アメリカ カナダ 入国審査

「ミステリーがある。

カナダからアメリカへ飛行機で飛ぶ旅行者が、アメリカについてから入国審査を受けなかった、と言い張っている。

そのくせ、彼のパスポートにはアメリカ入国カードの半券がきちんとホチキス留めされている。

そのカードにはちゃんと今日の日付のアメリカの入国スタンプも押されているじゃないか。

さぁ、どうしてだ?」

 

・・・なによ、その問題。

勉強会って言っていたのに、いきなりクイズ出してどうするのかなぁ。

わたしは何て答えようか迷ってしまうじゃない。

 

「え〜。え〜と。VIPだからアメリカの入国審査は不要だったとか?」

 

「いやいや、そんな特別なケースじゃないよ。

一般人で、記憶喪失でも裏工作をした人でもない。

普通にその日の朝にカナダの空港から飛行機に乗ってアメリカにやってきたばかりなんだ。

カナダの前に滞在していたようなアメリカ再訪問者でもないし。

さぁ、ちょっと難しいかな?」

 

「難しいよ!カナダで出国でしょ。そしてアメリカに着いたら入国審査ってことでしょ。

アメリカの入国審査は最初に着いた空港でやるのだから

アメリカの空港でやっているはずだし。やっぱり分からないよ、ケン」

 

「そうですよね!こんなマニアな問題、分かるはずないですよね!

アメリカとカナダは隣国同士だ。

アメリカはメキシコとも陸続きだけど、経済発展具合がだいぶ違うから

アメリカ・カナダほど密接な関係ではない。

それはね、アメリカとカナダは全く違う国同士だよ。

でも、あんまり難しく考えなくてもいい先進国同士だから

そこには特別入国ルールが結ばれているんだ」

 

 

 


「特別って、カナダだけ?」

 

「そう。カナダからアメリカへ飛行機で入国する人は、カナダの空港でアメリカの入国審査を受けるんだ。

分かるかい?カナダにいながらにしてアメリカに入国してしまう感じだよ。

カナダの空港でチェックインして、次に出国審査を受ける。

その先を歩いてゆくとなんとそこにアメリカの入国審査場があって、アメリカの入国審査官がいるんだ。

カナダの出国審査場を出てから確かにそこはもうカナダではないにしても、

地理的にはカナダの空港内だからね。

やっぱり不思議な感覚だろう?」

 

「不思議〜。カナダの空港でカナダ出国してアメリカ入国して。

で、アメリカの空港に着いたら何するの?何もなし?」

 

「そう。何もない。国内線感覚で到着さ。荷物だけ受け取って出口だね」

 

お話は分かるよ。ルールは分かった。

でも、なんでだろう?どうしてそんなことするのかな。

普通にアメリカの到着空港で入国審査を受けちゃいけないの?

そう言いたそうな表情をわたししていたのかな。

 

ケンがすかさず言葉を入れてくる。

 

「旅子さん、アメリカとカナダはそれでどんな利を得ているって聞きたいんでしょう?

そうだよね、何かあるからやっているんだもんね。

単純なことでね、アメリカの入国審査場っていつも混んでいるでしょ?

隣国のカナダから来る人の大半は何も問題ないカナダ人だし、

地理的にも近いから入国審査官をカナダに派遣してもそう苦ではない。

これでアメリカの空港での混雑が解消できてアメリカはハッピーだし、

カナダ人もアメリカでの長時間の待ち時間を回避してカナダ出国時にスムーズなアメリカ入国審査を受けられる。

互いにメリットがあるからこのアメリカ・カナダ特別ルールをやっているのさ」


ミステリーの答えは合理性だった。

 

そうね、ケンが教えてくれたこの特別入国ルールがあるから、

その人はカナダの出国空港でアメリカの入国審査を受けていた、というわけ。

それはアメリカでは入国審査は受けないよね。もうカナダの空港で受けているのだから。

知らなければなんか本当にミステリー。知ってしまえば当然のことね。

いい勉強になったよ、ケン!

