詩的に、高品質で。

ケビン・ランデルマンの男気 ミルコ・クロコップとの再戦

投稿日:2016年2月13日 更新日:




ケビン・ランデルマンが亡くなったと聞いた、あのランデルマンが。

人の生死は時間の長短の問題とはいえ、ランデルマンが見せてくれた男気のことを忘れないため、詩的日記に残しておこう。

あれは2004年4月のPRIDEでのこと、ランデルマンはミルコ・クロコップを左フックで倒し、そのままパウンドでKOした。

打撃ではPRIDE最強と言われたミルコを、レスリングをバックボーンに持つランデルマンがKO?

意外過ぎて、誰もがびっくりした。

本来なら、ミルコがあっさりとランデルマンを左ハイキックで倒して、そのままヒョードルと優勝を争う筋書きだったのに。

ランデルマンは噛ませ犬というヤツで、ミルコの引き立て役でしかなかったはず。

僕が驚いたランデルマンの男気は、その逆転のことではないんだ。

PRIDEの寵児・ミルコのために、PRIDEは同年12月にリベンジの舞台を用意した、あまりにも早い再試合だ。

結果はミルコの勝利、打撃も寝技も警戒しまくったミルコに誰も勝てるわけがない。

仕事とはいえ、ミルコとの再戦を受けたランデルマンに僕は男気を感じた。

そのまま逃げても、「ミルコに勝った男」として、名誉を手に入れられるのに。

2回目の噛ませ犬、今回こそ負けは必至なのに、本当に受けていいの?

1回目の勝利の時、ランデルマンは言ったな。

「俺だってミルコは怖かった。でもお前たちのために、俺は戦っているんだ!」

その心根で、ランデルマンは極めて不利な再戦を引き受けてくれたのだろう。

ケビン・ランデルマンの男気が忘れられない。

僕も君も、困難に直面したとき、ランデルマンのような男気で立ち向かうのだ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.