セントラルパーク写真 ニューヨーク

ニューヨーク・セントラルパーク、なんて嬉しい再会だろう。

 

ここも20年前に訪れた場所、まぁ当時の若い目には景色はこれほど美しくは映っていなかったのだろうが。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク7.jpg

 

 

月並みね、ほんの月並みな感想。

 

「大都会なのに、こんな広い公園がニューヨークの中心にあるなんて!」

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク1.jpg

 

 

公園からの、超高層ビル群、異様な景色だがニューヨークはそれを飲み込んで肥大化している。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク5.jpg

 

 

5番街の高級ブランド店から歩いてすぐ、地下鉄でも来れる大自然、ねぇ、矛盾しているよ。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク4.jpg

 

 

セントラルパークのリスさんは大きいのね、冬は寒いから毛皮フワフワなのね。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク3.jpg

 

 

セントラルパークをランニングする夢を叶えようとRUN GOODSをホテルに持ってきたのに、

 

メトロポリタン美術館も見たいからWalkになった、その分、一眼レフカメラの画像で撮れたセントラルパークの写真。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク6.jpg

 

 

ニューヨークに、セントラルパークにお城があるなんて、この公園もニューヨーカーだから個性が光っているのか。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク8.jpg

 

 

メトロポリタン美術館からプラザホテルへの五番街の道、ここの美しさに気付いた時、

 

「57番街に吹く小さな風に二人肩をすぼめて歩き続けた」と歌った尾崎豊さんを思い出していた。

 

57番街でもなく、時代も異なるのに、なんだかお逢いできたような気がした。

 

 

セントラルパーク写真ニューヨーク2.jpg

 

 

セントラルパークと皇居がどうもイメージが重なるよ、都心にあって都心ではない、静動を兼ねた特異な存在。

 



グランドセントラルステーション 写真 ニューヨーク

駅が美的な場所になる例はあるが、ここニューヨークのグランドセントラルステーションは本物。

 

美術館かと、博物館かと思ったら、生活圏内にある移動のための日常だった。

 

 

グランドセントラル駅写真4.jpg

 


手すりにカメラを置いて、ここでも長秒露光30秒で撮影してみる。

 

歩き去る人は消え、立ち止まる人は残り、なんだか意味深な写真が出来上がった。

 

 

グランドセントラル駅写真2.jpg

 

 

ニューヨーク! これこそニューヨーク! という気がする。

 

こんなに人が多いのに、洒落た文化が点在、混乱と余裕の混在、誰の目をも楽しませてくれる。

 

 

グランドセントラル駅写真1.jpg

 

 

外観だって美しく撮れる、イエローキャブが良い脇役に。

 

 

グランドセントラル駅写真3.jpg

 

 

明るく撮ろうよ、グランドセントラル駅、ここもニューヨークの撮影スポットだね。

 



ブルックリン橋 夜景写真

大都会の夜景写真撮影をしていると、心が震える。

 

ビル群だけではなく、水の流れがあり、そこに橋がかかっていたりしたら尚更だ。

 

 

ブルックリン橋夜景写真3.jpg

 

 

ニューヨークのマンハッタン、イースト川とブルックリン橋を入れた夜景写真。

 

 

ブルックリン橋夜景写真1.jpg

 

 

自分の好みに合わせ、15-30秒の長秒露光で水の流れをフラットに、彩度を若干下げて。

 

ほら、震えるような一枚が。トップオブザロックからの夜景に匹敵する。

 

 

ブルックリン橋夜景写真4.jpg

 

 

サブウェイの「High Street - Brooklyn Bridge 」駅を出て、Cadman Plaza W/Old Fulton St.を北上。

 

5分ほどでブルックリン・ブリッジ・パークに、そこのピア1、NYCフェリーの桟橋付近が夜景撮影スポット。

 

なんとなく治安が心配になるが、観光地で夜まで人が多いから余程心配はない。

 

 

ブルックリン橋夜景写真2.jpg

 

 

大型三脚を持参しなくても、柱の上にカメラを置けるから手軽に撮れる。

 

もっとも、それだと撮影角度の自由がないから小型三脚を柱の上に乗せると、自由度が増す。

 

 

ブルックリン橋夜景写真5.jpg

 

 

ビルの間から顔を出すブルックリン橋も、ニューヨークならではの写真撮影スポット。

 

Water St.とWashington St.の交差点からがベストかな。

 

 

摩天楼・橋・水の夜景写真、こいつは永遠のテーマ。

 



ワールドトレードセンター跡地 写真

「グランドゼロ」と書くべきなのだろうが、僕にとっては「ワールドトレードセンター跡地」がしっくりくる。

 

20年前にWTC1とWTC2にお逢いした、それが今では柱を失った空っぽの穴だけが。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真2.jpg

 

 

ニューヨーク初日、市内観光に先んじてまずはここを訪れないと、という想い。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真1.jpg

 

 

9.11のその時は葛西の寮でテレビを見ていたな、飛行機が突っ込む瞬間、茫然として映画かと信じた。

 

10:0で一方が悪いとも思わないが、一般市民を標的にするのは悪。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真3.jpg

 

 

隣にできたOculusのデザイン性! スケートリンクのように明るいのね。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真4.jpg

 

 

なんでもない街の一角、煙が出て事件か?と思ったら、ただの賑わいだった。良く似合うよ。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真5.jpg

 

 

ウォール街のフェデラルホールにて、その時代のお祭り。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真6.jpg

 

 

平日はビジネスパーソンが歩き回っているのだろうか、このウォール街を。

 

 

ワールドトレードセンター跡地写真7.jpg

 

 

ニューヨーク証券取引所、ここはまだ金融の世界的中心地か、あれから長い時間が流れましたが。

 





© 2006 - Ken Box