ディズニーシー 一眼レフカメラ単焦点

水景と夜の色の重なり、ディズニーシーの写真を撮りたくなるシーン。

 

メディテレーニアンハーバーを一周しながら、夜景撮影をすると上機嫌になる。

 

 

ディズニーシー_一眼レフカメラ単焦点1.jpg

 


余計な障害物が少なく、そして被写体が多い。

 

お洒落なんだ、お金をかけて造られた建物ばかりだし。

 

こんなのは他所ではなかなかない、生活感のない美術品とでも呼ぶか。

 

 

ディズニーシー_一眼レフカメラ単焦点2.jpg

 


そんなディズニーシーだが、悩みは工夫なしには上手に撮れないこと。

 

だってディズニーシーの夜景は暗いから、手振れを誘発する材料に溢れている。

 

 

ディズニーシー_一眼レフカメラ単焦点3.jpg

 

 

そこで、短焦点レンズだ。

 

ズームレンズはズームができる分、技術や仕事をそこにつぎ込んでいる。

 

短焦点レンズはズームができない分、技術や仕事を画質に注力できる。

 

簡単に言うと手振れが起こりにくく、画質が高いのが短焦点レンズの利点。

 

 

ディズニーシー_一眼レフカメラ単焦点4.jpg

 

 

だから僕はディズニーシーでは短焦点レンズを選択する。

 

三脚や一脚が使用禁止のディズニーシーで、頼りになるのは明るいレンズ。

 

 

ディズニーシー_一眼レフカメラ単焦点5.jpg

 


ズームがないから寄れないし遠ざかれないが、そこは割り切った。

 

欲しいのはぶれないメディテレーニアンハーバーの夜の水景。

 

一眼レフカメラを買ったからって、それが撮れるわけじゃない。

 

もう一工夫、明るい短焦点レンズを使うことで初めて叶う技。

 

ディズニーシーは短焦点レンズで。

 

コメント
コメントする

 



© 2006 - Ken Box