カナダ→アメリカ 陸路(車)再入国

アメリカからナイアガラの滝でカナダへ陸路入国して、トロントを遊んで、デトロイトからアメリカへ再入国する。

何が緊張するって、車での国境越えということ、日本育ちの僕にとっては常識外の入国方法。

だから、アメリカ入国はこちら、のサインを見ては心の中で怯えていた、それも仕方ない。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国1.jpg

 

 

ナイアガラの滝の後、トロントからオンタリオ州を西へ横断して、ウィンザーからデトロイトへ入る。

多くの外国人、日本人が通ったアメリカ入国審査の道なのだろうが、初体験の僕には壁高いっ。

ウェブ上であれこれと検索して体験談を読んでいた、そんな僕だから、自分の記憶をここに残しておく。

あなたの役に立つように、あなたが緊張してアメリカ再入国できるように。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国2.jpg

 

 

時刻は夕方5時という帰国ラッシュだったから、反対車線のアメリカ→カナダの入国審査待ちはかなりのもの。

ということは朝はこの逆なのだろう。カナダに住み、アメリカで働く方々。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国3.jpg

 

 

アンバサダーブリッジの入国待ち車列を見て、恐怖感が増していく僕、いいえ、きっと再入国なんて簡単なはずなのに。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国4.jpg

 

 

これも只の通行料金支払い窓口にしか見えないが、あれが僕をビビらせるアメリカ入国審査兼税関検査。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国5.jpg

 

 

大人しく前の車が終わるのを待つ、サングラスを外して、パスポートを手に、行儀のよい僕だ。

僕の直前で夕方5時ぴったりなったから、ボックスの入国審査官が入れ替わる、夜勤開始の1番目か。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国6.jpg

 

 

OPENの下の信号が緑に変わると、ゆっくりブースまで前に出てパスポートを手渡しながら「再入国(Re-Entry)」と言う僕。

 

「どこに行っていたの?」 → ナイアガラの滝とトロントに観光です

「どこに住んでいるの?」 → ケンタッキー州です

「植物持っているかい?」 → ありません (僕の前の車はプランターを没収されていた。この質問か!)

 

真面目に答える僕をみて、悪人じゃないねーと感じてくれたのか、すんなり通してくれた入国審査官。

それはアメリカ就労ビザ持っているし、子連れなのだから何もやましい点がないどころか、微笑ましい家族なのだが。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国7.jpg

 

 

入国審査を過ぎると、すぐ次には橋の通行料金徴収のブースがあって、クレジットカードでお支払い。

そして、↑の写真のようにミシガン州デトロイトがウェルカムしてくれた。

パスポートを見せるだけのアメリカ陸路での再入国でした、簡単だったが、心理的ハードルは日本人には高い。

 

車でカナダ入国をして、同じく車でアメリカ再入国をした自分が、なんだかちょっと頼もしく思えた。

 



コメント
こんな風にお気軽に出入りできるのね〜(◎_◎;)
日本じゃ考えられない感じ!
ぶっちゃけ、日本国のパスポートだから、だと思います。就労ビザがあれば全然問題ないでしょうね。

私はメイン州に住んでたので、カナダは目と鼻の先みたいなもんでしたから、それ3度やってます。

「カナダ入国目的は?」
「朝ごはんです」

ってうそのようなホントの会話もありました。

あとアラスカクルーズでは港で出国・入国ってのやってます。

でも全部グリーンカードとってからの話なので、それで楽だったのかもしれませんけどね。

てか、カナダで鉢植えのお花を買って入国しようとした、のぽぽーんな方がいたんですね、実際…ありえない。
コメントする


© 2006 - Ken Box