Nikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED 作例

風景画で、もう1歩踏み込もうとしたらNikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDしか目に入らなかった。

 

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの肉眼に近い画角度を愛してきたが、もう1つの表現方法を。

 

 

AF-S NIKKOR 28mm1.jpg

 

 

・カメラ : D800 ・画質モード : 14ビットRAW(NEF) ・撮影モード:マニュアル、10秒、f/1.4G ・ホワイトバランス : 晴天 ・ISO感度 : 100 ・ピクチャーコントロール : 風景 ・フィルターND8使用

 

 

AF-S NIKKOR 28mm3.jpg

 

 

なんてクリアな画質なの、薄暗い時間帯になっても彼方まで届く突破力。感覚的にはまずそう感じた。

 

 

AF-S NIKKOR 28mm2.jpg

 

 

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの奇才ぶり、上手く使いこなさないと価値を引き出せないという、あのスリルは同じ。

 

画角度が異なり、3年半ほどNikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDが若いが、基本コンセプトは良く似ている。

 

 

AF-S NIKKOR 28mm4.jpg

 

 

単焦点レンズとf/1.4Eの相乗効果、ここに画質最高峰極まる。本物を知って、自分を高みに引き上げていこう。

 

アメリカ中の風景をこのレンズで撮ってやろうという野心。

 

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 感想

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを買った。

究極の一枚が撮りたくて、最後にたどりついたのはこのNIKKORレンズ。

早速、愛知池に持ち出してテストしてみた、どれも夜9時の暗闇に長秒露光で。


AF-S NIKKOR 58mm f1.4G感想1.jpg


・カメラ : D800 ・画質モード : 14ビットRAW(NEF) ・撮影モード:マニュアル、195秒、f/4 ・ホワイトバランス : 晴天 ・ISO感度 : 100 ・ピクチャーコントロール : スタンダード



コンパクトデジカメから一眼レフ(DXフォーマット)に変えた時、その画質にたまげた。

DXフォーマットからFXフォーマットに変えた時、その画質に興奮した。

FXフォーマットの中でも便利ズームではなく、単焦点レンズの極みへ、それもこれも最高画質を求めるあまり。


AF-S NIKKOR 58mm f1.4G感想2.jpg


AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで一枚目を撮った時は「アレ?あんまり変わらない?」という感想。

今まで愛用していたAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRも素晴らしいレンズだったから、

違いは分からずに、ただ物欲に負けた俺か・・・と幾分か反省したものだった。

でもパソコンで拡大して見ると違いが分かる、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの真価が。


AF-S NIKKOR 58mm f1.4G感想3.jpg


1つ目の作例が、今回撮りたかったイメージ。

マンションにピントを合わせて撮ったが、その光の再現性と明るい描写に惚れ惚れした。

僕はもうこの単焦点レンズ・AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gだけを持って撮りに出かければいいみたい。

自分の心で夢描いているシーンを、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gが体現してくれる。
 

1NIKKOR 32mm f/1.2 感想

究極のレンズが欲しくて、1NIKKOR 32mm f/1.2を買った。

利便性でも価格でもない、欲しいのはただ、最高画質の写真だ。

NIKON1 V3につけて、トレイルランの旅に出るときに1NIKKOR 32mm f/1.2を使おう。


1nikkor32mm-f1.2_2.jpg


ということで、この究極に明るい単焦点レンズを試し撮り。

お休みを1日取って、3連休になった週末はずいぶん楽しかった。


1nikkor32mm-f1.2_3.jpg


キッチン雅木さんのランチは美味しかった、久しぶりに食べたプロ中のプロの味。

f/1.2で撮るときの明るさは驚異的、ピント面の狭さにもびっくり!


