旅館 当日割引

当日割引によって、温泉旅館はもっと注目されるはず。

どうもこの考えに自信があって、大きな口を叩いてしまう。


日本人は老若男女、温泉好きというのは分かるよね。

年寄りはもちろん、家族づれ、カップル、女同志、男同志、

社員旅行、どんな人たちでもどんな集まりでも、温泉旅館だけは

誰もが目をキラキラさせて向かう場所でしょ。

「私は温泉旅館大っ嫌い!」って言う人を、私はほとんど知らない。

 

今、温泉に風が吹いてきていると私が広言する理由。

それは、温泉旅館にもインターネット予約が普及してきたということだ。

ネットは、数多い情報量の中からいかに目立って、見る人を注目させるかが命だ。

それがネットにおけるブランド力といってもよく、その目だたさせる方法を

追求して莫大な広告費が必要とされている業界は多いんだ。

 

 

 


だが、温泉旅館は、もうすでにその最高のブランドを得ている。

温泉マーク♨という、たった1字で、分かりやすい絵が、

日本人ならほぼ全員が知っている共通のマークがあるじゃないか!


昔は温泉マーク♨が「さかさくらげ」という隠語になり、

連れ込み旅館とか風俗営業施設として認識されたこともあった。

 

現在じゃ、温泉マーク♨は本来の市民権、本来の意味を取り戻したと思う。

誰もが温泉マーク♨を見て「温泉旅館だなぁ」と思うぐらい、

温泉マーク♨というのは定着しているのだから。


そこで昨今の当日割引ブーム。

当日割引っていうのは、インターネットを通じてでしか割引にならないから、

いかにネットと相性がいいかが、当日割引のヒット要素になる。

 

そこで、温泉マーク♨だ。

あの、たった1字1絵で、見る人たちみんなに意味を伝えてしまう、

万能のしるし、トランプで言えばジョーカーに当たるあのマークが、

ネットの世界では黄金の価値を持っている。


「当日割♨1万円」


これだけで良い。

長々と売り言葉を並べるよりも、わずか6文字のこの言葉と絵だけで、言いたいことは伝わる。

その分文字を大きくすれば、ネットユーザーの目に留まりやすく、集客が見込めるじゃないか。


温泉という全日本人に好まれる無敵のカード、当日割引というお得感、

ネットに強い温泉マーク♨というブランド力、これらを組み合わせた

温泉旅館の当日割引が、ヒットしないワケがない。

強気で私が言う「当日割引 温泉旅館」のこと、あなたも同調してくれるかなぁ?

 

コメント
コメントする


<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム



  • © 2006 - Ken Box