コストコ守山

大型商業施設ブームの残滓、というネーミングは失礼を意図していない。

コストコ守山が立ち上がる背景を考える時、嬉しいような悲しいような気になる。

 

名古屋市守山区中志段のその土地は、元々はユニーグループが企画を練っていた。

フォレストウォーク守山」、ウォークブランドの中でも大型案件になるはずだった。


リーマンショックが契機、2008-2009年にかけて世に出た悪魔の景気低迷。

あれが日本各地のショッピングモールプロジェクトに待ったをかけた。

 

 

 

 

例外に及ばず、フォレストウォーク守山は面積の縮小を余儀なくされた。

更に、時代は商業施設に厳しいどころか、スーパーマーケットにも過度の競争を課した。

結果、コストコ守山計画の前身・フォレストウォーク守山は凍結案件に

 

本題はコストコ守山のこと。

 

2019年にはオープンする予定のコストコ守山、当初のユニーグループはどこへやら?

超大型ブランドの「フォレストウォーク」→ショッピングモールの「アピタ」→計画頓挫。

 

生まれ変わりは、まさかのアメリカ資本の倉庫スタイル商業施設・コストコ守山。

文脈を読むことに苦しむその移り変わり、思えばこれも時代の移り変わりなのだろう。


日本スタイルのショッピングセンターはイオンしかり、ユニーしかり、アリオしかり、

もう一辺倒になっているから、消費者から飽きられて、爆発的な個性と集客が見込めない。

 

 

 

 

それに引き換えコストコ守山は、まだ愛知岐阜では3店舗目のコストコ、

認知度は高まっているとはいえ、物珍しさレベルではまだフレッシュな感じ

その新しい切り口でなければ、フォレストウォーク守山跡地の商業的成功は見込めなかった。


ユニーグループが転進させて、コストコへ土地の権利譲渡か。

ショッピングモールの次時代を推進させてくれるのはコストコ・イケアになる気がする。

それらも10年もすれば一昔、またイオンやららぽーとに回帰することになるのでしょうか。

 

一歩を踏み出すコストコ守山、あなたの鮮度を10年単位で私は見守っているよ。

 

コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box