見付天神裸祭 鬼踊り 画像

見付天神裸祭の鬼踊りを画像に撮ってみる、これが難しくて。

 

ニコンのスピードライトSB-910を新調して持っていく、暗い場所でも人の動きを止めて写せる。

 

明るすぎて祭りの臨場感というか雰囲気が出ないのが難点ね。

 

 

 


多くの人が密集して踊るお祭りでは、高いところから撮らないと様子が映らない。

 

カメラを持ち上げてスピードライトをたいてもイマイチ、身長が3mはないとつらい。

 

 

 


マニュアル設定にしてもピントが合わない、写したい人にガチピントにならない、400枚撮っても自信作なし。

 

 

 

 

日本の祭りを撮る勉強、見付天神裸祭の鬼踊りの画像は上出来とは言えなかったなぁ。

 

それでも精一杯物語にしてみた見付天神裸祭の鬼踊りの思い出。

 

3歳1か月

9日間続いた夏休みの終わり、「パパ、会社行かないで」と言ってくれた3歳1か月の娘。

ハイ、会社辞めて主夫になります、と言いかけたパパ。


3.1year_2.jpg


志摩スペイン村に行ってもアトラクションには興味ないから、好きなのはただ走る事、ウロチョロすること。

仕方ないが偏食が激しく、おにぎり・ハム・うどんは食べるけど、野菜はキライ。


3.1year_1.jpg


バレエや英語を始めて、いよいよ社会に出つつあるレイナちゃん、あと半年もすれば幼稚園。

お洋服の好みが厳しいです、好きな服しか着ません、嫌いな服は泣いて断固拒否。

お夕寝した後にお風呂に入れようとするとグズグズに泣いてついてきてくれません、大変。


3.1year_3.jpg


会話ができるようになりました、「今日イオン行ったの?」「今日ねー、ママ運転した!」なんてやりとりが成立する。

ワガママぶりに振り回される毎日だけど、ウチの天使ちゃんは今日も元気です。

 

三好稲荷閣 大提灯まつり 写真

三好稲荷閣の大提灯まつりの写真、被写体のせいではなく、満足行く写真が撮れなかった。。。

三好いいじゃんまつりもやっていたので、踊る人たちも数多くシャッターを切ったが、及第点に至らず。


miyoshi-iijan_37.jpg


とんでもない大きさの大提灯、三好稲荷閣の朱色と色合わせは良かった。


miyoshi-iijan_91.jpg


三好いいじゃんまつりで踊る人たち、何十枚も撮ったのに成功作なし。


miyoshi-iijan_5.jpg


せっかくのお祭りが雨でした、だから上手く撮れなかったんだ、と言い訳しておこう。


miyoshi-iijan_138.jpg


踊りの道に大量のしゃぼん玉がまかれていて、それがキレイだったなぁ。


miyoshi-iijan_2.jpg


この日は一脚デビュー、混み合う祭り会場では使いやすくて、安定も十分。


miyoshi-iijan_148.jpg


しゃぼん玉をシャッタスピード1/2秒で撮ったら、また違う世界になった。

また来年リベンジだろうか、三好稲荷閣 大提灯まつりの写真。
 

瀬戸大正池 写真

海上の森・瀬戸大正池の写真、夜中で雨は止んだと思ったら、突然30分ぐらい集中豪雨になった。

厳しい天候の方が良い写真が撮れる!と前向きにカメラを構えていたが、雨はどうも難しいね。


seto-taishoike_4.jpg


高速シャッターで雨を停めて写すのだ! 機材が濡れるのも止む無し、と撮影強行。


seto-taishoike_3.jpg


まぁさほどの成功作もなく、ほどほどに終わってしまった瀬戸大正池の写真。上高地の大正池が別格すぎるのか。


seto-taishoike_2.jpg


雪の海上の森も良かったが、ダムに水を一杯たたえた瀬戸大正池もまた良い。岡崎の小呂池も大正池つながりだ。


seto-taishoike_5.jpg


雨が止むと湖面はまた静けさを取り戻した。


seto-taishoike_1.jpg


人口湖に水没されられた木、これもまた数奇な生き方。


seto-taishoike_6.jpg


泥だらけになった服と靴、カメラ機材も帰ったらみーんなキレイにしなくては。

まぁ普通の天候よりはメリハリついて良かったとしよう。
 





© 2006 - Ken Box