Francis Case Memorial Bridge

フランシス・ケース・メモリアル・ブリッジ(Francis Case Memorial Bridge)との出逢いは突然だった。

 

夜景写真撮影のため、車でグルグルとワシントンDCの有名スポットを回っていた時。

ワシントンDCワーフを撮り終え、トーマス・ジェファーソン・メモリアル方向へ車を走らせると、思わずブレーキ!

 

 

FrancisCaseBrg3.jpg

 

 

紫に怪しく照らし出された橋脚、カメラマンの興味心が疼く、暗く人通りの少ない場所でも車を降りて、三脚を立てる。

 

 

FrancisCaseBrg2.jpg

 

 

ちょうど、フランシス・ケース・メモリアル・ブリッジの橋の真下、中央分離帯に車を停めればいざという時も逃げれる。

治安面の恐怖心に勝る、傑作写真が撮れた。ハイリスク・ハイリターンって奴か。

 

 

FrancisCaseBrg1.jpg

 

 

同じ趣味のカメラマンが1人、きっと互いビビりながらSay Helloして、NIKONトークを交わす。

ありがとう、あなたがいてくれたお蔭で逃げ出さずにすんだ。

 

 

FrancisCaseBrg4.jpg

 

 

翌夜は濃い霧が出ていて、再訪するとまたミステリアスな写真が撮れた。

その先に歩いて行けそうな。

 

 

FrancisCaseBrg5.jpg

 

 

私にとっては、きっと生涯忘れることのないベスト・オブ・ベスト夜景撮影体験となった。

ガイドブックには載ることのないワシントンDCの穴場写真スポット。

車と勇気があるカメラマンさん、どうぞお試しあれ。

 

コメント
コメントする




© 2006 - Ken Box