アメリカ→カナダ 陸路(車)入国

どうせ難しいことはない、気を張る必要はない、と分かっていても、

島国で生まれ育った私には、アメリカからカナダへ陸路入国(車運転)する、ということだけで

かなりの冒険気分になっていた、ネットで体験談を検索しまくって情報集めに余念がなかった。

 

そんな自分の経験を、こうしてブログに残しておこう、これから同じことをされる方のために。

 

 

カナダ陸路車入国1.jpg

 

 

ナイアガラの滝へ車で観光旅行、ニューヨーク州バッファロー市内からピース橋を越えてカナダ入国。

Google Mapを信じて、誘導されるがままに進んでいくと、まずは右手に免税店が現れる。

ただし、カナダ入国の心構えに必死でDUTY FREEの看板へ向かう余裕などこれっぽっちもない。

 

 

カナダ陸路車入国2.jpg

 

 

普通に大河を橋で越える気配だ、あの橋を超えたらラスボスが現れるのではないかと唾をのむ想い。

 

 

カナダ陸路車入国3.jpg

 

 

橋の真ん中にはカナダ・アメリカの国旗が、そこからカナダ側の道はクイーンエリザベスウェイという名前。

 

 

カナダ陸路車入国4.jpg

 

 

来た。

高速料金所のように見えて、そうではない、あれこそがカナダ入国審査だ。見かけはラフなのに、心は緊張。

 

 

カナダ陸路車入国5.jpg

 

 

これがドライブスルー入国審査だ!

前の車がブースから去ったら、ゆっくり目にブース横まで進み、以下の手順をした。

 

 ̄薪樟覆料襪魍けて、全員分のパスポートを手渡す。

 「合計何人?後ろの席の窓を下ろして」と言われて、慌てて後ろのウィンドウを下げる。

 ウチの子と目を合わすと、入国審査官はにっこり笑ってSay Hello、そうそう、子連れ家族におおよそ悪者はいない。

 

◆屮ナダは初めて?」 → はい、と答えたものの、オレ20年前にカナダ来てる。いや、1年前に出張したばかり。

 「どこに住んでいますか?」 → ケンタッキー州です

 「アメリカのビザ持っていますか?」 → はい、就労ビザ持っています

 「どこ行きますか?」 → ナイアガラの滝トロントに観光で3日間です

 「タバコとアルコール持っていますか?」 → いいえ

 

質問が終わると、パスポートのデータをパソコンでカチャカチャ検索している。

 パスポートを返却してくれて終わり。あとで調べるともちろんカナダ入国スタンプはない。

 

 

カナダ陸路車入国6.jpg

 

 

クリアだぁ~と喜んで先に進むと、すぐに第2の関門? いいえ、橋の通行料金徴収所だ、クレジットカードで支払い。

これを抜けると、マイル表示のアメリカから、キロメートル表示のカナダへ。

 

パスポートは見せたが、アメリカの免許証は提示していないし、国際免許も持っていない。

それから、カナダの電子渡航認証 eTA(簡易ビザみたいなもの) は、陸路入国では不要だ。

なんのことはない、陸路続きの両国を、パスポートチェックだけで通ったようなもの。

 

どうしてカナダ入国は簡単なの?と考えてみた。空路でのカナダ入国とはあまりに違う。

元々、厳しいアメリカ入国審査を経てアメリカに滞在している人だから、カナダから見たらセキュリティーチェック済み。

それをダブルチェックするのは無駄だよね。

 

理論的にはそう分かっていても、日本人にとっては車で国境を越えるなんて異色の行動!

観光地ナイアガラの滝だから簡単だったわけでもないだろう、それほどに近所の往来は自然なことだ。

 

どうぞこのページを見たあなたが心リラックスしてアメリカ・カナダ国境へドライブできますように。

そして、帰りのカナダ→アメリカの陸路入国もやはりシンプルなものでした。

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box