次の冒険目標を定める

身軽な単身赴任もあと半年、仕事はここから落ち着くはず。

 

だから、次の冒険目標を定めた。

 

 

次の冒険目標を定める3.jpg

 

 

いつか写真に撮りたい、と思っていた郊外のファームを撮りに回った。美しいものは幾つか探し当てた。

 

1年間生活して自分の行動範囲を広げてきた、だいぶローカルに強くなったが次は別の分野に焦点を。

 

 

次の冒険目標を定める2.jpg

 

 

チック・コリアのピアノを聞きにニューヨークまで行けるかな。ベースボール観戦でシンシナティへ。

 

メンフィスでロックンロールと、ニューオリンズでジャズ。紅葉のグレートスモーキーマウンテン。

 

ノースカロライナのシマシマ灯台、忘れちゃいけないニューヨークの夜景を撮らないと。

 

 

次の冒険目標を定める1.jpg

 

 

寒くなる前に、触れ合いたい本物への元へ走ろうよ、僕に残された好機も限られているはずだから。

 

 

次の冒険目標を定める4.jpg

 

 

今日からもっと落ち込むかと思ったら、美を写真に封印できたからか、心は割合晴れやかに。

 

D850と28mm f/1.4Eを携えて、明るく行こうよ、迷わずに行こうよ、ケン。

 

僕にできる最高のGift

「陽気な奴でも聴こうよ」

 

どこからか、御手洗潔の声が聞こえた。

 

最終出社日を前にして、やるせない想いを振りほどこうと公園を走る。

 

「陽気な奴」は布袋寅泰の「COME RAIN, COME SHINE」にした。

 


最近の身体コントロールの成果がとても出ていた日。

 

気持ちの高ぶりが後押しして、「COME RAIN, COME SHINE」とずっと唱えながら

 

心地良いペースでCrazyのように走り続けることができた。最近ではBest Runだ。

 

君に光あれ! そして僕も陽気に行こうよ!

 

 

僕ができる最高のGift2.jpg

 

 

また勇気を出して美人撮影に誘ったら受けてくれてありがとう。

 

光を読みながら、なんとかピントを合わせて撮ったカフェ。

 

その一瞬の美しさは僕のもの。胸を湿らす画が撮れた。

 


キーンランド並木での初撮影を忘れない。

 

心が震える嬉しさってなかなかないよ。

 

編集して出来栄えに納得がいく一枚を目にした時の感動、僕は思わず「嬉しい」と呟いた。

 

「嬉しくて、嬉しくて、言葉にできない」って歌詞の通り。

 

うだうだ悩んで写真を言い出せなかった自分が馬鹿みたい。

 

 

僕ができる最高のGift1.jpg

 


あなたのお陰でバーボンが飲めるようになった気がする、遠ざかる悪夢を隠すために。

 

美しい物語を書けたみたいで、こんなに嬉しいことはない。

 

去り行く同僚へ、僕にできる最高のGift。

 

早い心理的時間

早く過ぎ去ってしまった時間は、本当に楽しかった証し。

 

日本から素敵なゲストが来て、みんなでワイワイ騒いだ幸せな時間。

 


楽しさに夢中になら時間の経過に意識が届かず、早く感じる。

 

退屈だらけで時間の経過を心待ちにしていると、遅く感じる。

 

 

 


このメンバーが集う奇跡の今を楽しめた光栄の時。

 

後悔はないよ、最高の今を発揮することができた。

 

 

勝負かけて写真を誘ってみたら、なんとかなった夢の実現。

 

叶えたい夢を叶えていくことに使いたい、これからの時間。

 

 

 

 

色々な肉を食べた、工場見学、袋を投げた、カラフルなアイス。

 

大量のお菓子、詰め込んだ打ち合わせ、お揃いのトートバッグ。

 


心からの感謝を込めて、来週は本気撮影して差し上げよう。

 

どんな作品になるのか、いつになく緊張して心が定まらない。

 

傷口の延命措置

食事制限と運動を続けていたら、62.2kgに返り咲き。

 

素直な身体だ、この体重なら惚れ惚れするぐらいのスピードで走り続けられる。

 

 

傷口の延命措置1.jpg

 


傷口の延命措置があった。

 

2週間程度だが、心が軽くなったような、いっそ早く新しいモードに突入したいような、

 

いいや、本心は嬉しくてたまらないのだろうな、俺。

 

 

傷口の延命措置3.jpg

 


4週も芝生を伸ばすと駄目ね、刈るとダマダマができて美しくない。

 

9月末からの一時帰国が楽しみだ、家族に会いたい心。

 

一年間の長い旅だった、未知の体験が山ほどできて自分が3周り大きくなったのを感じる。

 


人生2回目のインロックをしてしまい、土曜日の朝から相当パニックに。

 

鍵屋さんが来てくれ一瞬で開く、$80の勉強代。

 

 

傷口の延命措置2.jpg

 


夢に一歩近づいたのに、好機を逸してしまった。

 

昔から何も変わっていない。

 

槇原敬之さんバージョンの「真夏の夜の夢」を感動して聞きながら

 

もう1歩踏み込んでみることに心を決めた、これもひとつの愛のカタチ。

 

 





© 2006 - Ken Box