ナチュラルブリッジ 雪の写真 アメリカ・ケンタッキー州

ナチュラルブリッジといっても、有名なオーストラリアやカナダのものではない。

アメリカ・ケンタッキー州のナチュラルブリッジだ、世界的には無名のヤツ。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY3.jpg

 

 

レキシントンに雪が降った、普段なら喜ばないが、雪ならではの景色を見ようとナチュラルブリッジへ向かう。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY5.jpg

 

 

天然の橋の上は、もう半ば雪は解けていた、気温も0℃もあるし、薄く積もった雪。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY1.jpg

 

 

ノースフェイスのヌプシブーティー、バーブサーマルパンツ、クライムベリーライトジャケットと無敵の防寒装備。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY4.jpg

 

 

だって、写真だけじゃなく、ドローン空撮を狙っていたから寒さ対策は念入りに。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY2.jpg

 

 

レキシントン市内のほうが降っていたイメージ、まさかレットリバー方面のほうが雪が薄いなんて。

 

 

雪のナチュラルブリッジKY6.jpg

 

 

平常よりも美しい光景が見れたね、ナチュラルブリッジの雪の写真。

 

 

 

 

ドローン空撮写真も ↑ から見てね、プリーズ。

 

バーボントレイル メーカーズマーク

本物のセンス、培われた文化を感じる場所へ、家族を連れて行こうと思った。

メーカーズマーク、それはメーカーズマークというバーボン工場。

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場5.jpg

 

 

バーボントレイルでも奥の方、えらい大自然の中にあるメーカーズマーク

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場1.jpg

 

 

バーボン工場見学ツアーにも参加せず、秋深まる敷地内をただ歩く。

ここは美術館のような、公園のような、見どころの多いお散歩コースでもある。

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場4.jpg

 

 

お洒落なのだ、大人の美学があるのだ。

素材やテーマはずっと昔のものを組み合わせているのに現代に通じる美。

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場2.jpg

 

 

娘は落ち葉を踏みしめてばかり。奥さんには通じたとは思うが、メーカーズマークの美が。

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場6.jpg

 

 

僕がここで見知った美しいものを、ひとつ、またひとつと千切って伝えてあげる、そんな旅になった。

 

 

メーカーズマーク・バーボン工場3.jpg

 

 

お酒を嗜まない私ですが、こんな環境で造られるメーカーズマークのバーボンには期待をしてしまう。

工場環境の違いで、バーボントレイルのバーボンメーカーを味比べ。

 

レキシントン ケンタッキーホースパーク

冬の訪れの前に、ケンタッキーホースパークまでレガシートレイルを通ってバイクで行ってみた。

朝はフロントガラスが凍る時期になったけど、日中でお日様が出ていれば15℃にもなり暑さすら感じるレキシントン。

 

 

ケンタッキーホースパーク5.jpg

 

 

期せずして馬場には多くの馬乗りさんたちがトレーニング中、望遠レンズで撮るのに夢中になった僕。

 

 

ケンタッキーホースパーク1.jpg

 

 

紅葉と騎乗の人、素晴らしい写真が撮れたね、足元の馬糞を避けながら撮る角度を探した甲斐があった。

 

 

ケンタッキーホースパーク2.jpg

 

 

ケンタッキホースパーク内の野生のリス、動きが機敏過ぎてカメラを振り回すのが大変でした。

 

 

ケンタッキーホースパーク6.jpg

 

 

「僕の馬はどうだい? まぁ僕のは馬じゃなくて自転車だけど・・・」

 

 

ケンタッキーホースパーク4.jpg

 

 

ケンタッキホースパークでは馬の文化というものに触れることができるな。

 

 

ケンタッキーホースパーク3.jpg

 

 

今日もまた光栄な時間を得ることができた、季節と被写体を考え、幸運を呼び込んで。

 

レキシントン 牧場写真

たまには、この街一番の写真撮影スポットに出向いて、レキシントン・牧場写真を撮ってみる。

夏に陸生ホタルを多重露光・比較明合成して以来、季節はもう秋の終わりに。

 

 

レキシントン牧場写真1.jpg

 

 

あっ、D850 に Nikkor 2.8mm f/1.4E を付けてきたつもりが、24-120mm f/4 が付いている。

同じ77mm filterだからって、まさか間違えるとは。

 

 

レキシントン牧場写真4.jpg

 

 

いつまで、このレキシントンにいられるだろう。

他州に移る案も出て来たから、時間に限りが見えてきた今は、これが最後の季節じゃないかと後ろ髪を引かれる。

 

 

レキシントン牧場写真2.jpg

 

 

自然環境そのものから、天敵や飢餓を取り除いたのがこのケンタッキー州レキシントンの牧場風景だろうよ。

これ以上の環境に住む馬はいないかな、野生馬になると生存競争が厳しいだろうし。

 

 

レキシントン牧場写真3.jpg

 

 

そして僕のレキシントン牧場写真探求はもうしばらく続くようで、いつか急に途切れる。

今を生きること、手探りで進むのだ、忍びのごとく。

 





© 2006 - Ken Box