アメリカ家族ビザ 期限

「21歳の誕生日の前日。


ケン、これがアメリカの家族ビザの期限なのね」

 

ある時、受領してきたばかりのLファミリーのパスポートを見ながらtokoがつぶやいた。

 

お子さんのL2ビザシールとパスポートの写真欄をじっくり見ている。


「そうだよ、21歳になったらもう一人の大人、ってことさ」


「21歳以上になったらもう自分独自のビザカテゴリーを取らない限りはアメリカにはいられないのか〜。

 

これってどのビザでも一緒?」

 

「一緒だよ。21歳の誕生日の前日、ってことで統一されているね。

 

結構これって長いほうで、他の国では18歳とか20歳とか、もっと早い印象が強い」

 

「そうだよね、21歳で扶養家族なんてほぼありえないもん。

 

普通は学生か、もう仕事をしているでしょ。

 

21歳なのに何もしていないって、あんまり考えられない」

 

「まぁね。我々が送り出す駐在員家族は高校卒業したらFビザを取ってお子さんは留学生の身分になるしね。

 

だからまぁ、何も問題ないよ」

 


アメリカビザのルール。

 

それは色々なことを踏まえた上で決めている、まるで色々な人種のるつぼって言われるニューヨークやL.A.みたいに入り組んでいるよ」

 

そう言うとtokoは納得した顔つきでアメリカビザのコピーを取りに行った。

 

これで良かったのかな?

 

充分に教えられたかな、と毎回わたしは疑問に思いながら彼女と仕事をしている。

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box