詩的に、高品質で。

オバマ大統領の広島訪問、政治の世界に感じた詩的なもの

投稿日:2016年5月27日 更新日:




社会のニュースを見て、時折感動することがあるが、
オバマ大統領の広島訪問の様子を見て、強烈に詩的なものを感じた。

現職大統領が広島へ、まさか被爆者とハグするとは。
スピーチの内容も卑屈にならず、お立場考えて抽象的にまとめていた。
それは物足りなさを指摘したくなる心もあるが、両国が前を向く切っ掛けとしては最良。

obama-hiroshima.jpg

凄い決断力だな、広島を訪れるなんて勇気がいたことだろう。
この広島訪問が世界に与える影響力を考えると、オバマ大統領の仕事の成果は無限大。
その表情・所作から、オバマ大統領なりの真摯さが垣間見えて、涙が出そうになった。
よくぞこれだけのストーリーを作り上げた、大統領サポートチームの段取り・演出に敬意。

伊勢志摩サミットの冒頭、あの伊勢神宮の、あの宇治橋をオバマ大統領と安部首相が二人で歩く姿も詩的。
カメラファンとしては歴史的なその姿を超望遠レンズで撮りたかったな。
忘れられないシーン、僕の脳裏にこの先もずっと焼き付いていることだろう。
凡庸なニュースの中に混ざっている詩的ニュースの大玉、それがオバマ大統領の広島訪問だった。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.