道の駅 東郷町 ららぽーと

根性論・博打の要素が色濃いとお見受けした。
東郷町の「道の駅」構想、国道153号線沿いに計画が立ち上がっている。
前町長の代に整備した道の駅検討書、前町長のコメントには勇ましい言葉が。

 

 

・今、一気に活性化しないと、東郷町は人口減少で今後DOWN↓DOWN↓DOWN↓
・2020年、東京オリンピックの時に・・・
ららぽーと東郷以外にも、目玉を

 

 

企画書の筋は良い、東郷町が置かれた環境は分かる。
人口43,000人、高齢化、土地の1/3は自然、鉄道駅のない東郷。
153号線は1日に43千台の交通量、57号線は34千台。
商業施設が少なく、小売吸引力は長久手市の1/3、みよし市の半分、日進市よりも少。
市内での買い物率は長久手市・みよし市の1/3、日進市の半分。ららぽーと東郷誘致前で。

 

商圏人口210万人は解釈の都合が良すぎ。
「道の駅」構想を、隣の日進市・豊明市も持っているって?!
建設コストで8-10億円?

 

 

道の駅東郷町ららぽーと.jpg

 

 

ららぽーと東郷のオープンを熱望する私、東郷町への期待度は高い。
しかし、ビジネスとして「道の駅・東郷町」を考えると、踏み込みができない。

検討書に収支計画がないことが最大のネガティブポイント。


この規模の道の駅ならば、環境が似た他の道の駅○○と同等の収支が見込める、
もしくは交通量が1.5倍であることを考えると、収益は1.2倍が予想でき、
運営コストはほぼ一緒の見込みであるから、年間では○○千万円の黒字の予想。

 

そういった、お金の帳尻の情報がないのだ。
いいや、きっと前町長はじめ関係者内にはあると信じたいのだが、
それが公開されていないから、1町民には黒字か赤字かがまったく暗闇の中。
その状況で賛同を求められても、博打するしか賛否の残量がない。

 

都会のオアシスをコンセプトに掲げた「道の駅・東郷町」。
8-10億円の初期投資を回収できる道筋が示されていない。
ららぽーと東郷と道の駅東郷が双璧、に見えるが棲み分けは見えず。

 

採算は知らないが、とにかく今やらないとダメなのだ、という今すぐ論?
赤字が出ても町民からの税金で補填すればよい、という大博打?

失敗して、運営費が毎年の東郷町予算の足を引っ張ったとしても、誰も責任を取らなくてもよい?


勝率8割の見込みが立つのなら出たところ勝負に賭けてもよいが、「道の駅・東郷町」には勝率5割も見えない。
ノー判断材料だ、それはフェアな取引ではないな。

先は誰にも分からないし、収支予想は公開しないけど、東京オリンピックの今にしかけるんだ、

だから東郷町民のみんな、ららぽーと東郷のように賛成してくれい!

 

・・・やっぱりダメだ。
どうしても手を挙げれない。


井俣新市長が掲げる道の駅構想見直し計画に期待したいと思う。
ららぽーと東郷のオープンは心待ちにするが、もう1つの東郷町の目玉には手を伸ばそうとは感じない。

 

商業施設としての道の駅ではなく、地元貢献の目的もあるところが中途半端。
最低条件は、継続的な黒字化であって、東郷町の税収をマイナスしないこと。

 

ネガティブなお話になってしまった。
収支計画さえ見せてくれれば、また違うお話になるそうだよ、道の駅東郷のこと。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box