どうねおうかん

「どうねおうかん」は当時の高速道路だと思えばいいのね。

 

閃いた私、小呂池を過ぎて「どうねおうかん」に入り、しばらく走ったところ。

 

岡崎城下の混雑、岡崎市東公園からの登坂を長々と経て「どうねおうかん」へ。

 

 

 

 

日々の悩みが失せたかのように道が平坦になった。


走る速度を上げて馬の背道を一息に通り抜ける。

 

神がかかったような自分の速さに驚いていたら、横に服部半蔵が並走していた。

 

殿から吉田城・長篠城への急使を頼まれた時、俺はいつもこの「どうねおうかん」を選んでいたな。

 

フラットなトレイルはランのし甲斐がある、道根往還でスピードクイーンになるといいさ。

 

 

 


えっ?伊賀忍びの頭領も「どうねおうかん」を走っていたの?

 

幻想を取り払ってくれたのは、ちらりと見えた新東名の高速道路。

 

新旧の高速道路が混じるなんて、やはり「どうねおうかん」は地理に恵まれているのね。

 

 

数ある山道の中でも「どうねおうかん」の平ら具合は味があるもの。

 

だから山中を走る酔狂な遊びに耽る私はここが気に入った。

 

 

 

 

速さを増して、私は「どうねおうかん」を走り続ける。

 

正立寺までの時間を楽しもうよ、私はいにしえの高速道路に乗っているの。

 

コメント
コメントする

 



© 2006 - Ken Box