルファベット25文字を発音できるレイナちゃん。

あいうえおも何とかしゃべれます、1・2・3・4まで数えることだって。

食べるものも大人と同じものを食べれるようになってきました。

もう赤ちゃんは卒業。


2歳2か月4.jpg


ワンワンのDVDがないとダメのようです、ダンスはさらに上手になりました。

次は何を見せてあげればいいんだろう、どこに連れていけばいいのだろう、と悩むこの頃。

可愛さと進化で、飽きがきません。
 




© 2006 - Ken Box