情熱の歌人 与謝野晶子

与謝野晶子は情熱の歌人と呼ばれた女性。

その情熱とは一体何から生まれたものなの?

歌集『みだれ髪』には次のような歌が詠まれている。

『おりたちて うつつなき身の 牡丹見ぬ そぞろや夜を 蝶のねにこし』


牡丹が咲いているところから連想すれば季節は春、

それも初夏に近付いてすっかり寒さの消えた晩春のことかな。

蒸し暑くもなく肌寒くもない夜の空気に陶酔したのか、

つい庭先へ出てみた晶子の目に、大形の花を開く牡丹が入ってきた。

 

本来、その光景は歌に詠まれることなく、晩春の夜の夢として終わるはず。

しかし晶子は、牡丹の上で休む一羽の蝶を見つけて、あるイメージを膨らませていた。

牡丹に甘えるように眠る蝶に、自分の元で夜を過ごす恋人の姿を重ねた晶子。

そして、蝶を引き付けている牡丹は自分自身だと感じた。

 

 

 

 


この歌が収められた『みだれ髪』が世に出てから100年。

21世紀の現代でこそ、この歌は抵抗なく私たちの心に入ってくるけど、

この歌が詠まれた100年前の当時ではどうだったのかな。

同じシーンを目にしたとしても、晶子の解釈とは反対に、

あわれな蝶を女と思い、蝶を自分の元に引き付ける牡丹の花にこそ

男を投影させる方が当時の常道だったのだろうと僕は推測する。


しかしこの歌では、明らかに牡丹は晶子であり、世の女性たち全般のこと。

他の晶子の歌に出てくる花という花が全て晶子自身、もしくは女性全体を指しているという事実。

当時の歌の世界では花という言葉は女性を表すのが通例だった事実からも、意図は明白。

牡丹と蝶の関係では、間違いなく主役は牡丹。

当時の恋愛感覚では、女が男を凌駕するものだと公言するのは一般的ではなかったはず。

本来の歌意は、恋人に逢えない夜のさみしさを歌ったものでしょう。

恋に落ちている時は何を目にしてもそれが恋の延長上に見えてしまう、

そんな女心が溢れているせつない歌だね。


夜の闇の中、庭に佇んで蝶の止まる牡丹を見ている晶子の姿には、人を寄せ付けない迫力がある。

鬼気迫る光景の歌から私が感じるのは、

じっとしていては身体中から溢れ出してしまいそうな与謝野晶子の情熱。


自分の魅力は、空中を自由に飛び回る蝶をも引き付けてしまうと歌った晶子。

大輪の花を知らず知らずのうちに自分自身と見立てていた晶子。

この歌からは、晶子の自分自身に対する揺るぎない自信が見えてくる。

自意識過剰ということではなくて、単純に歌としてその自信が美しく聞こえるよ。

 

 

『罪おほき男こらせと肌きよく黒髪ながくつくられし我れ』

晶子のその自信は、己の女性美を自分自身で認めていたことからくるもの。

世の中の男どもよ、私の清らかな肌と長い黒髪の美しさに跪け、と宣言したこの歌。

いくら当時の社会的には低い扱いを強いられている女性でも、

女性特有の美は慣習を超え全てに優先する、という自信の表れだよ。


『天の才 ここににほひの 美しき春をゆうべに 集ゆるさずや』

晶子は己の歌才にも大変な自信を持っていた。

春独特のいい匂いがたちこめる夕べ、晶子が誰にともなく問いかけたこの歌。

天から授かったこの才能で、歌集を世に出していいものですか、と。


そんな問いかけをした時点で、晶子自身の答えが「YES」であることは分かり切っている。

この歌で詠む春とは、季節上の春だけのことではない。

天の才という言葉から、与謝野晶子は自分自身で満足のいくレベルの歌を

詠むことができるようになっていたと推測される。

この歌を詠んだ頃には、愛する与謝野鉄幹を自分の人にしたという実感を掴んでいたのか。

そういったことが皆上手くいっていたから、春という言葉を使ったのだろうね。


晶子の自信は、自らが誇りに思う女性美からくるものに違いない。

それが厭味にならず、世の中の人に受け入れられたのは、晶子がその自信を他の何のためでもなく、

愛する鉄幹のために発揮しようとしていたことが、歌を通して手に取るように分かるからだろう。


結局、晶子にとって人生の意味とは歌を詠むことというより、鉄幹との愛の追求だったと思えてくるな。

心のうちに渦巻く、鉄幹への激しい愛情。

満ち足りない時、あるいは幸福すぎる時、その過不足分の情熱が晶子の歌として言葉に現れた。

晶子の歌が持っている特質とはすなわち、鉄幹への愛情か。


100年の歳月が流れても、晶子の歌が持つ普遍の人間性は人々の心に伝わる。

時代を超えて、沢山の人々に詠まれるということは、

晶子の歌が、与謝野晶子の愛情が本物であったということの証明だね。


『かたちの子 春の子 血の子 ほのほの子 いまを自在の 翅なからずや』

鉄幹の『われ男の子 意気の子 名の子 つるぎの子 詩の子 恋の子 あゝもだえの子』

という歌での用法に影響されて、歌った晶子の歌。

この息をもつかせない感情のぶつけ方は、女性美に裏付けられた自信を持つ情熱の歌人、

与謝野晶子にこそふさわしいもの。


輝く女性美を備え、才能も鉄幹との愛も春を迎え、

その愛情は身体を流れる血となり、やがて燃え盛る炎となって晶子を包む。

与謝野晶子は空を自由自在に飛びまわることができる羽を手に入れていたのか。


愛情という翼で大空を羽ばたいた晶子の歌だからこそ、壁を超えて人を感動させる。

情熱の歌人、この人のことを私はいつまで経っても忘れられずにいる。

 

コメント
コメントする

 



© 2006 - Ken Box