真田邸 写真

松代城の真田邸を見て回る。

 

戦国英雄・真田家の栄光に触れてみたい、そんな期待だったが、真田邸を歩いていたら違うものを感じる。

 

ここは日本の美の宝庫だ、派手な武功ではなく、簡素で美しいものが並んでいる。

 

 

真田邸_写真5.jpg

 

 

歴史を考えればそれも当然で、この真田邸は松代藩9代藩主が1864年に建てたという、戦国時代から長い時間が過ぎている。

 

 

真田邸_写真1.jpg

 

 

質素なお部屋と、手入れの行き届いた庭園が合わさったセンスが見事。

 

 

真田邸_写真6.jpg

 

 

まぁ考えれば、この食事だって畳だって当時の高級品か、質素ではなく、贅沢×贅沢のセンスね。

 

 

真田邸_写真2.jpg

 

 

どの角度からも座って見て楽しめるようにデザインされた庭園、何を想う?

 

 

真田邸_写真4.jpg

 

 

海津城から出発する川中島トレイルランニングの前に立ち寄った真田邸の写真。

 

 

真田邸_写真3.jpg

 

 

美しいものを見つけた、日本の伝統、僕が憧れてやまない先人たちのセンス。

 



海津城 写真

海津城、僕にとっては海津城、決して松代城ではなく。

 

川中島トレイルランニングをする僕は、海津城から走り出す。

 

武田軍別働隊が啄木鳥戦法で妻女山の上杉軍へ攻めかかるように。

 

 

海津城1.jpg

 

 

昔はもっと千曲川沿いにあったという海津城、天然の堀を利用した鉄壁の守りだったのだろう。

 

 

海津城4.jpg

 

 

本丸跡に登ると八幡原も妻女山方面も見渡すことができる、これが武田信玄が見ていた景色に近いものか。

 

 

海津城3.jpg

 

 

今では血の匂いもせず、ただの美しいお城の芸術、桜の名所でもある海津城。

 

 

海津城2.jpg

 

 

真田信之から続いた真田松代藩10万石では、松代城という名前で真田氏の居城となった。

 

 

海津城5.jpg

 

 

それでも僕にとっては海津城、ここから深夜に出陣していった武田別動隊のことを思い浮かべながら。

 



御射鹿池 画像

輪郭は浮かび上がってきたばかり、まだ何も手にしていない。

 

 

御射鹿池_画像1.jpg

 

 

早朝の御射鹿池の画像は淡い気配を泳がせていた。

 

その様に思わず引き寄せられ、僕は水面を渡る。

 

正直になった心が思い返していたのは古い恋、鏡の水に映ってきた鮮やかな姿形の人。

 

 

御射鹿池_画像2.jpg

 

 

早く若い二人だったから、心の底まで御射鹿池に透けていたのでしょう。

 

何は無くても、分かり合って、互いの想いをぶつけ合った。

 

技のない青い時代に、どうして、どうしてそんな眩しい閃光が。

 

 

御射鹿池_画像3.jpg

 


誤って割れると立ち消え、その後に出た陽の明るさに存在が流れた。

 

始まりの前、恵みの霧、悔やんでも戻ることのない新緑の御射鹿池。

 

死ぬまでに、もう一度だけ逢いたい気持ち。

 

美しい追憶から顔を上げ、日中の道を走ろうとする、心乱れたままで。

 



中華街 山下公園 写真

もう何年ぶりだか計算できない、15年ぶりぐらいかなぁ。

前回、横浜・元町の中華街と山下公園を歩いた若い頃に戻りたいような、今が充実しているから戻りたくない気持ちも。


中華街_山下公園_写真1.jpg


関帝廟に来たのは初めてで間違いない、商売の神・関羽が祭られた場所ね。


中華街_山下公園_写真2.jpg


中華街で買ったお気に入りの丸テーブルと高椅子は今も使っている、友達と来た食べ放題、デートの思い出も多い。


中華街_山下公園_写真3.jpg


仕事で寄った横浜公園・港の見える丘公園・横浜元町も近い。


中華街_山下公園_写真4.jpg


世界の、日本の中華街を見たけど、横浜元町の中華街は規模が飛び抜けていると今更ながら実感。


中華街_山下公園_写真5.jpg


山下公園へと歩く、開放的な気分にさせてくれる港一帯ね。


中華街_山下公園_写真6.jpg


横浜みなとみらいの夜景は別格だが、昼間の横浜の明るさは最高よ、この季節によるところもあるだろうけど。


中華街_山下公園_写真7.jpg


次に中華街・山下公園辺りを訪れるのは10年以上未来のことだと思う、先が読めない。


中華街_山下公園_写真8.jpg


お花畑でウチの子は駆けまわる、夕方近くになってきて光もやや薄れた光の加減もあって、素敵なシーンだった。
 




© 2006 - Ken Box