ランド・ビトゥウィーン・ザ・レイクス国立保養地

ケンタッキー州とテネシー州の境、奇妙な地形がずっと気になっていた。

 

ランド・ビトゥウィーン・ザ・レイクス国立保養地(Land Between the Lakes National Recreation Area)。

 

名の通り、湖と湖の間にある森林地帯、なんだかワイルド感・特殊感がありあり。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク2.jpg

 

 

北から入ってみると、ボートランプとライトハウス、ここではPLフィルターを全開にして青く撮ってみた。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク1.jpg

 

 

これという目的は持たず、ぶらぶらと歩く冒険の楽しいこと。

 

気温が15℃はあったので、春のフォトウォーク。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク3.jpg

 

 

エルク&バイソン プレーリーという入場$5のサファリパーク風。

 

園内にエルクとバイソンが放し飼いって興味津々、入場門が有人ではなく無人支払いゲートなのは驚いた。

 

2週したが残念ながら一頭も見れず、季節と時間帯が悪すぎた!

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク4.jpg

 

 

この地での春は素敵、冬から一気に登っていく気配、こんな花を見ると冬が終わったのを実感。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク5.jpg

 

 

南下しているとサウスバイソンピクニックエリアで、バイソンを見ることができた。

 

20年前のイエローストーン国立公園ぶりだろうか、遠目だったが見れて嬉しい。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク6.jpg

 

 

ケンタッキーでは453号線、テネシーに入ると49号線、この道をひたすら真っ直ぐ走る、森の中のドライブ。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク7.jpg

 

 

フォート・ドネルソン・ナショナル・バトルフィールドは強烈だった。

 

こんな景色の良いところに軍船が来て、丘上の砦と砲撃し合ったなんて、命のやり取りは惨劇の極みだよ。

 

 

ランド・ビトウィーン・ザ・レイク8.jpg

 

 

冬の終わりでもこれだけ美しいランド・ビトゥウィーン・ザ・レイクス国立保養地、きっと夏場の美しさは格別なのでしょう。

 

ケンタッキー湖とカンバーランド川の間、長細い森林地帯はこんな場所だった。

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box