 

アメリカ Lビザ Eビザ

「toko, LビザとEビザの違いが明確に言い当てられるかい?」

ケンにそんな難しい質問をされて、わたしは困った。

 

「ムリです、よく分かりません」

どうせダメだと思って、即答でそうギブアップすると

ケンがにっこりと微笑んでこう言った。

 

「正解!それでいいんです!」

「なにそれ?!からかってるぅ?」

 

ちょっと馬鹿にされたカンジがしてそう反抗すると、

やっぱりケンはマジメな顔で続けてくる。

 

「いや、本当に。LとEはね、僕も実は明確には違いが分からない。

多分誰もはっきり区分けはできないと思うんだ」

「そうは言ってもお客さんにも説明しないと困るでしょ?

じゃぁ、ケンの理解でいいから教えてよ。分かる範囲でいいからさ」

そこまで譲って逆質問すると、ようやくケンが教え始めてくれた。

 

 

アメリカビザ写真4.jpg

 

 

「Lってのは企業内転勤者ビザ、つまり世界中の同グループ内での転勤さ。

転勤だから一時的なものでね、最初は3年のビザ、最長で7年しかない」

「はい。それは分かるんだ。転勤者ね。分かりやすいよ」

 

「Eでしょ、問題は。Eは投資家のビザだよ。

簡単に言うと日本の企業がアメリカに投資をする。

お金を投資して、アメリカに自分の子会社をたてる。

その子会社を育てていくのはもちろん大切だよね。

その過程で、日本の企業なのだから日本人の社員をアメリカに派遣するのは当然だ。

それは投資家としてしっかりと影響力を保ち子会社を経営してゆく、という目的があるね。

この目的のための派遣されるビザをとる人がEビザの申請者なんだ」

 

「うん、そっちも分かった。個々は分かるんだけど、

実際、駐在員を出すときはどう判断すればいいのかな?

転勤っていえば転勤だし、投資っていえば投資。そこが分かんない」

 

「あはは、実は僕も分からないんだ!」

あっさりとケンも言ってのけた。

 

「だからそこを教えてよ!ケンが分からなくちゃ、誰も分からないよ!」

「まぁね。だから曖昧なんだ。LでもEでもいい。

アメリカで役員クラスのトップマネージメントに就く人がEビザであったほうがいいのは、

投資という面からはっきりしているよね。

でも彼らだってLでダメなことはないんだ。

実務担当者はLのほうがいいけど、日本のやり方をアメリカで

ゼッタイに徹底するのが経営の基本、ということだったらEビザとしてでも考えられる。

要は答えはないんだよ、やっぱり」

 

「なるほどねぇ。そこまで考えての答えなしなら納得しました。もういいです」

 

わたしはそれ以上の答えはいらないと思った。

線引きできないものも世の中にはあるよ。

それにこだわっていても、明日が見えてこない。

 

曖昧なものを残すのも、将来に繋がる永遠のミステリーさ。

だからケンも答えを出せないこと、それはそれで正解だと思ってよ。

 

アメリカ入国審査トラブル

「ケン、この前会った客から意外な話を聞いた。

長年この世界にいるわたしでも、まるで始めてのケースでね、

君の耳に入れておいた方がいいと思って」

「それは大歓迎だね、フレディ!聞かせておくれよ」


「日本企業の人事担当者なんだけどね、

従業員が久しぶりのアメリカ出張から帰ってきて相談を受けたみたいなんだ。

アメリカ入国時にパスポート番号がひっかかって、

別室に連れて行って尋問されたらしい」

「ん?パスポート番号が?」

「そうなんだ。まるで信じられないお話だけど、

その従業員のパスポート情報が盗まれて同じパスポート番号で

以前に香港から不正入国したヤツがいたと聞かされたそうなんだ」

「へぇ。そんな話は僕も初耳だな」

 

 

パスポート写真1.jpg

 

 

