ノックスビル・テネシー州のダウンタウンをランニング写真

投稿日:2017年5月4日 更新日:



そして次に走った町はノックスビル・テネシー州だ。

どうも興味深いテネシー州、なんというか、雰囲気が余裕・お金・自然に溢れている。

ノックスビル写真3.jpg

ノックスビルのダウンタウン、中心地・マーケットストリートをランニングしていて出会った面白写真↑。

学生さんたちがみんな思いのままにリラックスしている。

微妙な等間隔で座って、なんとも可愛らしい。

ノックスビル写真1.jpg

他州の町と走り較べて感じたのは、ノックスビルの個性やこの町が平和だということ。

アパラチア山脈のお膝元だから?

都会なのにリゾート風でもあって、更にはハイセンスまで感じる。

ノックスビル写真2.jpg

テネシー州といっても、ナッシュビルに、

チャタヌーガにそれぞれ特徴があって、1つの枠には当てはまらない。

ノックスビル写真4.jpg

ダウンタウンのオールドシティを走り抜ける、歴史を感じる、今は工事中だらけだった。

ノックスビル写真5.jpg

Sunsphereと呼ぶミラーボール? 目立ちたがり屋さんね。

ノックスビル写真6.jpg

UT(テネシー大学)があるから若者が多い、街は大きめな割に行き交う人は少ないか。

一つ一つのスペースにも余裕を感じた、この街は焦っていないのだ。

ノックスビル写真7.jpg

珍しく起伏の多い町・ノックスビルを走り抜けた僕、

町の様相をダイレクトに感じ取れて満足だった。

テネシー州ノックスビルのダウンタウンをランニングした記憶と写真をこの日記に残しておくよ。

 


 

2019年9月28日

独特の美学があるだろう、とテネシー州リンチバーグという田舎村にあるジャックダニエル蒸留所へ。

テネシー州は好きだからね、テネシーウィスキーという言葉を聞くだけで何か美しい予感。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

もう幾つ、ケンタッキー州のバーボン工場を訪れたことだろう。

それぞれそこには美学があった、プライドがあった。

似たようなものを期待して、ジャックダニエル蒸留所へ。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

門構え、入口は流石のもの。

期待して中に入って、展示物を見ながらお目当のショップを探す。

どうも、オフィシャルショップがない。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

聞くと、郡の禁酒販売ルールで、ここでは大々的な販売ができないのだと。

美学をウィスキーそのものと、周辺グッズに感じたかったので、それは残念だった。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

個人的にはバーボン工場見学を何度も見たのでツアーに参加するつもりもない。

ビジターセンター内にあるウッドチェアーに腰掛けて、南部のゆっくりした空気を楽しむ。

ショップはなかったが、その雰囲気は良いものだね。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

敷地内から少し歩いたところにリンチバーグの歴史的な一角があって、

そこではジャックダニエル関連グッズや、昔ながらのものを売っていた。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

戻ると、敷地内ではカントリーミュージックのライブをしていた。

ジャックダニエル蒸留所見学写真

美学はあります、ジャックダニエル蒸留所。

 

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.