トロント CNタワー グラスフロア

「世の中には2種類の人しかいない。高い所を怖がる人と、怖がらない人だ」

と、名言を吐いているかのようにスタートしたこの記事ですが、カナダ・トロントのCNタワーの旅行日記です。

 

 

CNタワーグラスフロア写真5.jpg

 

 

「元・世界で一番高いタワー」こと、CNタワー、高さ533mだとか。

僕は怖かった、グラスフロアと呼ばれる足元透明の342mの展望台(の一部)。

 

 

CNタワーグラスフロア写真6.jpg

 

 

拡大すると↑のようになる、僕にはこのスケルトン部分に身体全部を預けることができなかった。

ほんの1秒なら重心を置けたけど、周りのみんなのように寝転んだり、ジャンプしたりはムリムリ。

 

 

CNタワーグラスフロア写真7.jpg

 

 

グラスフロアの1階上、346mの屋内部分から下を見るとこうなる↑、度胸試しのようにみんなが宙を歩いている。

天保山観覧車でも怖かった、足元透明は恐怖体験過ぎる。

 

 

CNタワーグラスフロア写真8.jpg

 

 

僕が高いところを怖がるのはアレだ、高い所から落ちる夢を数か月毎にみること。

きっと僕は今の自分から滑落することを恐れている、そんな立派な物を築いてきた自負もないのに。

 

 

CNタワーグラスフロア写真3.jpg

 

 

屋内展望台から水平方向、もしくは斜め下にみる景色には怖さは感じない、真下だけ、真下だけが僕を慄かせる。

バージカリファでも同じだった、僕が恐れるのは真下だけ。

 

 

CNタワーグラスフロア写真4.jpg

 

 

トロント市内の高層ビル、それは夜景撮影したかったけど、ナイアガラの滝からデトロイトへ移動する旅、時間帯が合わず。

 

 

CNタワーグラスフロア写真2.jpg

 

 

CNタワーの足元は観光地そのもの、水族館もあって、みんなが楽しそうに。

 

 

CNタワーグラスフロア写真1.jpg

 

 

あの一際高くそびえ立つのがCNタワー、僕の全重心を1秒だけ空中に浮かせてくれた、まか不思議な電波塔。

 



コメント
とくに、足元を見下ろすと、そこにはサメが泳いでいるし…。
コメントする


© 2006 - Ken Box