岡崎アウトレット

岡崎「戦国」アウトレットと呼ばれるまで振り切って欲しい。


独自色を打ち出す土壌が岡崎市にはある。
家康行列だ。


毎年、桜開花の時期に行われるこの時代絵巻パレードは、圧巻の本物。
岡崎城、出世大名・家康くん、グレート家康公「葵」武将隊。


あなたが岡崎アウトレットでショッピングをしていると、道で普通に武士姿の人とすれ違う。
毎日2回の武将隊パレードを見ようと、多くの人が集まる。


戦国時代村と現代のアウトレットの融合。
とにかくSNS映えが目立って有名になり、岡崎アウトレットで撮られた画像が拡散される。

 

 

岡崎アウトレット.jpg

 

 

市区町村の垣根があり難しいかもしれないが、近隣の戦国名所と協業できないか。


桶狭間の戦いのある名古屋市緑区/豊明市。
長篠(設楽が原)・長篠城のある新城市。
でもどちらも織田信長主役の戦場跡だな・・・ちと縁遠いか。

 

 

徳川家康がメインで煌めく岡崎アウトレットになって欲しい。
葵のご紋が入った三井のクレジットカード? 葵のご紋のショッピングバッグ?

 

責任なく言うだけならば、なんぼでもこうして妄想が書けるのが岡崎アウトレット。
素材に恵まれているってことさ、岡崎市には内外にアピールできる要素がある。

 

それなら中途半端にエコとかオシャレさとか未来性に足を踏み込んでもらうのではなく、
いっそ他所が追随できないような戦国時代にどっぷり使ったテーマを掲げないか。


アウトレットと戦国時代って、幸せと不幸、静と動、女性と男性のイメージが相反して困難もあるだろうが、

没個性にはなるはずもない、唯一無二の岡崎アウトレットを夢見れる。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box