陽の長さとシャッターチャンス

夏の夕暮れ時は大好物だ。

 

夕陽の写真を撮る、ランニングする、自転車を走らせる、芝刈りする、庭のデッキで小説を書く。

 

どれも一日のハイライト、この時のために日中を過ごしていると言ってもいい!

 

 

陽の長さとシャッターチャンス1.jpg

 

 

しかし、アメリカの夏の陽の長さは半端なく、6月20日の前後の夏至では21時30分頃。

 

8月後半の今日でも20時30分過ぎ、何に困るって、撮影のために遠征すると帰りが遅くなること。

 

最良のシャッターチャンスを終えて21時、アメリカは移動に時間かかるから家に帰ってくるのが遅くなる。

 

贅沢な悩みって分かっているけど、これがネックになって遠征を避けがちな夏の平日の夜。

 

 

陽の長さとシャッターチャンス2.jpg

 

 

Nikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED が手元に来てくれてから、夕陽に再挑戦する気になった!

 

あなたとなら、どこに居ても至極のシャッターチャンス、場所はさほど選ばないほど。

 

陽の長さもシャッターチャンスも小事か、目の前のあるがままを撮ればいい、と。

 

コメント
そんなに陽が長いんですね(@_@;)
芝刈りって大変そう・・・。
私は逆に、こちらの日の短さ(6-8月)にいまだに戸惑っております。朝はなかなか明るくならないし。
アメリカが、というより緯度が…ですね。

素敵な夕景。フォスターの曲が似合いそうな。
コメントする

 



© 2006 - Ken Box