プリザベーションホール 写真

JAZZという音楽に昔から憧れがあって、お洒落な大人が聴くもの?と若い頃は思っていたけど、

 

今になっては誰もが普段着で楽しむものだと分かった。ニューヨークセントルイスのライブハウスを訪れた成果かな?

 

 

プリザベーションホール写真3.jpg

 

 

そんなJAZZだが、真っ先にニューオリンズフレンチクオーターにあるプリザベーションホールを連想する。

 

19歳の頃からプリザベーションホールでJAZZを聴きたいと思っていた願いが、ようやく実を結んだ夜。

 

 

プリザベーションホール写真4.jpg

 

 

今はオンラインで席の事前予約もできるけど、クリスマス休暇だからか満席。

 

当日に並んで5時からのステージを待つ、1時間も前から並んだのにギリギリ入れたぐらい。

 

高名なプリザベーションホールなのに、100人ぐらいが立ち聞き+わずかな数の木のベンチ、飲食もエアコンも何もない。

 

プリザベーションホールの外観は廃屋のよう。場内撮影録音禁止。マイク要らない狭さ、つまりJAZZしかない。

 

 

プリザベーションホール写真2.jpg

 

 

大ベテランのプレイヤー方々の演奏は、技が光っていた。年齢かそういうジャンルか、派手な楽しさを控えている。

 

金管楽器の知識がなくて分からなかったが、ベース・ピアノ・ドラムスの技量の高さは感じたよ。

 

身体をゆすって楽しんでいたら45分のステージは終わっていた、これがプリザベーションホールのJAZZか。

 

 

プリザベーションホール写真1.jpg

 

 

大袈裟に言うと人生の心残りが1つ消えて、これほど嬉しいこともない。

 

色彩薄めで、技術と感性に富んだJAZZ。僕にはそう聞き取ることができたんだ。

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box