カノワ川

「本物」に触れたくて、カノワ川に来てみた。

 

大きな川は、それ自体が完成された塗絵のようね、どう色付けするかは僕次第。

 

20時の落陽後に狙いを絞って、C-PLフィルターとND500フィルターをいじりながら。

 

 

カノワ川1.jpg

 

 

30〜60秒のスローシャッターで水面は絹のようにしたい。

 

ホワイトバランスは晴天日陰、ピクチャーコントロールはフラットを好む。

 

もうこの道での夜景撮影は堂に入った、次の表現方法に飛び込みたいな。

 

 

カノワ川4.jpg

 

 

カノワ川はチャールストンを流れて。

 

「No Reason to Visit」には笑ってしまったけど、僕にはチャールストンに来る楽しみがある。

 

日毎に形が変わるSunsetなら、場所を変え、品を変え、レンズを変えて。

 

 

カノワ川2.jpg

 

 

小さなポイントなのに、カノワ川を本気で追い込む贅沢な撮影時間。

 

人生、もうこんな栄光の瞬間はないよ、一期一会の極みか。

 

 

カノワ川3.jpg

 


まだ何箇所か撮りたい場所がある、9時半過ぎまでショータイムが遅くなる夏ならば。

 

暦の上では春なのに寒くて身体が冷え切った思い出と共に、カノワ川の写真を。

 

コメント
すばらしい…。絹の水面、さすがですね。
コメントする


© 2006 - Ken Box