国立公民権運動博物館 ロレインモーテル 写真

痛みから目を逸らすのも一策だが、真正面から向かうのも一手。

 

アメリカの公民権運動の歴史は南部を旅していると逃れられない道、だったらいっそ足を踏み入れてみる。

 

メンフィスにあるロレインモーテルは、キング牧師が暗殺された場所、今は国立公民権運動博物館という名に。

 

 

国立公民権運動博物館写真2.jpg

 

 

個人的に最も強烈だったのがフリーダムライド、言葉少なくても核心的に当時の社会の闇に踏み込んだ人たち。無謀で、勇敢。

 

 

国立公民権運動博物館写真3.jpg

 

 

DECENT PAY, HOUSEなんて、もう見るだけで心が痛い。

 

館内には色々な人種の人たちが見学している、アジア人の僕は最もStrangerな気がするが、この場にいることが大事。

 

 

国立公民権運動博物館写真4.jpg

 

 

フリーダムライダーは南部でKKKの暴力によって激しく傷ついている、そんなこと、あるのかよ。

 

 

国立公民権運動博物館写真5.jpg

 

 

キング牧師が暗殺されたロレインモーテルのテラスがそのまま残り、国立公民権運動博物館となっている。

 

 

国立公民権運動博物館写真6.jpg

 

 

アトランタバーミングハムに続き、アメリカの公民権運動を学んだ、人間の性根の醜さは世界共通ね。

 

 

国立公民権運動博物館写真1.jpg

 

 

ローザパークスのバスボイコットも、突き動かしただろう心底の根深さを想像すると無力感に包まれる。

 

 

国立公民権運動博物館写真7.jpg

 

 

またひとつ、イヤなものを見てしまった、でもそれはスルーしないほうが良い歴史だったのだろう。

 

話題を転換、この国立公民権運動博物館・ロレインモーテルすぐのCentral BBQで食べたBBQが美味しかった!

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box