[青]〜未来の車のカラーデザインなら

未来の車のカラーデザインを考える上で、効果的な試み。
今日はゴレンジャーのみなさまに集まってもらった。


赤・青・黄・緑・桃と5色様々なヒーロー/ヒロインたち。
そろってポーズをとってもらうと色彩美に自然と拍手が出た。


突き詰めるところ、この5色からの選択になる。
わたしは人差し指で顎をなぞり、考えを深めていく。
どの色が未来の車のイメージに相応しいの?

 

 

未来の車のカラーデザイン1.jpg

 


考慮すべきポイントはシンプル。
未来の車は人工知能によって自動運転がされ、事故が起こらない安全装置、
人間の感覚という不確かなものに支配されず、コンピューターが取り仕切る世界。
なんていうか、知的で冷静な印象になるでしょう。

夕べ、レモンティーを飲みながら読んでいた色彩学の本からのメモをたどる。

 

 

熱意、強さ、危険
冷静、知性、誠実
幸福、新味、幼稚
自然、平和、安全
優美、幸せ、色気

 

 

あぁ。
本当はゴレンジャーに逢わなくてももう答えが出ていたの。
青、冷静と知性に誠実まで備えている。
絶対に交通事故を起こさないのが最大の美になる未来の車なら、青でしょう。

 

 

 神秘、感性、官能
清潔、正義、完璧
重圧、高級、絶望
豪華、高級、成功
上質、高級、洗練

 

 

わたしの目はアオ・レンジャーに釘付けだった。
安定している。
知性そのもの、裏切られる予感がしない、人当たりも爽やか。
難をあげるのなら、セックスアピールを感じないこと。

 

その点だけ、赤に購買欲や肉食性、性欲による販売力を感じるが、あれは獣だ。
未来の車が興奮したり、感情的になってはダメだもん。

 

 

未来の車のカラーデザイン2.jpg

 

 

こうして未来の車のカラーデザインの中心は1つに絞り込まれる。
大袈裟に書かなくても、誰もが分かっていたことかしら。
ベースが青になって、あとは派生形でどう他の色と重ねるか。

 

高品質・技術力の高さということでは、未来の車は日本文化に近い。
日本伝統色である、薄花色・青白磁色・水色ら、薄い系統の青が表に出るのかな

 

それってガラパゴスな日本だけかな、欧米文化においては青色の未来の車は地味すぎ?
アジアにおいては未来の車は知的で冷静な青が主役になるとわたしは信じる。

 

ごめんなさいね、ゴレンジャーさんたち。
懐かしくて逢いたかったから、カラーデザインに理由付けて、来てもらった感じ。
5つの色のメジャー化において、レンジャーもののご活躍は確かなものだったよ!

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box