ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

とりとめもない詩的日記 家族との今の日常を残すだけ

投稿日:2018年4月16日 更新日:




土曜日の朝に娘を補習校に送っていくと、半日間のフリータイム。

いつか東京から愛知に引越してきた時のような感じ。

ようやく奥さんという友達が来てくれたので、

行ったことのないお店をひとつづつ回る。

ワッフルハウス、チポトレメキシカン、パパジョンズピッツァ。

どれも美味しい、味もあるのだろうが、単身赴任ではできなかった楽しみ。

とりとめもない詩的日記1.jpg

娘との交換日記は、ダメ出しされながらも、順調に?続いている。

よーく調べて、ソーシャルセキュリティーオフィスで2時間待ちに耐えて無事に書類ゲット。

しかし、運転免許試験所の書類提出で失敗、そんなものか。

こちらの本屋で見つけたすみっコぐらし(ちょっと品質が悪いけど)に、奥さんと娘さんは発狂。

とりとめもない詩的日記2.jpg

「パパ、何時に帰ってくる?」と娘に聞かれて「6時」と普通に答えるのは、

日本では過去未来永劫ないこと。

寝かしつけでは「ジュースしりとり」をブームにさせて、なんでもジュース化。

「りんごジュース」「ゴリラジュース」「ラッパジュース」とループ。

庭の兎さんをしばらく見かけていないことに、心を痛めている。

4月も16日なのに雪、「これが今冬最後の雪」と呟いてから何回これを繰り返した?

とりとめもない詩的日記3.jpg

4マイルも走ると、最近ダメね、その後に眠たくなる。

カメラの画質にこだわっていたのに、ついにはi-phoneの写真だけでこの記事を更新。

広い家でも、かくれんぼの隠れ場所がパターン化してきた。

とりとめもない、これぞ詩的日記。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.