名古屋 LCC

フルサービスキャリアもLCCも両方あるのがセントレア、名古屋の施策なのだろう。

 

日本国内線のみならず、ソウル・プサン・台北・香港・上海らの路線を揃え、

2019年にはLCC専用ターミナルをオープンさせてきたセントレア名古屋のLCCバリエーション。


東京・大阪に次ぐ第3の空港サービスを盛り上げていこうとする気概が見て取れる。

 

余計な心配をさせていただけるのなら、全方位作戦は規模の大きさが重要なのだから

3位では先細りが怖いのだ、いっそ、シェアの半分をLCCで揃えるのが名古屋の空港、

いずれはLCCをメインに据えた路線設定といった振り切り方がなくて、

このまま維持継続できるかが分からないでいる。

 

 

LCC名古屋.jpg

 


ジェットスターという格安航空会社が、セントレア中部国際空港を2018年に拠点化したのは大きい。

国土が狭い本邦、二大都市の「郊外空港」としての名古屋のポテンシャルはある。

利便性の高い新幹線で容易にアクセスできる日本のど真ん中にある空港、LCCの色が滲み出しそう。


東京においては茨城空港あたりとの争い、どっちが「郊外空港」になりうるのか。

大阪においては神戸空港でもなし、和歌山空港でもなし、「郊外空港」の概念がないのか。

 

LCC名古屋の立ち居地はまだ可能性に膨らんでいる、そんな思いでいっぱいね。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box