詩的に、高品質で。

アメリカ単身赴任生活の始まり

投稿日:2016年11月7日 更新日:




船便が届きました、PENSKEで。

秋が深まりました、思ったより薄い色で。

生活は充たされつつあります。

仕事はまだまだかな、文化が違う中で仕事をしていると脳が活性化されます。

何がどうしたらそうなっちゃうのヨ?と驚く日々を過ごしております。

アメリカ単身赴任生活の始まり3.jpg

新しい場所で、新しい人たちと出逢い、新しい行動パターンを覚えた僕。

ベテランズパークを初めて走った時、「ここに来て良かった~」としみじみ。

何かって、これまでのサイクルでは決して体験できない瞬間だったから。

芽キャベツ(Brussels Sprouts)を気に入り、コーヒーはKEURIGのK-Cupパック。

ゴミ出しは月曜日の朝1回のみ、家は土足禁止に、家から1kmのところに放し飼いの馬がいた!

Amazon.comから宅配荷物が留守中に届いたら、玄関の外に置きっぱなしにされていたのは衝撃。

合理的なアメリカもここに極まるようだ。

アメリカ単身赴任生活の始まり2.jpg

会社のRAV4が間もなく来るし、新しい仲間も職場に加わる見込みが立った。

州の運転免許を取ってきたら、赴任生活も一通り立ち上がったことになるのか。

こちらの当座預金口座の貯まり具合ときたら!ほとんど支出をしないからだ。

広いリビングルームの真ん中、18年も前に横浜中華街で買った丸テーブルと高椅子。

パソコンに飽きたら、キャメル色のチェアーで読書。

"Kenbox Re-born"と銘打ったプロジェクトを、この有り余る時間の中でモノにしたい。

アメリカ単身赴任生活の始まり1.jpg

古い日記と写真を見て、胸が張り裂けそうになった日。愛おしい。

冬の旅行はニューオリンズをゴールに、ライブハウスで色々な音楽を聴く旅にしたい。

 

これも十代の僕では叶わなかったことだ。

娘と触れ合えない日は、乾燥していて、空虚で、色は何も付いていないけれど、

自分と向き合う長い時間が再び来るとは予想もしていなかった39歳の秋冬よ。

Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.