詩的に、高品質で。

四隅のケラレに浮かび上がる夢

投稿日:2018年9月27日 更新日:




自分の夢に驚くことはある。
ただね、この朝ほどの嬉しい目覚めは、数え切れるぐらい。

 

外地から戻って、まさかの再会、滅多にしない無理なお誘いをして、時間を引き延ばすことに成功。
嬉しかった、それは嬉しかった。
夢の中で自分の胸が弾んでいたことを覚えている。

 

 

四隅のケラレに浮かび上がる夢

 

 

オハイオの橋を渡って、あなたの誕生日まで。
四隅にケラレが出たことで、なんだか夢の中から浮かび上がってきたような景色。

 

もう一度目を閉じて、思い出そうとしてみる。
よみがえってくる場面は、もうない。
9月の霧の中に溶けていってしまった。

そっとカメラをしまい、いくらかの躊躇をまだ引きずられながら、僕はその場を後にした。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.