ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

ワシントンD.C. ナショナルモール観光名所をランニング

投稿日:2017年4月23日 更新日:




ワシントンD.C.はランニングパラダイス、観光は歩いてするものと決まっていない。

なにより移動の自由度というか、スピード感と行動範囲の広さが好き。

そういうことで、ワシントンD.C.を一通りランニングで回ってみることにした。

ワシントンD.C.ランニング3.jpg

ポトマック川沿い、桜並木のポトマック公園を走って一周したかったのが、このRUNのきっかけ。

桜の時季ではないけれど、ぐるりと一周走っていたら嬉しくて笑えてきた。

21年前にも歩いたはずの場所、時を超えて僕はまたこの場所にいる。

ワシントンD.C.ランニング5.jpg

ワシントン記念塔はワシントンD.C.のどこからでも見える、まさに象徴ってやつだ。

アーリントン墓地からも見れたし、高いビルのない(禁じられた)ワシントンD.C.がいいね。

ワシントンD.C.ランニング4.jpg

トーマス・ジェファーソン記念館を訪れる、アメリカ駐在中に一度は来てみたい、桜満開のポトマック公園を。

ワシントンD.C.ランニング6.jpg

ナショナルモールにはランナーが多い、僕は国会議事堂へと向かうが観光客に交じって地元のランナーが多数。

ワシントンD.C.ランニング7.jpg

進路を変えてユニオン駅まで走ってみた、遠い昔の記憶が残っている場所だったから、足はつい向かっていた。

ワシントンD.C.ランニング8.jpg

あの時はアムトラックを使ってニューヨークからフィラデルフィア経由で来たな。

ユニオン駅の中の雰囲気、久しぶり過ぎて涙が出そうだった、最新化されていたが基本は変わらない。

ワシントンD.C.ランニング10.jpg

そこから観光地とは無縁の都会ストリートを走る、政治中心地としてのワシントンD.C.の空気を感じたくて。

ワシントンD.C.ランニング9.jpg

中華街があったのには驚き、こんな門まであって。漢字が見えてきたときは目を疑った。

ワシントンD.C.ランニング11.jpg

都心を抜けてホワイトハウス前まで、ポリスカーを横切り、自転車の観光者を追い、僕は走る。

ワシントンD.C.ランニング12.jpg

ホワイトハウスの建物よりも、隣のThe Old Executive Office Buildingの造りに目を奪われた。

ワシントンD.C.ランニング13.jpg

ワシントンD.C.名物のTシャツ売りのワゴン、TRUMPはもちろん、まだオバマさんのものも売っていた。

ワシントンD.C.ランニング14.jpg

第2次世界大戦記念碑からリンカーン記念館へと向かう歩道の緑の美しさ。

季節もベストだったのだろうが、贅沢なランニングコースだな、光栄、光栄の限り。

ワシントンD.C.ランニング15.jpg

ワシントンD.C.を自分の足で走り回る? 人生でこんな経験もう二度とないだろう。

日本の古道トレイルランニングも刺激と光栄に満ちたものだったが、今日のRUNもそれに劣らない。

ワシントンD.C.ランニング16.jpg

リンカーンにご挨拶、たった2時間ぐらいなのに、ワシントンD.C.のあちこちを一気に駆け抜けた。

ワシントンD.C.ランニング17.jpg

この景色だよね、ワシントンD.C.といえば。リンカーン記念館から見渡すとき。

ワシントンD.C.ランニング2.jpg

キング牧師記念碑から桜並木をまた走る、僕はこのRUNで21年前の記憶を上書き更新した。

ワシントンD.C.ランニング1.jpg

ワシントンD.C.の街の雰囲気を感じるならばRUNは最高の方法、僕にはきっと忘れがたい思い出、精一杯の時間だった。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.