アメリカ カナダ 入国審査

「ミステリーがある。

カナダからアメリカへ飛行機で飛ぶ旅行者が、アメリカについてから入国審査を受けなかった、と言い張っている。

そのくせ、彼のパスポートにはアメリカ入国カードの半券がきちんとホチキス留めされている。

そのカードにはちゃんと今日の日付のアメリカの入国スタンプも押されているじゃないか。

さぁ、どうしてだ?」

 

・・・なによ、その問題。

勉強会って言っていたのに、いきなりクイズ出してどうするのかなぁ。

わたしは何て答えようか迷ってしまうじゃない。

 

「え〜。え〜と。VIPだからアメリカの入国審査は不要だったとか?」

 

「いやいや、そんな特別なケースじゃないよ。

一般人で、記憶喪失でも裏工作をした人でもない。

普通にその日の朝にカナダの空港から飛行機に乗ってアメリカにやってきたばかりなんだ。

カナダの前に滞在していたようなアメリカ再訪問者でもないし。

さぁ、ちょっと難しいかな?」

 

「難しいよ!カナダで出国でしょ。そしてアメリカに着いたら入国審査ってことでしょ。

アメリカの入国審査は最初に着いた空港でやるのだから

アメリカの空港でやっているはずだし。やっぱり分からないよ、ケン」

 

「そうですよね!こんなマニアな問題、分かるはずないですよね!

アメリカとカナダは隣国同士だ。

アメリカはメキシコとも陸続きだけど、経済発展具合がだいぶ違うから

アメリカ・カナダほど密接な関係ではない。

それはね、アメリカとカナダは全く違う国同士だよ。

でも、あんまり難しく考えなくてもいい先進国同士だから

そこには特別入国ルールが結ばれているんだ」

 

 

 


「特別って、カナダだけ?」

 

「そう。カナダからアメリカへ飛行機で入国する人は、カナダの空港でアメリカの入国審査を受けるんだ。

分かるかい?カナダにいながらにしてアメリカに入国してしまう感じだよ。

カナダの空港でチェックインして、次に出国審査を受ける。

その先を歩いてゆくとなんとそこにアメリカの入国審査場があって、アメリカの入国審査官がいるんだ。

カナダの出国審査場を出てから確かにそこはもうカナダではないにしても、

地理的にはカナダの空港内だからね。

やっぱり不思議な感覚だろう?」

 

「不思議〜。カナダの空港でカナダ出国してアメリカ入国して。

で、アメリカの空港に着いたら何するの?何もなし?」

 

「そう。何もない。国内線感覚で到着さ。荷物だけ受け取って出口だね」

 

お話は分かるよ。ルールは分かった。

でも、なんでだろう?どうしてそんなことするのかな。

普通にアメリカの到着空港で入国審査を受けちゃいけないの?

そう言いたそうな表情をわたししていたのかな。

 

ケンがすかさず言葉を入れてくる。

 

「旅子さん、アメリカとカナダはそれでどんな利を得ているって聞きたいんでしょう?

そうだよね、何かあるからやっているんだもんね。

単純なことでね、アメリカの入国審査場っていつも混んでいるでしょ?

隣国のカナダから来る人の大半は何も問題ないカナダ人だし、

地理的にも近いから入国審査官をカナダに派遣してもそう苦ではない。

これでアメリカの空港での混雑が解消できてアメリカはハッピーだし、

カナダ人もアメリカでの長時間の待ち時間を回避してカナダ出国時にスムーズなアメリカ入国審査を受けられる。

互いにメリットがあるからこのアメリカ・カナダ特別ルールをやっているのさ」


ミステリーの答えは合理性だった。

 

そうね、ケンが教えてくれたこの特別入国ルールがあるから、

その人はカナダの出国空港でアメリカの入国審査を受けていた、というわけ。

それはアメリカでは入国審査は受けないよね。もうカナダの空港で受けているのだから。

知らなければなんか本当にミステリー。知ってしまえば当然のことね。

いい勉強になったよ、ケン!

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box