1nikkor32mm-f1.2_1.jpg


凄いな1NIKKOR 32mm f/1.2、まさにポートレート向けのレンズ、これがFXでもDXでもなくCXフォーマットとは。

写真だけ見るとフルサイズのD800で撮ったかのように見える、まさか手軽なミラーレス一眼での一枚とは気が付かないよ。


1nikkor32mm-f1.2_4.jpg


刈谷ハイウェイオアシスの遊園地で遊んだ思い出。


1nikkor32mm-f1.2_5.jpg


三好池を17km(4周)走って、夕飯のタコスは僕のお手製、ハードタコスを焦がして異臭騒ぎに。

1NIKKOR 32mm f/1.2 の試し撮り画像、これからこのレンズを持って歩けるなんて楽しみ、幸せ。
 

ディズニー 明るいレンズ

物は考えようで、見るモノ一杯のディズニーはドンピシャのレンジで撮らないともったいないとか、

 

シャッターチャンスを失うとかの声がある。

 

ミニーちゃんが出てくる限られた瞬間を1時間も2時間も待ったのに、広角に撮り過ぎてトリミングで高画質を失うのは辛い。

 

 

ディズニー明るいレンズ1.jpg

 

 

結局、距離があり過ぎて小さくしか映らないのはもっと辛い。

 

ディズニーの風景自体を撮影するのが目的なら焦点距離にこだわりを持つのは当然のこと。

 

でも私のような割り切り型・趣味のカメラマンならズームレンズにこだわらない。

 

 

ディズニー明るいレンズ2.jpg

 

 

35mmか50mmの明るい単焦点レンズ一本で良い。

 

「多くは求めないよ、コレで撮れるものだけで十分」

 

こんな悟りの境地にいて、一眼レフカメラに単焦点レンズだけを付け

 

他の交換レンズを持つこともなく、ディズニーの被写体ハントする。

 

 

ディズニー明るいレンズ3.jpg

 

 

だってパパの狙いは我が息子がディズニーで遊ぶ可愛い姿を映すことだけだもん。

 

中望遠レンズが必要な距離を空けることはないし、

 

常に標準ズームの範囲ということは、単焦点レンズでそもそも事足りる。

 

 

ディズニー明るいレンズ4.jpg

 

 

それに、単焦点レンズなら明るく画質が抜き出て良い。

 

そしてF値が小さくて済むから、屋内のキャラクターグリーティングでフラッシュなんて焚かずに撮れる。

 

 

ディズニー明るいレンズ5.jpg

 

 

単焦点レンズは軽い!小さい!明るい!

 

犠牲にするものと得れるもの、そのバランスを考えても

 

私は毎回のディズニーには単焦点レンズを持ち出すだろう。

 

 

ディズニー明るいレンズ6.jpg

 

 

明るい単焦点レンズでディズニーを撮る。

 

不自由なようで、単純な構え方が私には面白くてたまらない。

 

アブダビ 観光写真

アブダビという街を見誤っていた、有名なドバイより格下の中小都市?

 

いいえ、そんなことはない。余裕と緑に溢れたキレイな街がアブダビ

 

 

アブダビ観光写真1.jpg

 


シェイク ザイード グランドモスクにみるイスラム文化・建築の美しさ。

 

 

アブダビ観光写真2.jpg

 


本物のイスラム教って、こんなにも平和で、楽しく、洗練されているのだと知った。

 

 

アブダビ観光写真3.jpg

 


アブダビのリゾートホテル、その美しいアブダビビーチでリラックスしたひとときは僕の宝物。

 

 

アブダビ観光写真4.jpg

 


朝日に染まる空もアブダビのビル群も輝いていた、他にはないようなキレイな色。

 

 

アブダビ観光写真5.jpg

 


ドバイと違うのはアブダビの首長が推進した植林活動、道路脇にも緑があるのがアブダビ、砂漠では緑は富の象徴でもある。

 

 

アブダビ観光写真6.jpg

 


実はドバイよりもお金持ちなのがアブダビ、空港にあった金の自動販売機にはびっくり。

 

 

アブダビ観光写真7.jpg

 


金色のポルシェ、車好きな人には垂涎のモノなのでしょう。

 

 

アブダビ観光写真8.jpg

 


フェラーリワールドやヤスモールのような派手な演出、巨大なエンターテインメントを好むお国柄。

 

 

アブダビ観光写真9.jpg

 


活気にあふれるドバイと対照的なのがアブダビ、そのお金と土地と時間や空間に富んだ様子は好ましい。

 

初めての中東訪問で、イスラム文化の平和と美しさを知ったのはアブダビのお蔭ね。

 

 





© 2006 - Ken Box