バーミングハム公民権協会 写真

冒険なら、あえて今まで知らなかった場所を訪れよう。

 

アラバマ州バーミングハムも、今までの人生何もすれ違わなかった場所、バーミングハム公民権協会はもっとだ。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真1.jpg

 

 

まだ50年前、身近な過去に行われていたのだね、公民権運動

 

ここバーミングハム公民権協会には、一連の歴史が数多く展示されていた。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真2.jpg

 

 

最初のビデオを見終わると、劇的にこの水道蛇口が現れる、軽いショックを受けて僕の時間は止まった。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真3.jpg

 

 

White or Colored、この言葉か。根深いものだったのだね、その深さが垣間見える。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真5.jpg

 

 

フリーダムライドのことを拝見して、身が震えた。群衆たちに袋叩きにされる覚悟で行動に出た人たち。

 

 

 

 

バスボイコット運動のローザパークスの像、犠牲を覚悟しての勇気、なかなか出せるものではない。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真4.jpg

 

 

KKKの有名な衣装を見た時、恐怖を覚えたよ。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真7.jpg

 

 

バーミングハム公民権協会と道をはさんだ向こうにあるイングラムパーク、少女に向けられた放水砲の像。

 

そんな馬鹿な。

 

 

バーミングハム公民権協会_写真8.jpg

 

 

なんと言葉にすればよいのだろう、「心が痛んだ」「過去を知って今に向き合える」、これで正しいのかな。

 



コメント
>LimeGreenさん、そうそう、私も自分がどっちか気になりました。
おっしゃるように、どっちに行っても嫌がれれる、微妙な存在ですね、私たち。
  • by kenbox
  • 2018/01/14 4:57 AM
私がそこに当時いたら、どっちのトイレを使わないといけなかったのかしら?とダンナにたずねたら「やっぱりColoredなんだろうね」と。
でもそれもそれで嫌がられたんじゃないかなと思うんですよね。
コメントする


© 2006 - Ken Box