岡崎市 コストコ

東海地方で次にオープンするコストコの場所は愛知県岡崎市にではないか。

岡崎市コストコこそ、セントレアと岐阜羽島に次ぐコストコになるはず。

その可能性を追いかけ、期待を膨らませ、彼はずっとコストコメンバーシップを更新していた。


或る時、決定的なコストコ関連ニュース2つが飛び込んできたことが、彼の頭を悩ませた。

1つ、「浜松コストコ」のオープンが決まったこと。

2つ、新東名高速道路「豊田東JCT〜浜松いなさJCT」の開通が決まったこと。

 

一見良い知らせに思えるこの2つがどうしてコストコファンの彼を戸惑わせるの?

 

 

 

 

東海道沿いの人口は、名古屋圏500万人、その次に多いのが浜松圏200万人。

両者の中間位置にあるのが豊田・岡崎圏100万人という構造。

セントレアコストコ・岐阜羽島コストコで名古屋圏を挟撃しているのが今の戦略。

 

彼の頭の中はずっとこうだった、浜松・岡崎の中間地点にコストコがオープンする可能性あり、と。

岡崎市コストコは名古屋圏の東の砦として、同時に浜松圏の西の砦として意味を持つはず。

だが、ほどなくして「浜松コストコ」出店計画が明らかにされた。


岡崎市に住んでいる彼、地元にコストコができて欲しかった彼だからしょぼくれていた。

それでもまだ可能性はある、名古屋圏を東から攻略できるのは岡崎市コストコしかない。

 

そもそも、豊田・岡崎圏単独の人口100万人なら、コストコ誘致最低条件はクリアできている。

悲しみを忘れ、前を向いて歩いて行けるのではないか?

岡崎コストコはいつか叶う夢なのではないか?


そこに、新東名高速道路だ。

あれができたことで、岡崎市〜浜松市の心理的距離がぐっと近くなった。

もう東名は岡崎近辺の慢性的渋滞は、新東名で緩和された。

「浜松・名古屋のコストコまですぐだから、中間地点の岡崎にオープンする必要性ないでしょ?」ってこと。

 

夢はずっと追いかけている方が楽しい、いざ現実になっちゃったらその先の楽しみがないからね。

そう無理に割り切って、彼はこの先も岡崎市コストコの幻を描くことだろう、来年も再来年も。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box