最近はアクセス数の亡者

Seki Korean RestaurantでBulgogiを食べる、前菜小鉢(バンチャン)のキレイさが目に留まった。

ドーナツ店に行ったらドーナツがないと言われる、BBQの店ではリブがないと言われる。

 

2週続けてのポッタリバーンキッズ&ブルーグラスアウトレット、

19才の頃には手が届かなかったバナリパの服を買うと、ちょっと背伸びした感じ。

そんな小心ではいけないのに、そのぐらいの制御も必要か。

 

 

最近はアクセス数の亡者2.jpg

 

 

レキシントン・ダウンタウンの夜景撮影も何回目か、もう極点に達した感じ。

違う撮影場所を求めないといけない、何かを変えないといけない。

 

日本から若者出張者が来て、フルアテンドしてあげる、若者には頑張って欲しいから。

自分がハノーバー、ジュネーブ、香港に出張した時を思い出した。

あの時は自分が周囲に勉強させてもらった、今はそれを自分が後輩にしてあげられる。

 

 

最近はアクセス数の亡者1.jpg

 

 

セールスのツールを、自分が満足いくまで、ようやく引き上げられた。

毎日10回はがっかりさせられるセンスのなさに呆れてモノも言えない。

若者とのお肉パーティーの後、節制して、RUNして、ようやく63kg台に。

レイナとトランプで大貧民、なかなか頭の良い子だな。


つまりはアクセス数の亡者となり、ららぽーと東郷コストコ守山土岐イオンを完成させた。

芝生を増やすために芝生の種をバラ撒き、除草剤も投入した、果たして効果は出るのか。

ここしばらく毎日定時で帰れている、なんて贅沢なことだ。

 

写真 シェーカービレッジ

風景写真ばっかり撮っていたけど、ヒロインがいると俄然、精彩を放つのもカメラ。

 

プレザントヒル・シェーカービレッジでのモデル撮り、ウチの子6才。

 

 

写真シェーカービレッジ4.jpg

 

 

窓から見える緑を建物の素朴さを狙ったら、ついでにモデルさんが良い形で入り込んできてくれた。

 

 

写真シェーカービレッジ3.jpg

 

 

6才になり、写真モデルも慣れてきたから、パパが言う通りにしてくれない、すぐに自分なりのアレンジ加えて崩す。

 

 

写真シェーカービレッジ5.jpg

 

 

それでも君と奥さんと、3人でシェーカービレッジを歩けた思い出、近いけどもう遠い記憶を思わせる写真。

 

 

写真シェーカービレッジ2.jpg

 

 

シェーカーさんたちの生活スタイルと、白いシンプルなドレスの相性が良かった。

 

 

写真シェーカービレッジ1.jpg

 

 

シェーカービレッジでこんな素敵なモデルさんとの撮影タイム、まぁ、他の誰にもできない機会に恵まれた僕か。

 

ポッタリバーンキッズ

モノなら日本が常にベターだ、という思い込みを覆される傑作がたまにある。

 

子供向けのインテリアや雑貨、ポッタリバーンキッズにはビックリさせてもらったよ。

 

 

ポッタリバーンキッズ3.jpg

 

 

淡い感じ、可愛くて、優しくて、面白くて。このバランス感は日本文化には発想できない。

 

 

ポッタリバーンキッズ4.jpg

 

 

全米に幾つかあるポッタリバーンキッズ路面店に入ったら、パパでもテンション上がったな。

 

 

ポッタリバーンキッズ5.jpg

 

 

ポタリバーンじゃなくて、ポタリバーンなのね、Pottery=陶器・焼物。言葉はどうでもいいか。

 

 

ポッタリバーンキッズ1.jpg

 

 

これはアメリカならではの本物だと感じた、その感動をここに残しておこう。

 

 

ポッタリバーンキッズ2.jpg

 

 

ウチの娘、奥さんのハマりようときたらハンパない、Crazy for Pottery Barn Kids。

 

D850 多重露光 比較明合成

写真を何枚か撮影して、共通の暗い部分は残し、各々の明るいところ、キレイなところだけを一枚の写真に集める。

 

そんな発想、カメラが手元になかったら、肉眼だけで景色を見ていたらまるでたどり着くアイディアではないよね。

 

NIKON D850なら、そんな多重露光・比較明合成がカメラ内のボタン選択だけで手軽にできてしまう。

 

 

D850_多重露光_比較明合成01.jpg

 

 

長秒露光は30秒ずっとひとつなぎにレンズは目の前を捉える。

 

多重露光・比較明合成は5秒映して、一呼吸して、また5秒映して、

 

と設定回数と時間次第だが細切れに撮影したのを合成することだ。

 

瞬きをしないでじーっと見るのと、瞬きをしながらずーっと見るのの違い。

 

 

D850_多重露光_比較明合成03.jpg

 

 

その差異が写真作品にどんな効果をもたらすか、加えてその双方をどう使い分けて意図的に撮るか。

 

僕にはそんな技術力ない、そこまで使いこなせる人ではない。

 

偶然に委ねてシャッフルに設定を変え、気分のまま、比較明合成をするのみだよ。

 

数十分も多重露光・比較明合成をしていたら明るいものが集まり過ぎてしまうが、

 

僕のルーティン、1−2分間の撮影なら長秒露光との差は目に見えない。

 


NIKON D850の静止画撮影メニューから

 

>多重露光>多重露光モードをON>コマ数を選択>合成モードをLIGHT 比較明合成 に。

 

ライブビューモードでの撮影はできないから、ファインダーモードにして、あとは三脚に固定したD850に任せれば

 

僕の想像力をずっと超える美しい絵を描いてくれる。

 

 

D850_多重露光_比較明合成02.jpg

 

 

奇才だなぁ、多重露光・比較明合成。

 

僕はD850という静体に操られている動体なだけさ。

 

俺様が思いのままにD850というクリエーターをコントロールしているなんて思い上がりはやめにしている。

 

力まず、意図的には多くを望まず、D850の多重露光・比較明合成に託してみよう。

 

アイツは俺よりずっと優秀。

 

ワイルドエッグス レキシントン

ケンタッキーや隣州に幾つかあるお店・ワイルドエッグス(WILD eggs)でブランチ。

 

子供を補習校に連れて行ったあとの夫婦自由時間、そんな遊び方。

 

美味しい、味が濃くて凄い美味しい、その道の達人には違いないと思ったワイルドエッグス。

 

その昔、食べ歩きしたお店の写真をブログに載せていたなぁ。

 

 

ワイルドエッグス_レキシントン1.jpg

 

 

ポッタリバーンキッズからのアウトレット、昔に憧れたバナナリパブリックでお買い物。

 

先週は運動会で、一緒にデカパンリレー。

 

現地校も順調みたい、先生から「幼稚園卒園して数か月なのにちゃんとお勉強できてるー」と褒められる。

 

楽しい生活に体重が減らない、多少のベテランズパークRUNでは整わないようだ。

 

 

ワイルドエッグス_レキシントン2.jpg

 

ケンタッキーのグランドキャニオン・ナチュラルブリッジに連れていったのに不評、リフトも暑さもダメだと。

 

ナイアガラの滝には行きたくないと言われてショック、夏の旅行はどこへ行けばいいんだろう。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box