ジェーコブソンパーク

落陽の角度が大事なんだ、長い水面の向こうに落ちてくれる場所が、僕の欲しい撮影場所。

 

レキシントンのジェーコブソンパークはその条件にピタリと合った。

 

 

ジェーコブソンパーク1.jpg

 

 

奇跡は重なる、何かの突起物の上で静かに立つ鳥さん、30秒の長秒露光の間どころか、ずっと動かない。

 

フラットにした湖面、ほぼブレずに残してくれた立ち姿、ピントは甘かったが、滅多にない瞬間を。

 

 

ジェーコブソンパーク3.jpg

 

 

トワイライトアワー真っ盛りに、パトカーから閉園を促され、しぶしぶ去る。

 

惜しい、あと10分が届かなかった、カメラマンにとってはその10分がかき入れ時なのに。

 

 

ジェーコブソンパーク2.jpg

 

 

アメリカの夜景専門写真家を名乗っているインスタグラム、投稿数は100に、いいねは200越え。

 

ジェーコブソンパークがこれからの撮影場所のひとつに加わってくれた、喜ばしいことだ。

 

コメント
こっちの公園は防犯のため、サンセットで閉園って多いですよね。警官の言うことはやはり従わないと、ですね。

(Naplesのビーチはトワイライトの時間帯にいてもまあ怒られないし=サンセットも観光資源、月食のときは本来ならNGの日の出前にみんな集まってました。開園時間帯はDawn to Duskですね。だからちょっと余裕はあるのかな)

最初の写真はサギの仲間ですよね。動かないですよね…。
コメントする


© 2006 - Ken Box