金閣舎利殿 写真

金閣舎利殿_写真1.jpg

 

 

金閣舎利殿の写真、僕はずっと勘違いをしていたようだ。

 

 

金閣舎利殿_写真2.jpg

 


1950年に見習い僧侶による放火で金閣舎利殿が焼失した事件は有名。

写真ではなく、実物の金閣舎利殿を初めて見た時、その事件のことをなんだか妙に納得したことを覚えている。

 

 

金閣舎利殿_写真3.jpg

 

 

あぁ、こんな金色に光っている金閣舎利殿だからこそ、不条理ではあるが、人の妬みとか誹りとか、

歪んだ愛情や怒りの極みなんかもぶつけられるのも、ある意味避けられないのだと。

 

 

金閣舎利殿_写真4.jpg

 

 

ぶっ飛んだ何かは、打たれるのが人の理。

金色のお寺の美しさは、金閣舎利殿自身と同様、凄いものを呼び寄せる。

 

 

金閣舎利殿_写真5.jpg

 

 

ところが。

調べていくと、焼失直前の金閣舎利殿に金色の光は残っていなかったのだ。

1398年頃に完成した金閣舎利殿だから、1950年までの550年間に風化して、金色を失くしている。

 

 

金閣舎利殿_写真6.jpg

 

 

現在の銀閣寺のように素朴な色で染まっていた金閣舎利殿、そのモノクロの金閣舎利殿に激しい愛情を抱くことの意味は何?

 

 

金閣舎利殿_写真7.jpg

 

 

金閣舎利殿は金でいることが美しいのか、美しくないのか。

 

 

金閣舎利殿_写真8.jpg

 

 

心の金閣舎利殿、金色はあっても、なくても。

 

コメント
コメントする

 


<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム



  • © 2006 - Ken Box