「そうだろう?パスポートを紛失して、

そのパスポート番号で偽造パスポートが作られて、

それで不法入国されたのなら分かる。

そうじゃなくて、今自分が持っているパスポートはそのままなのに、

パスポートデータだけが盗まれて悪用されたなんて、

どうやらすごい手口のようじゃないか」


「フレディ、それは数十万人に一人のケースかもしれないけど、

一生そのデータがつきまとうってことじゃないか。かわいそうっていうか、不幸だな。

パスポートを更新して次の番号を入手するしかないにしても、

きっと毎回アメリカに入国するときに質問されてしまうのだろう?」


「多分そうなるよ、ケン。移民局や入国審査のデータは精密なものだからね。

こんなケースは二度とないかもしれない。本当にいい迷惑なケースだよ」

「僕のところでは同姓同名の犯罪者がいる、っていう事例があった。

これも不幸だよね、全然関係ないのに、毎回疑いの目で見られる」


「あぁ。どんなにシステムを作り、万全を期したつもりでも例外中の例外、

稀なケースというのはいくらでもある。

それは麦をすくおうとして手のひらから漏れた一粒かもしれないけど、

彼らに対しての救済措置というのも、考えてあげないといけないね」


これはフレドリック・マックスウェル弁護士が、

グッド・フレンドのケンに語ったグチのような、でも結構マジメなお話。

 

アメリカ留学ビザ 滞在費用

ビザの世界ではちゃんと文章に落として申請することが大事だ。

親が子供の留学費用を払うなんて当然だよね、

でもそれはちゃんと親がレターを書いて申請書類として提出しないといけないよ。

だって大使館も仕事だから常識ではかるのではなくて、紙になったものでしか判断できないから。

未成年がアメリカ留学ビザを申請するとき、費用の捻出先を明示することが必要だね。

それは本人名義の銀行の英文残高証明書が一番いいんだけど、

未成年が100万も200万も持っているわけがない。

だから通常は親名義の英文残高証明書とか、給与明細を添付するんだ。

そして、親から大使館に当てたレターを出そう。こんな文章だよ。

自分の子供だからって、親が出すのが常識だ、なんて考えちゃダメだ。

子供が可愛いならちゃんとカタチにしておこう。

 

 

パスポート写真2.jpg

 


Embassy of the United States of America
Nonimmigrant visa section
Tokyo, Japan


Dear Sir/Madam,


I, xxx XXX(father), respectfully guarantee that I will pay

all the necesarry expenses regarding my legal son,

Mr.xxx XXX(son or daughter)'s study in your country.

Also, I will be responsible for all the action of Mr. xxx XXX(son or daughter)

during his/her stay in the United States.

I thank you for your kind consideration of this application

and look forward to your favorable response.


regards,


(sign)


xxx XXX(father)

 

アメリカ留学ビザ 目的

「今から考えるとわたし、よくアメリカ留学ビザ取れたな」

tokoは冗談まじりに笑った。


「だって、あの頃、19とか20の時にビザ面接なんてしたら

わたし、ヘンなこと言っちゃいそうだよ。

面接でビザ却下されてたかも!なんてね〜」


「大丈夫だよ、その年齢の申請者に詳しい目的なんか聞くもんか。

書類とお金があれば問題ないでしょ」

そうは言ったものの、tokoの言う心配事はもっともだと思った。


アメリカ留学ビザ、それはFの学生ビザであれ、

Mの専門学生ビザであれ、Jの交流訪問者ビザであれ、

一番大切な目的を答えられない人が多いのが実情だろう。

 

 

パスポート写真5.jpg

 


「ケン、もちろんただ英語を学びたい、っていう理由だけじゃ弱いんでしょ?」


「弱いよ。日本の英会話スクールに通えばいい、って言われたらもう反論できない」

「そうだよね。なんか他の目的を立てなくちゃダメだよね。


でも実際あの頃なんて特に目的はなかったもん。

お金を出してくれる両親がいて、

新しい世界に飛び込みたかったからアメリカに留学しただけ。

そんな人が多いんじゃないかな」


「そうだね。まぁ9.11以前はそれでよかったけど、

もう留学=自動的にアメリカ、と考える時代じゃないからね。

他の安心な留学先もいくらでもある。


だから、きちんとアメリカに何を学ぶために行くのか、

そしてそれを日本に帰国した後でどう活かすのか、

それを説明しないといけなくなると思うよ、これからの留学ビザ申請者は」


わたしはそう言って言葉を閉じた。


昔は良い時代だったんだ、まだなぁなぁの世界で互いがある程度信用できた。

でも今はもう・・・。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box