アリオ赤池

地上を走らないから、地下鉄はイメージが暗くて、もっと光を、もっと灯りを。

 

アリオ赤池という明るいショッピングモールへ遊びに行くのに、明るくない地下鉄とは一体何コレ?

 

名古屋市内の家からアリオ赤池まで、車で行こうかと思ったけど、そんなに重くなるほど買う予定もない。

 

こんな時、地下鉄で行けるショッピングモールはいいよね、週末ぐらいは車の運転から開放されたいし。

 


赤池駅から歩いてすぐ、アリオ赤池のある一帯は日進市の再開発によって、

 

映画館とショッピングモールがある一大エンタメスペースになった。

 

新しい住宅街・赤池ヒルズが建って、自称他称セレブの方々が住み、華があって賑やかな街並み。

 

光が眩しいアリオ赤池は近いのに、それまでの灰色だらけの地下鉄構内が僕には耐えられない。

 

 

ario-akaike2.jpg

 


愛知県に住みついて長くなったが、おでかけは車が当たり前。

 

アリオ赤池の試みは明白で、電車で来れるモール、ライバルのイオン・ららぽーとには珍しいパターン。


裏腹なもので、車が当然のここら辺にとっては新鮮なんだなぁ、電車でのおでかけ。

 

どっちが便利かって、それは車移動が楽なんだろうけど、たまには電車でのショッピングもいいね。

 

 

赤池駅そばの土地活用のため、商業施設の公募があったのは2008年のこと。

 

コストコやイケアなど12社も手を挙げた、と知った時はびっくりした。

 

アリオ赤池にしかできない商業施設の提案があったのだろうと信じて待ち続けたは良いが、

 

いくら経ってもアリオ赤池の建設は始まらなかった。

 

それはね、2009年からのリーマンショックが3年続いたから、その間の凍結は分かる。

 

 

ario-akeike1.jpg

 

 

そんな矢先、あれは2013年春のこと、ようやくアリオ赤池の造成工事が始まったんだ。

 

イトーヨーカドー系列の旗艦ショッピングモール・グランツリー武蔵小杉の

 

オープン予定を見て目を輝かせていた頃だった。

 

あれぐらい素敵なショッピングモールに、アリオ赤池はなってくれるはず、もう間もなくだ。

 

僕の期待は、火にかけた餅のように膨らみに膨らんだ。

 

最終的にアリオ赤池のオープンは2017年11月、工事着手から4年か。

 


赤池駅で降り、地上に出たら外気の明るさになって、その眩しさに僕は思わず目を細めた。

 

朝だ、起きよ。

 

遊ぼう、楽しもう、アリオ赤池。

 


さぁいよいよだ、アリオ赤池まで自分の足で歩く今日は、駐車場で停めた位置のことを記憶する必要もない。

 

トンネルを抜けたゴール、僕はアリオ赤池のことが明るく思えて仕方がないんだ。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box