リンカーン生誕地

リンカーンとの接点か。

 

僕が中学生の時だと思うけど、アメリカの偉人たちの伝記を読んだ。

 

19歳の時、ワシントンD.C.のリンカーン記念堂で石像に会った。

 

 

リンカーン生誕地5.jpg

 

 

それ以来のリンカーンとの接点、まさかケンタッキー州で生まれ育った方だとは。

 

200年前の偉人、その生家が国立公園として残されていたが、

 

神殿風のモニュメントには空いた口が塞がらない。。。

 

 

リンカーン生誕地6.jpg

(58mm単焦点レンズでは全体像は写せませんでした)

 

 

工事中だったが神殿の中に恐る恐る入ってみると係員がいて、

 

ヒマだったらしくWelcome!と声かけてきた。

 

この狭いスペースにずっと一人きりは気分が滅入ってしまうよね。

 

極めて質素な丸太小屋が遺跡のように残されている、ここでリンカーンは生れたのか。

 

 

リンカーン生誕地4.jpg

 


ホーゲンヴィルの町中に行くと、リンカーン博物館があるわリンカーンナショナルバンクはあるわ

 

リンカーン大人と子供の像があるわ、リンカーンスクエアとか、もうリンカーン三昧。

 

アメリカ歴代一番の大統領を輩出した町だから、それは誇りに思うか。

 

 

リンカーン生誕地3.jpg

 

 

リンカーンが少年時代を過ごした家、Lincoln's Boyhood Home at Knob Creekは

 

住所(7120 Bardstown Road, Hodgenville KY 42748)をナビに入れれば着く。

 

 

リンカーン生誕地2.jpg

 

 

昔も今もきっと変わらぬ自然の中、途中の菜の花畑が鮮やかだった。

 

 

リンカーン生誕地1.jpg

 

 

今後、どこかでまたリンカーンとの接点を持つ機会があるかな。

 

ああいう自然豊かな環境で生まれ育ったリンカーンが大統領になる、なれる国・アメリカ。

 

偉大なストーリーだと思う、何か特異な発想がそこにあることを気付かされる旅になった。

 



コメント
コメントする


© 2006 - Ken Box