ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

岡崎本宿アウトレット 戦国時代テーマ、三河の独自色でオープン

投稿日:2018年10月1日 更新日:




岡崎本宿 ”戦国” アウトレットと呼ばれるまで、個性を振り切って欲しい。

独自色を打ち出す土壌が、愛知県岡崎市にはある。

家康行列だ。

 

毎年、桜開花の時期に行われるこの時代絵巻パレードは、圧巻の本物。

戦国時代の甲冑を着けた侍たちや、華やかな衣装をまとった姫君たちのパレードが家康行列。

名前の通り、主役は徳川家康公(岡崎城内で生誕)だ。

岡崎城、徳川四天王、鉄砲隊、出世大名・家康くん、グレート家康公「葵」武将隊。

地元・岡崎の人々が企画・運営・出演する、ローカル催し物だが、規模は大きく、内容も濃い。

話題が岡崎本宿アウトレットから外れてしまった、外れているようだが、実は外れていない。

 

岡崎本宿アウトレット
アメリカにあるアウトレットの光景

 

既に中部地方には、強力なアウトレットが2店舗も昔から根付いているから、

個性のないアウトレットを岡崎市本宿に引っ張ってきても、

オープン当初は物珍しさで人は呼べたとして、長中期的には廃れてしまうのではないか、

という懸念からこうした自論を書いている。

 

中部地方のアウトレット概略

ジャズドリーム長島
 三井アウトレットパーク
2002年3月のオープンから
数度にわたり拡張
300店舗以上
日本最大級のアウトレット
土岐プレミアム・アウトレット
 三菱地所・サイモン
2005年3月のオープンから
数度にわたり拡張
180店舗以上
岡崎本宿アウトレット
 三井アウトレットパーク
オープン時期は不明さぁ、どう特徴を出す?

上記のアウトレット概略表を見れば、僕は若干の恐怖さえ感じてしまう。

強い、既存のジャズドリーム長島・土岐プレミアム・アウトレットは強い。

規模といい、歴史といい、場所といい、盤石過ぎる。

更には、ジャズドリーム長島と岡崎本宿アウトレットは同じ三井アウトレットパークなのだから、

三井不動産同士がライバルになるわけでもないし、どう共栄共存すればいい?

 

さて、岡崎本宿アウトレットの個性のこと。

お買い物中に家康公のお散歩タイムに出合うかも?

警備員は甲冑着用で見回りしている?

店員さんが何故か着物姿で接客する

 

あなたが岡崎本宿アウトレットでショッピングをしていると、

道で武士姿の人と普通にすれ違う。

毎日2回の武将隊パレードを見ようと、

岡崎本宿アウトレットのメインロードに多くの人が集まる。

 

どれも岡崎市本宿では日常だ。

だって、岡崎城下にあるアウトレットなのだから。

 

戦国時代村と現代のアウトレットの融合。

とにかくSNS映えが目立って有名になり、

岡崎本宿アウトレットで撮られた画像がツイッターやインスタグラムで拡散される。

ショッピングは楽しみ、戦国プレイもまた楽しみ。

 

岡崎アウトレット.jpg

家康行列でのパレード、本物の時代色が強い

 

もっと色濃い戦国時代モノに突き進めないか。

市区町村の垣根があり難しいかもしれないが、近隣の戦国名所と協業できないだろうか。

桶狭間の戦い跡地のある、名古屋市緑区と豊明市。

長篠(設楽が原)・長篠城のある、新城市。

どちらも織田信長が主役の戦場跡だな・・・ちと縁遠いか。

 

徳川家康がメインで煌めく岡崎本宿アウトレットになって欲しい。

葵のご紋が入った三井不動産のクレジットカード?

葵のご紋のショッピングバッグ?

 

責任なく言うだけならば、なんぼでも妄想が書けるのが岡崎本宿アウトレット

素材に恵まれているってことさ、岡崎市には内外にアピールできる楽しい要素がある。

 

1月31日の徳川家康公誕生日は、家康バースデーセール日がある?

岡崎城の天守閣(歴史資料館)の入館券で、●%割引が受けられる?

岡崎市内観光名所スタンプラリー完結者は、●%割引が受けられる?

 

それなら中途半端にエコとかオシャレさとか未来性に足を踏み込んでもらうのではなく、

いっそ他所が追随できないような戦国時代にどっぷり使ったテーマを掲げないか。

 

・甲冑のアウトレット店、なんと市価の3割引で販売します!
・当店でお買い上げの槍に限り、年1回無料の穂先研ぎがあります!
・毎月31日は和服を着た人しか入場できません!

愛知県岡崎市本宿(○もとじゅく ×ほんじゅく)基本データ

オープン日全く未定!
場所名鉄本宿駅近く
新東名・岡崎東ICからまぁまぁ近い
東名・東名音羽ICからまぁまぁ近い
国道1号線(東海道)沿いの用地
事業主三井不動産
 日本の最大手で安心だが
 ジャズドリーム長島と同じ事業主

 

岡崎本宿アウトレットに関するこれまでの動き

2016年三井不動産が岡崎市に、アウトレットモールの進出構想を伝える
2017年岡崎市が調査費の予算1,200万円をつける
2018年岡崎市に地域創生課ができ、アウトレット担当と明記される
2019年進展なし
2020年(神のみぞ知る)

 

アウトレットと戦国時代って、幸せと不幸、静と動、女性と男性の

イメージが相反して困難もあるだろうが、没個性にはなるはずもない。

日本中にたったひとつ、戦国時代アウトレットは岡崎本宿で。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑を輩出した愛知県(尾張・三河)ならではの個性を持つことができる。

 

オープン日がいつになるか、本当に開業できるのか、先はまだ深い霧の中。

それでも僕は、唯一無二の岡崎本宿アウトレットを夢見ているよ。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.