ディズニーランド 一眼レフカメラ単焦点

これが偏愛、ディズニーランドを単焦点レンズで本気撮りする人。

 

一眼レフカメラを持ってディズニーランドで何を撮るって、普通は風景よりもキャストと自分だよね。

 

 

ディズニーランド_一眼レフカメラ単焦点1.jpg

 


それなら焦点距離を自由自在に動かせる標準ズームレンズが最適。

 

ショーではちょっと主役まで離れた席しか確保できないから、200-300mmの望遠レンズがあれば尚良い。

 

 

ディズニーランド_一眼レフカメラ単焦点2.jpg

 


そんなセオリーの親切さを笑い飛ばすように俺は58mmの単焦点レンズ一本のみを

 

フルサイズのデジタル一眼レフカメラに装着してディズニーランドに邪魔する。

 

狙いは単焦点レンズならでは最高画質、この1点。

 

 

ディズニーランド_一眼レフカメラ単焦点3.jpg

 


ズームできない不便さは両手を縛られてパン食い競争をするあのスリルに似ている。

 

無論、現像の時にトリミングして焦点距離を変えるような邪道は致すまい。

 

単焦点レンズに撮られたままの写真が今日の俺の成果なのだ。

 

 

ディズニーランド_一眼レフカメラ単焦点4.jpg

 

 

こんな勝負は風景写真でやればいいよね、どうしてわざわざディズニーランドで単焦点レンズなの?

 

いや、悪い例として笑ってくれればそれで良い。

 

主流/王道/当たり前を外したところに潜む狂気を偏愛と呼ぼう。

 

みんなで楽しむディズニーランドで単焦点レンズを構えるヘンな奴。

 

 

ディズニーランド_一眼レフカメラ単焦点5.jpg

 

 

ところでやっぱりシャッターチャンスを逃しがちなので、若干は画質が落ちようと

 

ズームレンズで写真撮影するディズニーランドの方が楽しいようだ。

 

偏愛の男がそう言い残して去って行ったよ。

 

コメント
コメントする

 



© 2006 - Ken Box